堺市にて倉庫の折半屋根塗装と雨樋付近からの雨漏れの現場調査


倉庫の折半屋根
堺市にて自社倉庫をお持ちの法人さまより、現地調査のご依頼をいただきました。築30年ほどでメンテナンスをまだされていないということです。お客様と事前にご要望などをお聞きしたり、ヒアリングをさせていただいた後に調査を始めます。

今回のお悩みは、西面の雨樋付近から、雨が降った時にかなりの量の水が漏れることと、またその付近の室内に雨漏りが発生すること。あとは、屋根のメンテナンスをしたことがないので屋根塗装のお見積もりです。また足場を組むなら外壁塗装も検討したいとのことです。

早速、調査に入ります。倉庫の見た目の印象はとても綺麗にされております。しかし、屋根の状態を調査すると、サビが全面的に発生しております。
倉庫の雨樋
雨樋の根元付近から、雨が降った時に大量の雨漏れがするそうです。よく見ると雨樋が外れております。高さ12mくらいの位置なので下からはわかりにくかもしれません。

またこの付近の室内に雨漏りがあるということで、室内も調査いたします。
雨樋からの雨漏り
雨樋を上から調査すると、竪樋(たてどい)と軒樋(のきどい)の接合部が外れております。これだと雨が大量に漏れます。
折半屋根のメンテナンス
屋根の調査をします。屋根からの雨漏れは今のところないそうです。写真中央のベンチレーター付近からは雨漏りが発生しやすい箇所なのです。塗装の際は、雨仕舞いやシーリングをしっかり見直す必要があります。

全面的にサビが発生しております。表面が少しサビている程度なので、塗装メンテナンスで十分対応できます。サビはしっかりケレンというサビ落としの作業が必要です。ケレン作業をしっかり行わないと、すぐにサビが発生するので注意です。
ベンチレーター
ベンチレーターは4つあります。別のベンチレーター付近です。全面的にサビが発生しているのがわかります。

折半屋根の塗装工事では、折半屋根を固定しているボルト付近の防水も大切です。現状のボルトはサビていますので、ケレンでサビ落とし後に塗装し、専用の防水キャップをかぶせることが一般的です。
折半屋根の塗装工事
折半のひさし屋根です。こちらも同じようにサビが発生しており、メンテナンスの時期となっております。外壁もところどころサビが発生しております。


倉庫の屋根塗装
屋根と外壁と室内の調査させていただきました。調査した内容をその場で簡単にご説明させていただき、後日現状のご説明とご提案をさせていただく予定です。

この度は、街の屋根やさん大阪松原店への現場調査のご依頼ありがとうございました。

このような倉庫の屋根塗装や、また金属屋根のカバー工法も得意なので、お気軽にご相談ください(^_^)

どんな些細なことでも、お電話やメールでお気軽に!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

松原市にて台風21号の影響でポリカパネル飛散!取付け工事完了

パネル飛散箇所
修繕完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
台風
使用素材
ポリカーボネート
築年数
約20年
建坪
約25坪
保証
1年
工事費用
22000円
施工事例

松原市にて台風被害!蔵の棟瓦の取り直しと屋根補修工事の事例

台風21号による瓦の被害
瓦の補修
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
台風
使用素材
新しい瓦
築年数
築50年以上
建坪
15坪
保証
1年間
工事費用
約27万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

スレート屋根の剥がれ箇所

4階のスレート屋根の一部が剥がれ飛散した箇所発見!!!!

屋根全景写真ドローンにて

こんにちは(*^^*)街の屋根やさん大阪松原店です。今回の現場は東大阪市です。以前の台風被害のお問い合わせがまだまだ入っております。今回のお宅の被害は、屋根瓦が飛散してしまった。と言うものです。屋根修理希望のご連絡を頂き現地の点検を行いまし...........

ドローンによる点検

こんにちは(*^^*)街の屋根やさん大阪松原店です。2020年早くも1か月が経ちますね。今年はもっと、皆様のお悩みや知りたい情報を分かりやすく発信して行けたらと思っておりますので、少しでも参考になれば幸いです🎵今年もよろしくお願い致します!...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913