富田林市の住宅街I様邸の屋根塗装工事をさして頂きました。


屋根塗装
現場ブログのご回覧誠にありがとうございます。今回ご紹介さしていただくのは、屋根(カラーベスト)の塗装の工程模様をご紹介いたします。まず画像で分かります様に屋根にしても、外壁にしても塗装を行う前に必ず洗浄(高圧洗浄)で長年溜まっている汚れ(コケ、土埃)を洗い流す事により塗料との密着性を高め質の高い塗装が可能になります.【例えば身近な所でセロハンテープに埃とかが付着しているとセロハンテープがつきにくいですよね!】なので塗装の工程で洗浄はとても重要な工程と言えるでしょう。
屋根塗装
先ほどの洗浄から時間をかけて乾燥さしてから、ひび割れている箇所や瓦の割れている箇所を補修工事します【ひび割れている箇所はコーキングを注入してやり瓦が割れている箇所は差し替えを行います。】それもまた乾燥さしてから、下塗り材を塗装していきます。この下塗り材が次に重ね塗る塗料と既存の屋根との密着性を高める効果があります。こちらも完了した時点で充分に乾燥させてから次の工程に進みます。

屋根塗装
その後タスペーサーを差してあげ(縁切り)中塗り塗装をおこないます。この段階でお客様が選んで頂いた色が明確になります。今回ご紹介しているI様邸は、薄めのブラウン色になります。
屋根塗装
中塗り後も充分に乾燥さしてから、最後の工程上塗塗装を行い完了となります。【3工程厚塗りなので膜厚も充分に出ます。】

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガルテクト貫板

★羽曳野市にて、IG工業さんのスーパーガルテクトを使い屋根の葺き替え工事を行っていまして工事も最後の大屋根部の棟金物を付けて完了となります。画像の木が見えている箇所は、貫板です、こちらの板に棟金物を被せてビスで止めて行きます('ω')ノ

塩ビ波板修理前

東大阪市にてベランダ波板の修理を行いました。ベランダやカーポート等で良く見かける波板ですが、使われている素材も様々です。素材によっては古くなると素材自体が固くなり、ヒビが入ったり割れたり劣化症状が出る物もあります。今回は外壁塗装の工事と一緒...........

10445

✭和泉市にて屋根の棟と破風板の補修修繕工事を行いました。まず冒頭でお読み頂いたと思いますが今回ご依頼ご依頼下さりましたお客様のお家の屋根の傾斜(角度)があり、足場なしでは、作業が困難で、職人にとっても危険を伴います。✭傾斜(角度)がない、お...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913