羽曳野市の住宅街での屋根の現地現場調査してまいりました。


スレート屋根
羽曳野市のK様邸の現地現場調査こちら画像がK様邸の屋根部分になります、見渡す限り色褪せ劣化が進んでいます。屋根はコロニアル屋根になりまして、別名ではカラーベスト(ストレート)屋根といいます。まずこのコロニアル屋根の特徴を説明いたします。この屋根材の主原料は主にセメントとセンイ材を持ちいた屋根材になります。軽量設計なので地震などに従来型の瓦より強く施工も簡単で工期も早く、沢山の住宅のほうで使われています。こちらコロニアル屋根の耐久年数は立地条件によって変わりますが、メンテナンスをしていない場合は約20年前後となり、例えば10年目にメンテナンスを入れている場合は、より長く持たして行くことが可能になります。
棟板金のさび
こちらK様邸の屋根状況は、確かに色褪せ劣化が進んでのですが瓦に反れもなく。(反れてしまうと雨水の侵入がしやすくなり雨漏りの原因となります。)きっちり洗浄してやれば屋根塗装工事のほうで対応が可能かと思います。
スレート屋根
但し棟の板金のほうは、全てかなりのサビが進行しているために塗装工事だけでは元の板金の新品の様にはならないので、棟板金全ての交換が必要になります。
天窓
こちら天窓がついており天窓ふちのコーキングは年数が経つと劣化が進んでやはり、コーキング劣化部分から雨漏りの原因となりますので、こちらには、コーキングを打ち替え対応していきたいと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガルテクト貫板

★羽曳野市にて、IG工業さんのスーパーガルテクトを使い屋根の葺き替え工事を行っていまして工事も最後の大屋根部の棟金物を付けて完了となります。画像の木が見えている箇所は、貫板です、こちらの板に棟金物を被せてビスで止めて行きます('ω')ノ

塩ビ波板修理前

東大阪市にてベランダ波板の修理を行いました。ベランダやカーポート等で良く見かける波板ですが、使われている素材も様々です。素材によっては古くなると素材自体が固くなり、ヒビが入ったり割れたり劣化症状が出る物もあります。今回は外壁塗装の工事と一緒...........

10445

✭和泉市にて屋根の棟と破風板の補修修繕工事を行いました。まず冒頭でお読み頂いたと思いますが今回ご依頼ご依頼下さりましたお客様のお家の屋根の傾斜(角度)があり、足場なしでは、作業が困難で、職人にとっても危険を伴います。✭傾斜(角度)がない、お...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913