平野区にて台風被害SOS!瓦が飛散し雨漏りでお困りのお宅です


瓦屋根劣化
こんにちは!街の屋根やさん大阪松原店です。

昨年の台風による被害報告がまだまだ続いております。( ノД`)
今回は平野区より台風被害のお問い合わせがありました。

屋根の瓦が飛散してしまい既に雨漏りしているお宅の
無料点検の様子をご紹介します!!

現場に到着し早速お客様から状況の説明をして頂きました。

こちらのお宅は築約35~40年程の瓦屋根のお宅でした。
今現在は住んでおられないそうでが、雨漏りにより
建物の老築化が進んでいる為補修での雨漏り修繕を希望されていました。

こちらのお家はベランダから屋根が確認出来る様なお宅でしたが
屋根に上がっての点検は大変危険です。

何か気になる事があれば、ぜひプロの方に点検してもらって下さい(*^-^*)





瓦が飛散した箇所です(>_<)

瓦飛散
では屋根の状態を見ていきましょう。

屋根が確認出来るベランダ部分に上がらせて頂き
最初に目についたのがお客様より問い合わせがあった
飛散した瓦部分でした

瓦の枚数にしたら10枚程の瓦が無くなっており、
瓦の下に使用されている葺き土がむき出しの状態でした( ゚Д゚)

雨水からお家を守る屋根材が無いとなれば当然
雨漏りは避けれません…

ご自身ではなかなか点検出来ない場所もきっちり点検

瓦飛散
こちらはベランダ部分から確認出来る箇所ではなく
屋根の反対部分です。

なかなかご自身では確認出来ない場所も
しっかり点検させて頂きます。

反対側も瓦が無くなっており葺き土が向き出しになっていました。

こちらの箇所はまだ室内への雨漏りは無くお客様自身では
気付かなかった箇所でした。

瓦屋根の大切な部分!漆喰も点検

漆喰劣化
次に確認する箇所は瓦屋根には必ず施工されている漆喰です。

この漆喰とは瓦屋根には欠かせない部分です。
瓦と瓦の隙間を埋め、動いたりズレたりしない様に固定する
役割があります。
分かりやすく言えば瓦と瓦の接着剤です!

日々強い日差しや雨風にさらされている屋根は
外壁等よりも劣化しやすい場所です。

屋根の中でも特に劣化の激しい部分がこの漆喰部分です。

漆喰は劣化してくると脆くなり、割れたり剝がれたりしていきます。

瓦の大事な接着剤なので、この部分がもろくなると
当然瓦を支える事が出来なくなり、結果的に瓦が落下したり
飛んでしまったりと言う事が起こります。

瓦が飛散するとご自宅だけではなく、近隣様の家に当たって
傷つけてしまった!等と言う話も少なくありません(>_<)

写真の丸で囲った部分は劣化し剥がれ落ちている漆喰です
剝がれてしまった漆喰が至る所に落ちていました。

漆喰の劣化はメンテナンスが不可欠!

漆喰劣化
写真では少し分かりにくいかも分かりませんが、
劣化した漆喰は全体的に黒ずんでいます。

瓦屋根のお宅ならしっかり漆喰が施工されています。
もしご自宅が瓦屋根のお宅ならうちの漆喰は元気かな?』
などと一度見てみるのも良いのでは無いでしょうか?

漆喰の劣化や塗装等の表面から分かる劣化のサインを
見逃さず、きっちりとメンテナンスを行う事で
屋根自体の寿命を保つ事が出来ます。

ここからの雨漏りも少なくありません

笠木腐食
こちらは屋上のパラペット部です。

パラペットとは立ち上げられた壁(手すり壁の事です)
手すり壁の他、胸壁と呼ばれる事もあります。

パラペットの最上部に施工される仕上げ材を笠木と言います。
写真はこの笠木が朽ちてなくなっており、
躯体が腐食してしまっています。

躯体とは建物を支える骨組みにあたる部分です。

この笠木部分からの雨漏りも実は少なく無いんです。

ここもきっちり補修しておかないと建物自体の老築化を
早めてしまいます(>_<)

分かりやすい言葉で破損個所をご説明します

笠木腐食
屋上のパラペット笠木は全部の箇所で劣化してしまっていました。

笠木はベランダ等の手すり部分にも施工されています。

この笠木を少し内向きな角度で施工する事により
雨水を外側に流さず、直接外壁を伝ったりしない様に
工夫して施工されたりします。

建物の耐久性を保つためにしっかり重要な役割を
してくれている笠木なので、見落としやすい箇所ですが
こちらもメンテナンスをする上で是非覚えておいて欲しいと
思います(^^♪

台風後の屋根の状態が知りたい
雨漏りが心配
 お家のお困り事ありませんか?些細な事でも構いません(*^-^*)
 いつでもお問い合わせお待ちしております?

 台風による修繕依頼は他にもございます。
 是非参考にして下さい

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

大阪市住吉区にて台風の強風で破損したベランダ屋根の波板交換

ベランダ屋根のポリカ波板交換
ベランダ屋根の波板交換
工事内容
屋根補修工事
台風
3階建て
使用素材
ポリカ波板
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
5.5万円
施工事例

大阪市平野区にて台風被害 カラーベスト屋根の部分差し替え工事

カラーベスト屋根の割れ
カラーベストの入れ替え工事
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
スレート屋根
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
3.5万円

同じ地域の施工事例

施工事例

大阪市平野区にて台風被害 カラーベスト屋根の部分差し替え工事

カラーベスト屋根の割れ
カラーベストの入れ替え工事
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
スレート屋根
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
3.5万円
施工事例

大阪市平野区にて三階建ての瓦補修と棟瓦の取り直し工事の事例

冠瓦
棟瓦の取り直し
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
使用素材
土と漆喰
築年数
40年
建坪
25坪
保証
3年間
工事費用
37万円
施工事例

大阪市平野区にて台風の被害 テラス屋根パネルの交換事例

アクリル板
ポリカパネル
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル
築年数
築40年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
約9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガルテクト貫板

★羽曳野市にて、IG工業さんのスーパーガルテクトを使い屋根の葺き替え工事を行っていまして工事も最後の大屋根部の棟金物を付けて完了となります。画像の木が見えている箇所は、貫板です、こちらの板に棟金物を被せてビスで止めて行きます('ω')ノ

10445

✭和泉市にて屋根の棟と破風板の補修修繕工事を行いました。まず冒頭でお読み頂いたと思いますが今回ご依頼ご依頼下さりましたお客様のお家の屋根の傾斜(角度)があり、足場なしでは、作業が困難で、職人にとっても危険を伴います。✭傾斜(角度)がない、お...........

漆喰打ち直し

松原市にて、昨年来た台風21号の影響で瓦がズレてしまい以来雨漏りをしてお困りだとお問い合わせを頂きました。お客様のお悩みを解決するべく、すぐに無料点検にお伺いしました。他にも屋根を修理してくれる業者様も当たられていた様ですがなかなか納得の行...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913