オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

堺市にて屋根工事【棟付近からの雨漏りにお困りでした】


堺市にて屋根工事を行いました事例を紹介します。
今回屋根工事を行ったお宅は、瓦屋根の和風のお家で現状雨漏りに困っている状態でした。

まずは、雨漏りしているポイントを確認させて頂きました。屋根の棟付近が原因となっている様でした。

では、棟付近の工事方法としてはどの様な工事があるのでしょうか?
屋根工事の中でも棟の崩れなどから起こる雨漏りはとても多く、棟を一度撤去し、下地強化をしたうえで、再度棟を積み直していく「棟取り直し工事」などが一般的です。今回は「屋根工事をするなら雨漏り修繕と一緒に耐震性強化もしたい」というお客様からの希望があったので、棟を災害などに強い「防災棟」に積み替えていきます。

「防災棟」や「強化棟」と呼ばれる今回の棟瓦は屋根の軽量化を実現し耐震性アップにも繋がる屋根工事ですので、是非参考にしてみて下さいね😊

屋根工事 防災棟への積み替え工事

棟積み替え工事
今回雨漏りの原因になっていた棟です。棟は屋根の頂点に積まれており、雨水が侵入しない様に取付けられている雨仕舞に関わる重要な部分です。以前も雨漏りしていた為漆喰の打ち替えをされています。漆喰の部分はとても綺麗な状態ですね。

しかし、棟を積み替える等の屋根工事は行っていない為、一旦は止まった雨漏りが再発したような状態でした。
今回は棟瓦の積み替え交換を行い、雨漏りを止めるべく屋根工事を行っていきましょう。

従来の棟瓦と言えば、葺き土・のし瓦・冠瓦を積み重ねて形成されています。
見栄えの観点も大きく、昔はのし瓦の段数が高いほど立派なお家だと言われていたそうです。

ですが、最近では耐震構造を重視した建物も増えています。
知っている方も沢山おられるかもしれませんが「耐震性に優れた建物」というのは、建物の重心が低い位置にあるものです。なので段数が高くて立派なお宅だと言われていた屋根も、耐震性という所を考えると、あまりお勧めはできません(>_<)

屋根工事 既存の棟を解体します

冠瓦の撤去
では屋根工事の様子を見ていきましょう。
今までお家を守ってくれた既存の棟は全て綺麗に撤去するところから行います。

冠瓦を取り外しました。瓦の下には土が敷き詰められていますね。これを「葺き土」と言います。

実はこの葺き土だけでもかなりの重量があるんです。
のし瓦、葺き土撤去
のし瓦と葺き土も綺麗に撤去しました。

取り除かれた葺き土は職人さんが手作業で土嚢袋に詰めて屋根下まで降ろされます。

重たい土が詰まった袋、想像するだけで大変な作業だと分かります(´・ω・)

長く愛されてきた葺き土工法

雨漏りしている棟瓦
写真手前側の棟も解体していきましょう。

従来の「葺き土工法」で施工された棟は、耐震性には弱いとお話しましたが、古くから愛され続けてきた工法なのも間違いありません。


棟瓦撤去後
土と漆喰で瓦を固定する従来の棟は、断熱性が非常に高く防火性にも優れた工法です。

しかし、温暖化や気候の変動により近年増加している大型地震災害などの耐久性の低さから、現在ではほとんど採用されなくなりました。

防災棟強化金具

防災棟強化金具取付け
綺麗に棟を撤去した後、いよいよ「防災棟」が積まれていきます(*^-^*)

そこでまず見て頂きたいのが赤丸で囲んだ部品です。

これは「防災棟強化金具」といい、躯体(建物)・芯木・瓦をそれぞれ緊結させて固定してくれる金具です。

それぞれの建材をビス留めする事で耐震性の向上が期待できる出来ると言う事になります(*^-^*)

