松原市のお客様宅屋根カバー工法と金属屋根ガルテクトについて!


屋根カバー工法の工事についてご紹介します。

松原市のお客様宅が屋根カバー工法をご希望され、スレート屋根に金属屋根のガルテクトをカバー施工して行きます。
始めにカバー工法とは既存の屋根材の上に新たに屋根材を取り付けて行く工法です。
葺き替えに比べ廃材費等も要らず、施工時間も短縮できるのでコストカットにも繋がります!
現在多くの方に求められている工法です。
屋根工事
始めに棟等の出っ張った部分を取り外していき、スレート屋根の上にルーフィングシートを張り付けて行きます。
屋根工事
谷棟を取り付けて行きます!
屋根工事
ガルテクトを取り付けて行きます!
屋根工事
ビスでシッカリと固定して行きます。
ガルテクトをカットする時はハサミで行います!サンダー等を使用すると傷がガルテクトに入ってしまいます。

金属屋根ガルテクトとは?一体どんな屋根材?

屋根材の上に新たに屋根材を取り付けるカバー工法は屋根が重くなり耐震性がなくなるのでは?とご心配される方もおられますが、ガルテクトは非常に軽量(一枚約4kg)な物なのでその心配もありません!
また表面には遮熱性フッ素樹脂塗装又は遮熱性ポリエステル樹脂塗装が施されており大きな遮熱効果があります。また屋根材の中身にはしっかりと断熱材が入っており断熱効果にも優れています!
その他にも金属屋根は雨などが降ると雨音がうるさいイメージを持たれがちですがガルテクトは鋼板とポリイソシアヌレートフォームの一体化により雨音の低減効果をもたらします!
屋根工事
カバー工法を行う事により既存の屋根と合わせて二重の防水性と断熱性をアップする事が出来ます!
屋根工事
ガルテクトは丈夫な塗装を施しているので永く美しい状態を維持します。
以上でガルテクトとカバー工法についてのお話しを終わります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガルテクト貫板

★羽曳野市にて、IG工業さんのスーパーガルテクトを使い屋根の葺き替え工事を行っていまして工事も最後の大屋根部の棟金物を付けて完了となります。画像の木が見えている箇所は、貫板です、こちらの板に棟金物を被せてビスで止めて行きます('ω')ノ

塩ビ波板修理前

東大阪市にてベランダの屋根修理を行いました。ベランダやカーポート等で良く見かける波板ですが、使われている素材も様々です。素材によっては古くなると素材自体が固くなり、ヒビが入ったり割れたり劣化症状が出る物もあります。今回は外壁塗装の工事と一緒...........

10445

✭和泉市にて屋根の棟と破風板の補修修繕工事を行いました。まず冒頭でお読み頂いたと思いますが今回ご依頼ご依頼下さりましたお客様のお家の屋根の傾斜(角度)があり、足場なしでは、作業が困難で、職人にとっても危険を伴います。✭傾斜(角度)がない、お...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913