本日は松原市で見たいくつかの瓦の種類をご紹介したいと思います


本日は瓦の種類についていくつかお話ししたいと思います。日本人に馴染みの深い和瓦(日本瓦)や最近よく見かけるスレート瓦等をご紹介します。
和瓦
こちらは和瓦になります。和瓦は耐久性があり寿命の永い瓦です。大体50年から100年ほど持つと言われています。
和瓦は粘土質の土を瓦状にして乾燥させ1000度から1200度の熱で焼いたものです。
和瓦
こちらも和瓦です。不燃材なので燃える事はありません。
塗装は特にする必要はないです。
出来ないことはないのですが経年劣化で塗膜が剥がれ塗装前より汚くなったりします。
Photo_18-12-26-13-52-11.307-simple
こちらはセメント瓦です。色々な形が選べます。セメント瓦自体には防水性はないので塗装によるメンテナンスは必要になります。
Photo_18-12-26-13-53-04.574-columns2
こちらはスレート瓦です。セメントと繊維を混ぜ合わせた材質からできている化粧スレートと粘板岩を薄くした天然スレートという物があります。
天然スレートは天然の岩を使用する為非常に効果でほとんど普及していません。
Photo_18-12-26-13-52-06.799-columns2
こちらもスレート瓦です。寿命は10~20年くらいです。スレート自体に防水性はないので塗装によるメンテナンスが必要です。塗装工事する際はタスペーサーという縁切りは必須になります。タスペーサーとは簡単に言うと屋根に水をためさせない水を流す隙間を作る物です。タスペーサーを設置しないと水が瓦の下に溜まり雨漏りの原因になります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガルテクト貫板

★羽曳野市にて、IG工業さんのスーパーガルテクトを使い屋根の葺き替え工事を行っていまして工事も最後の大屋根部の棟金物を付けて完了となります。画像の木が見えている箇所は、貫板です、こちらの板に棟金物を被せてビスで止めて行きます('ω')ノ

塩ビ波板修理前

東大阪市にてベランダ波板の修理を行いました。ベランダやカーポート等で良く見かける波板ですが、使われている素材も様々です。素材によっては古くなると素材自体が固くなり、ヒビが入ったり割れたり劣化症状が出る物もあります。今回は外壁塗装の工事と一緒...........

10445

✭和泉市にて屋根の棟と破風板の補修修繕工事を行いました。まず冒頭でお読み頂いたと思いますが今回ご依頼ご依頼下さりましたお客様のお家の屋根の傾斜(角度)があり、足場なしでは、作業が困難で、職人にとっても危険を伴います。✭傾斜(角度)がない、お...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913