防災金具の上には棟の土台となる芯木が取り付けられました。
南蛮漆喰
取付けた芯木を覆う様にシルガード(南蛮漆喰)で固められていきます。

シルガードと聞くと何か分からない部材の様に聞こえますが、漆喰の一種です。
従来の漆喰にシリコンなどが含まれており、より防水性が高く耐久性や強度も抜群な漆喰なんです。
その上葺き土も必要無しというとっても優秀な建材です。
屋根の強化を図る様な屋根工事の際に多く採用されています。

棟の建材はしっかりビスで固定しました

防災棟完成
先程、塗り固めたシルガードに冠瓦を被せ、これも土台の芯木に向かってビス留めにて固定します。

屋根工事完工
「防災棟」への積み替え工事が完了しました。

葺き土とのし瓦が無くなった事で屋根の軽量化が実現しましたね(*^^*)

屋根工事に関するご相談は街の屋根やさん大阪松原店まで

今回行った屋根工事「棟積み替え工事」は、瓦屋根の耐震性にお悩みの方から多くご依頼頂いております。

もちろん耐震性向上の為に屋根材ごと交換する葺き替え工事も増えていますが、昔ながらの瓦が好きで瓦屋根もそのまま残したい!でも、耐震性もアップさせたいなんて方もぜひ一度ご相談下さい。

お客様のお悩みやご質問等どんな事でもお問い合わせください
屋根工事について不安な点等も、お問い合わせ頂ければ気さくな弊社スタッフがお悩み解決にお伺い致します
(*^-^*)

今回行った屋根工事と同じ工事事例も掲載しておりますので、参考になれば幸いです⭐

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市での屋根リフォーム 強化棟への積み替えと瓦の差し替え

屋根リフォーム前
冠瓦取付け
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
シルガード、釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
35万円
施工事例

松原市にて台風被害!蔵の棟瓦の取り直しと屋根補修工事の事例

台風21号による瓦の被害
瓦の補修
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
台風
使用素材
新しい瓦
築年数
築50年以上
建坪
15坪
保証
1年間
工事費用
約27万円
施工事例

大阪市東住吉区にて雨漏り 棟瓦の取り直しと屋根補修の事例

屋根の補修
棟瓦の取り直し
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
火災保険
台風
使用素材
漆喰と土と新しい瓦(一部)
築年数
築40年
建坪
45坪
保証
1年間
工事費用
約48万円(全ての工事)

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市屋根リフォーム【ガルバリウム鋼板への屋根葺き替え】

葺き替え工事施工前
葺き替え工事完工
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
台風
使用素材
IG工業 スーパーガルテクト
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
89万円
施工事例

堺市で雨漏り被害 カバー工法での屋根リフォーム完工しました

軒先から屋根下に雨水侵入
カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
IG工業スーパーガルテクト
築年数
約30年
建坪
20坪
保証
25年(メーカー保証)
工事費用
78万円
施工事例

堺市で工場(倉庫)スレート屋根・ガルバリウムカバー工法の事例

工場のカバー工法施工前
工場(倉庫)屋根カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
約30年
建坪
200坪
保証
5年間
工事費用
約700万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ドローンで上空からみた瓦屋根

今回ご紹介させていただくのは、築30年の藤井寺市の瓦屋根のお宅です。瓦屋根から雨漏りが起きており、どこから雨漏りがしているのかまずは詳しい現状を確認させていただきました。確認させていただいたところ屋根の棟が漆喰の劣化から一部崩れてしまってい...........

瓦屋根のお宅

今回は、松原市にて築25年のお宅の瓦屋根修理のご依頼をいただきました。ご相談いただいたきっかけは、以前に雨漏り被害に合われたので瓦屋根の一部補修をされたそうですが再度雨漏りをするということでご相談をいただきました。どのような症状があれば補修...........

大屋根棟破損

羽曳野市にて大雨により一部屋根が破損しているとご相談をいただき、点検のご依頼がありました👀では、写真と一緒に見ていきましょう

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913