羽曳野市のお客様の屋根漆喰部分の現調に行ってまいりました


羽曳野市のお客様からご依頼があり屋根の状態を確認して来ました。
今回のお客様の屋根の状態は漆喰の部分が変色し劣化具合も進行している状態でした。
漆喰と聞いても「何?」と思われる方多いと思います。

屋根の上って普段見えない場所で上る事もない状態のわかりにくい所なのでいったい築どれくらい経てばリフォームした方がいいのか、どういう状態で相談したらいいのかがわかりにくいものじゃないでしょうか?
漆喰現状
瓦にも色々な種類があり今回のお客様宅は和瓦のお家でした。
写真をいくつかアップさせていただいたのですが、てっぺんの部分の瓦をかんむり瓦といいます。
そこから重なるように下に列なってる瓦との間に白い部分がある事にお気付きでしょうか?そこが漆喰という部分です!

本来白色のキレイな状態だったのですが長年の雨風や紫外線等による経年の劣化で黒く変色してしまってる状態です。
劣化したままにしておくとひび割れが発生して酷くなるとヒビが広がって雨漏りの原因にもつながります。

屋根の上に登って確認して見ると漆喰の部分が変色して劣化しているのが見受けられました。
漆喰現状
他の角度からも見てみました。瓦自体も雨や紫外線等による経年の劣化が見受けられます。
漆喰現状
和瓦はひび割れ等の劣化があっても基本メンテナンスは不要です。ただし漆喰等の瓦以外の周辺部分のメンテナンスは必要です。ほっておくと雨漏り等に繋がる恐れがあるからです。
漆喰現状
雨漏りする前に一度南街の屋根やさん大阪松原店までお気軽にご相談ください。
今回は古い漆喰を剝がしてから新しく漆喰をつめこみました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市にて棟瓦の取り直し工事と漆喰詰め直し工事の施工事例

強風による被害
屋根
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
漆喰等
築年数
40年以上
建坪
35坪
保証
5年間
工事費用
38万円

同じ地域の施工事例

施工事例

羽曳野市にて屋根補修 瓦の葺き直しと漆喰を火災保険で対応

瓦のずれ
ラバー工法
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
火災保険
台風
使用素材
既存の瓦とラバー、漆喰など
築年数
築40年以上
建坪
35坪
保証
1年間
工事費用
15万円
施工事例

羽曳野市にてベランダ屋根のポリカパネル交換工事の事例

2階のベランダのポリカパネル
ベランダ屋根のポリカパネル交換
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネートパネル10枚
築年数
約20年
建坪
30坪
保証
1年間
工事費用
18万円
施工事例

羽曳野市のお客様宅の屋根遮熱塗装とそのに効果ついてご紹介

スレート屋根
屋根塗装完成
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
足場
使用素材
屋根アレスクール2液SI
築年数
18年
建坪
約30坪
保証
屋根5年
工事費用
119万円(外壁と屋根の塗装含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦取り直し

★堺市にて屋根の棟瓦と漆喰の補修作業を行いました。こちらの画像は棟瓦が昨年の台風21号の被害で、飛散した箇所にでを被せて臨時的に補修してあります。★今回こういった箇所が3箇所ほどありまして、勿論そちらの箇所だけを補修するって事も可能なのです...........

破風板 破損

今日は大阪狭山市にて、台風21号の影響により金属屋根の破風板部分が外れ落ち、母屋の屋根瓦が外れ落ちたお宅の調査にお伺いしております。こちらは以前に金属屋根の塗装をさせていただいたお客様で、台風の被害に遭われたため一度見に来てほしいとのことで...........

既存漆喰撤去

羽曳野市で屋根瓦の漆喰漆喰取り換え工事こちら画像から見て頂いて、棟の三段積み瓦の漆喰が劣化を起こして剥がれ落ちて入います、このように積み重ねた棟の瓦の下の漆喰が劣化して剥がれ落ちてしまうと、その上にある瓦が、ズレてしまったり、剥がれ落ちてし...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913