藤井寺市にて屋根の葺き替え調査と外壁の調査を行いました。


棟板金のさび
藤井寺市にて、屋根と外壁の現場調査依頼を行いました。築25年の木造二階建て住宅です。昨年の台風時に屋根の天窓からお雨漏りがあったそうです。応急処置はしたものの、ご心配になり今回現場調査のご依頼をいただきました。

屋根は今までメンテナンスを行なっていないということで、屋根の葺き替えか、そのまま塗装で大丈夫かを見て欲しいとのことです。できれば低予算で済ましたいというご要望もいただきました。

早速、屋根に登らせていただき調査を行いました。メンテナンスをしていない劣化したスレート屋根は割れやすいこともあり慎重に歩かなければいけません。まず気になったのが、棟板金のサビです。ここまで錆びているのも珍しいです。錆びていますが、穴は空いていないようですが、穴が開くのも時間の問題といった状態です。

穴が空いてしまうとダイレクトに雨漏りする場所もあるので、穴が開く前にメンテナンスをしておきたいところです。
スレート屋根
こちらの隅棟の板金も錆びが発生しております。もちろん穴は空いておりません。

スレート屋根の上を歩きましたが、下地はしっかりしています。下地が劣化していると歩いた時に足元が下がります。
スレート屋根
スレート屋根の瓦の状態ですが、多少の反りも見られましたが、屋根塗装でも問題ありません屋根塗装の場合は、しっかり縁切りをして塗装します。

屋根や外壁の塗装についてはこちらを参考にしてください。
天窓
台風時に、天窓から少しだけ雨漏りをしたので、室内に上がらせていただき雨漏り箇所の場所と、状況を詳しくお聞きしました。その後、屋根の上からの調査も行いました。通常、雨漏りをしている場合は、お客様がよければ、室内に上がらせていただき状況を見たり聞いたりさせていただいております。

応急処置の様子を拝見しましたが、窓周りにシーリングをされていました。天窓の雨漏りのほとんどは窓のシーリングが劣化して雨漏りするケースがほとんどです。天窓のメンテナンスとして、窓のシーリングは定期的に交換しないといけないような仕様になっている窓がほとんどです。

屋根の写真と外壁の写真も撮らせていただいたので、後日、お客さまに写真とご提案書を持ってご説明に伺いたいと思います。ありがとうございました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガルテクト貫板

★羽曳野市にて、IG工業さんのスーパーガルテクトを使い屋根の葺き替え工事を行っていまして工事も最後の大屋根部の棟金物を付けて完了となります。画像の木が見えている箇所は、貫板です、こちらの板に棟金物を被せてビスで止めて行きます('ω')ノ

塩ビ波板修理前

東大阪市にてベランダ波板の修理を行いました。ベランダやカーポート等で良く見かける波板ですが、使われている素材も様々です。素材によっては古くなると素材自体が固くなり、ヒビが入ったり割れたり劣化症状が出る物もあります。今回は外壁塗装の工事と一緒...........

10445

✭和泉市にて屋根の棟と破風板の補修修繕工事を行いました。まず冒頭でお読み頂いたと思いますが今回ご依頼ご依頼下さりましたお客様のお家の屋根の傾斜(角度)があり、足場なしでは、作業が困難で、職人にとっても危険を伴います。✭傾斜(角度)がない、お...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913