羽曳野市にて屋根の状態を診断してほしいとのことで現場調査です


スレート屋根
羽曳野市にて三階建て住宅のお客様よりお電話をいただきました。昨年の台風にて屋根の状態がどうなっているかわからないとのことでスレート屋根の現場調査を行いました。

早速、屋根に登らせていただきました。お客様がご心配されていたのが、そろそろメンテナンスをするにあたって、屋根の葺き替えか屋根塗装かどうかということでした。

スレート屋根のメンテナンスは、スレート瓦が劣化してなければ塗装することが可能です。劣化の状態の判断は、スレート屋根が反り返っていないことと、野地板が弱っていないかを確認します。写真はスレート屋根の反りがないかを撮影しました。劣化して反ってくると赤線が部分の湾曲してきます。
割れ
屋根を全体を調査していると軒先の瓦に割れを発見しました。

お客様はご存知ないとのことです。コーキングかボンドのようなもので補修しているように見えます。軒先なので深刻ではありませんが、早めの補修をしておくといいと思います。簡易的に補修はしておきました。
割れ
2枚目の瓦割れを発見しました。棟近くの部分でもありますので早めの補修が必要です。簡易的に処置しておきました。瓦は割れていますが、瓦の下に防水シートがあるので割れると即雨漏りにはなりませんが、継続的に雨が入るので防水シートなどを傷めてしまいます。

瓦割れは、2枚でした。
板金さび
大棟と隅棟の板金部分を調査しました。接合部のコーキングの劣化と固定している釘の緩みを確認しました。釘は打ち込んでおきました。コーキング部分はそろそろ交換された方が良い時期になっております。

以上、今回の調査では、スレート全体の反りはほとんどなく瓦割れが2枚、コーキングの劣化、釘の緩みなどを確認しましたので、お客様にご説明させていただきました。後日、写真を見てもらいながら詳しいご説明をさせていただく予定です。

この度はありがとうございました。屋根や外壁の点検やお見積もりなどはお気軽にご連絡ください!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガルテクト貫板

★羽曳野市にて、IG工業さんのスーパーガルテクトを使い屋根の葺き替え工事を行っていまして工事も最後の大屋根部の棟金物を付けて完了となります。画像の木が見えている箇所は、貫板です、こちらの板に棟金物を被せてビスで止めて行きます('ω')ノ

塩ビ波板修理前

東大阪市にてベランダ波板の修理を行いました。ベランダやカーポート等で良く見かける波板ですが、使われている素材も様々です。素材によっては古くなると素材自体が固くなり、ヒビが入ったり割れたり劣化症状が出る物もあります。今回は外壁塗装の工事と一緒...........

10445

✭和泉市にて屋根の棟と破風板の補修修繕工事を行いました。まず冒頭でお読み頂いたと思いますが今回ご依頼ご依頼下さりましたお客様のお家の屋根の傾斜(角度)があり、足場なしでは、作業が困難で、職人にとっても危険を伴います。✭傾斜(角度)がない、お...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913