ベランダの床の防水はしないほうがいい場合もあるってホント?


ベランダの床の防水はしないほうがいい場合もあるってホント? 結論からいいますとベランダの床がどういった素材なのかで変わってきます。今回はベランダの防水の必要・不必要について、それぞれの素材・状態別にお話ししたいと思います。


防水が必要なベランダ床

防水
1・現状がFRP防水

約20年程前から今現在まで、新築の住宅の床にはほとんどこのFRP防水が使用されています。

耐久性は約15年程で日当たり等によってはそれ以上長持ちします。

実際、築15年ほどの場合は表面のトップコートの再塗装ですむ場合がほとんどですが、ひび割れ等があればイチからやりなおす必要があります。

メンテナンスの目安:15~20年
防水
2.現状がウレタン防水

FRPや塩ビシートが主流となる前の防水材。安価で施工できることから今でも使用されています。

ウレタン防水の耐久性は約10年までで、少なくとも10年一度メンテナンスしないと劣化してしまいます。

メンテナンスの目安:5~10年
防水
3.現状がシート防水

ビルの屋上や陸屋根によく使用されている塩ビシート防水。大手ハウスメーカーのベランダ床にもよく使用されており、耐久性・信頼性は一番高いといえます。

その分施工費用も高額になりますが、耐久性を年数で割ると逆にお得といえるかもしれません。

こちらも築15年程度の場合はトップコートのみで対応可能、もしくはそれすら必要ないこともしばしば。

メンテナンスの目安:20年以上

メンテナンスしないといけないベランダ床をまとめると、要するに元々防水がしてある床は、定期的にメンテナンスをしないと雨漏りにつながるということです。

メンテナンスの時期はそれぞれの防水材によって違います。

防水しないほうがいいベランダ床

床
逆に防水しないほうがいいベランダ床はズバリ、コンクリートの床です。

見た目にも汚れやコケ、またひび割れがあると防水しておかないと雨漏りするんじゃないかと思いがちです。


床
しかし、実際は図のように床の下に空間があり、そこが防水処理されているためよほどのことが無いかぎり雨漏りは発生しません。

床の表面を防水してしまうことで空間からの湿気の押上げにより、ぷくっと餅ブクレの様に防水材がめくれることもあります。

また、コンクリートの床の場合、雨が降っても浸み込むので大雨以外で水たまりができる事はありませんが、防水すると水が一切浸み込まなくなるので水たまりができる可能性がでてきます。




塩ビシート防水
ただし、コンクリートの床でも陸屋根や大きなベランダ等は防水が必要となります。

どちらにしても判断はプロでないと難しいと思いますので、自宅のベランダに防水が必要かどうかは街の屋根やさん大阪松原店まで!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガルテクト貫板

★羽曳野市にて、IG工業さんのスーパーガルテクトを使い屋根の葺き替え工事を行っていまして工事も最後の大屋根部の棟金物を付けて完了となります。画像の木が見えている箇所は、貫板です、こちらの板に棟金物を被せてビスで止めて行きます('ω')ノ

塩ビ波板修理前

東大阪市にてベランダ波板の修理を行いました。ベランダやカーポート等で良く見かける波板ですが、使われている素材も様々です。素材によっては古くなると素材自体が固くなり、ヒビが入ったり割れたり劣化症状が出る物もあります。今回は外壁塗装の工事と一緒...........

10445

✭和泉市にて屋根の棟と破風板の補修修繕工事を行いました。まず冒頭でお読み頂いたと思いますが今回ご依頼ご依頼下さりましたお客様のお家の屋根の傾斜(角度)があり、足場なしでは、作業が困難で、職人にとっても危険を伴います。✭傾斜(角度)がない、お...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913