大阪狭山市にて色あせて劣化が目立つ折半屋根と外壁の現場調査


折半屋根
今日は大阪狭山市にて、以前に弊社で外壁塗装工事をさせていただきましたお客様の会社の、築20年以上が経過し色あせて劣化が目立つ折半屋根と、外壁にシーリングの劣化や旧塗膜のチョーキング現象が起きている、会社の社屋の現場調査にお伺いさせていただきました。
折半屋根
まずは屋根に上ってみます。

ボルト部分の錆が遠目でもよくわかります。

全体的には色あせが目立ちます。
折半屋根
こちら側も同様の劣化状況です。

折半屋根自体には、まだサビは発生していませんでした。

このような錆が発生していない状態で塗装をするのが一番賢いメンテナンスであります。

サビが発生し、ボロボロの状態まで放置してしまうと最悪の場合、折半屋根の張り替えが必要になるからです。
折半屋根
近くで見てもボルトのサビが発生しているのがよくわかります。

下塗りにサビ止め塗料を塗らないと、すぐにサビが発生しそうです。


チョーキング
続いて外壁も見ていきます。

外壁は手で触ると粉のようなものが付着します。チョーキング現象といい、塗膜が劣化し白亜化した状態です。

塗り替え時期の目安となります。


シーリング
サッシ廻りのシーリングは劣化しはがれ落ちている箇所もあります。

このままだと雨漏りにつながります。
シーリング
目地と呼ばれるボードの継ぎ目のコーキングもかなり劣化しています。

全面的なコーキングの打ち替えが必要です。
鉄骨階段
鉄骨階段にも錆が発生していました。

鉄部は特にマメにメンテナンスをしないと、サビて腐食し最悪の場合は崩れ落ちたりという事も考えられます。
カラシミュ
カラーシミュレーションで何パターンか色のご提案をさせていただき…
カラシミュ
今回はこちらを選択されました。

ガラっと変わるでキレイになった感がかなり出ます。

屋根には遮熱シリコン塗料と、外壁はコーキング打ち替え工事とシリコン塗料を選択されました。

早速工事にとりかからせていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガルテクト貫板

★羽曳野市にて、IG工業さんのスーパーガルテクトを使い屋根の葺き替え工事を行っていまして工事も最後の大屋根部の棟金物を付けて完了となります。画像の木が見えている箇所は、貫板です、こちらの板に棟金物を被せてビスで止めて行きます('ω')ノ

塩ビ波板修理前

東大阪市にてベランダ波板の修理を行いました。ベランダやカーポート等で良く見かける波板ですが、使われている素材も様々です。素材によっては古くなると素材自体が固くなり、ヒビが入ったり割れたり劣化症状が出る物もあります。今回は外壁塗装の工事と一緒...........

10445

✭和泉市にて屋根の棟と破風板の補修修繕工事を行いました。まず冒頭でお読み頂いたと思いますが今回ご依頼ご依頼下さりましたお客様のお家の屋根の傾斜(角度)があり、足場なしでは、作業が困難で、職人にとっても危険を伴います。✭傾斜(角度)がない、お...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913