羽曳野市にて倉庫の波型スレート屋根の塗装の現場に来ました。


塗装前の状態

波型スレート
今日は羽曳野市にて、コケやカビだらけになり見た目が真っ黒になった倉庫の波型スレート屋根の塗装作業中の現場に来ました。

工場や倉庫の屋根や外壁によく使用されている波型スレート材。古い素材の場合はアスベストが含まれており高圧洗浄すると廻りにアスベストが飛び散ってしまうため、基本的に高圧洗浄が出来ません。

なので下地処理が重要になってきます。





波型スレート
長年にわたり風雨にさらされ、元々は白い素材だったのが一面ほぼ真っ黒です。

割れや破損は無く、雨漏りはしていない状態でした。


下地処理・ボルト部サビ止め

波型スレート
まずは研磨剤でサビを落とします。

この時に、劣化してボルトのゆるみがあれば締めなおし、隙間があった場合は補修材で埋めます。
波型スレート
サビ止め塗料をたっぷりと塗っていきます。

これ以上のサビの発生を防ぎます。
波型スレート
サビ止め完了です。
波型スレート
次に波型スレートの下地処理です。

研磨材で表面のコケやカビを落としていきます。

さっとこすっただけで、色が変わり下地の白い部分が見えてきます。

全面がこの状態になるまで作業します。

下塗り

波型スレート
下塗りの作業です。

下地にたっぷりと吸い込ませて、素材そのものを補強するイメージで塗っていきます。

下塗り後、手で触っても何も付かない状態まで塗ります。

下塗り1回では不十分な場合はもう一度下塗りを行います。

乾燥後、明日以降に上塗り作業を行います。



     

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

軒先から雨漏り

今回のお問い合わせは東大阪市のお客様です。以前の台風21号の影響で、軒天のケイカルボードが飛ばされて飛散してしまった為補修を希望されています。まずはお宅へ訪問して点検させて頂きます。現状を点検させて頂いた所、台風による被害箇所は8か所程あり...........

屋根ノリ材塗装

✭堺市西区上野芝にて、屋根の塗装工事を行いました。セメント質の瓦になりまして、よく洗浄を施してから、充分に乾燥さしてから、施工に入って行きます。✭塗装施行前に現状割れている瓦を補修して復元して行きます。その後シーラー【のり材】を下塗りして行...........

スレート屋根の剥がれ箇所

4階のスレート屋根の一部が剥がれ飛散した箇所発見!!!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913