羽曳野市で現場屋根(瓦)の現地調査にお伺いしました。


和瓦
羽曳野市にてU様邸の屋根瓦の現地調査まず屋根の全体的な所から見ていきます、まず目に飛び込んで来るのがアンテナが横に倒れていて倒れている箇所の瓦の破損を確認できました。こちらの瓦は大変古い瓦になり昭和40年代後半にかけて流行した瓦になります。(陶器瓦は、粘土瓦の一種になり、まず粘土を瓦の形に整えて、ウワ薬を混ぜかけ、窯の中で高温により焼き上げた瓦の事を陶器瓦と呼び、ゆう薬も焼く際に入るので、釉薬瓦とも呼びます。)
和瓦
こちら屋根の真上から見た絵になりまして、瓦の割れと瓦のズレを確認できます。瓦がずれていると、直接雨漏りの原因や、もしくは瓦の下の防水紙や土を流出をさす恐れがあります、雨漏りは一概に瓦のズレが原因ではなく、防水紙の劣化や土が流れると瓦のズレ以外に、雨漏りの原因となる可能性があります。しかしズレをそのまま放っておくと瓦にも防水紙、土にも悪影響を与えるのは紛れもない事実である。

和瓦
こちら瓦屋根の棟と瓦の隙間に漆喰(石灰に、ふのり粘土とかをねり合わせた物)詰めこんであり雨水の侵入を止めてくれます。しかしこの漆喰も劣化により割れたり、剥がれたりすると、そこから雨水が入り込みやすくなり雨漏りの原因となります。

屋根
結論、瓦がズレたり破損すると、その下部にある防水紙や土がダメージをおい浸食の原因となりますので、早めのご対応を宜しくお願い致します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガルテクト貫板

★羽曳野市にて、IG工業さんのスーパーガルテクトを使い屋根の葺き替え工事を行っていまして工事も最後の大屋根部の棟金物を付けて完了となります。画像の木が見えている箇所は、貫板です、こちらの板に棟金物を被せてビスで止めて行きます('ω')ノ

塩ビ波板修理前

東大阪市にてベランダ波板の修理を行いました。ベランダやカーポート等で良く見かける波板ですが、使われている素材も様々です。素材によっては古くなると素材自体が固くなり、ヒビが入ったり割れたり劣化症状が出る物もあります。今回は外壁塗装の工事と一緒...........

10445

✭和泉市にて屋根の棟と破風板の補修修繕工事を行いました。まず冒頭でお読み頂いたと思いますが今回ご依頼ご依頼下さりましたお客様のお家の屋根の傾斜(角度)があり、足場なしでは、作業が困難で、職人にとっても危険を伴います。✭傾斜(角度)がない、お...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913