オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東大阪市4階建てマンションのスレート屋根の部分補修を行いました


スレート屋根の剥がれ箇所
こんにちは。街の屋根やさん大阪松原店です。今回の現場は東大阪市です。

スレート屋根を使用されている4階建てマンションの外壁塗装のご依頼を頂き、足場組立を行っている際に、4階の大屋根のスレートの一部が割れて飛散している箇所を見つけました。


スレート屋根という言葉をよく耳にするかと思いますが、主成分のセメントに繊維素材を混ぜて薄い板状に加工したもので、「コロニアル」・「カラーベスト」で呼ばれることも多く、現在最も使用されている屋根材のことです。

カラーバリエーションが豊富で平板・波型といった種類があり、デザイン性が高いのも特徴です。
重量が軽く、安価であることから、ハウスメーカーさんや工務店でも採用されています。
一般的に屋根材にスレートを使っているお宅が多いですよ。


写真の印はスレートが剝がれている箇所です。
スレートがヒビや割れや欠けは、強風によっての落下物や紫外線による刺激などによる劣化が原因なります(>_<)

今回の原因はわからず、お客様ご自身もお気づきではなく写真のようになっており、とても驚かれておりました。
このままの状態では屋根の下地が傷んでしまい、雨漏りの原因につながります。

外壁塗装で足場設置をしているので、屋根の部分補修も一緒に行うと足場費用の節約にもなることをお客様にご提案させて頂きました。

他にもひび、割れ、欠けの箇所がないか、屋根の点検をしていきましょう。

スレート屋根にコケ
他にも点検したところ、端の部分が欠けているスレートを見つけました。
近くに破片が落ちていない為、どうやら飛散してしまったようです(>_<)
こちらも原因わかりませんが、強風によっての落下物や紫外線による刺激などによる劣化が考えられます。

スレートに黄色の付着物がみえるかと思います。こちらは苔か藻と考えられます。

スレートはセメントを主成分とした屋根材なので、水分を吸収してしまう為、塗装を行うことで防水性が保たれています。
塗膜が紫外線などによる経年で劣化し、防水性を失うことで、雨が降るたびに吸収し、湿気がこもり、水切れが悪くなり、こちらの屋根に苔や藻やカビが発生しやすい環境になってしまったと考えられます。

今回外壁塗装の足場組立によりわかりましたが、普段から屋根や外壁や高い場所ご自身で確認できません。
一階の屋根であってもご自身で除去することは厳禁です。プロに頼みましょう。

苔、藻、カビなどで相談したいなどありましたら、街の屋根やさん大阪松原店にお気軽にお問い合わせくださいね(*^-^*)

貫板の点検
次に棟板金を点検していきます。

棟板金の説明をしますね(*^-^*)

屋根と屋根の面が合わさる山状(角)の接合部分を覆って雨水の浸入を防ぎ、かつ屋根材を固定している金属を「棟板金」といいます。

棟板金は屋根の頂点にあるので風負重を受けやすく、台風や強風にといった過酷な環境に晒され続けている為、耐久性を弱めてしまいます。
風や台風通過後や屋根の上からパタパタ音がするといった
不具合から剥がれや飛散などの大きな被害に繋がってしまします(>_<)

棟板金の中には板金を固定する「貫板」という部材があり、棟に貫板を固定し、固定された貫板に板金を被せて釘で取り付けていきます。

板金は年中太陽の熱に晒されている為、日中の気温差によって板金が膨張と収縮をし、その伸縮によって、釘の浮きが起こり、釘穴を広げてしまうことで固定力が弱まり、徐々に釘が浮いてきてしまいます。

その浮いた箇所から、貫板に雨水を侵入させ、腐食や劣化につながります。

今回、こちらの貫板は腐食や劣化もなく雨漏りもないので交換の必要がありませんでした。

スレート剥がれ付近の貫板の点検
こちらも同様に点検していき、腐食や劣化もなく雨漏りもないので交換の必要がありませんでした。

このように屋根の上に上がらせて頂き、普段目にしない棟板金や貫板の点検の様子を撮影し、お客様に必要なメンテナンス方法もご提案できます。
是非、町の屋根やさん松原店の無料点検をご活用下さい(*^^*)


釘穴にコーキング
剝がれていたスレート箇所に部分補修を行いました(*^-^*)
部分補修することによって、スレートの下の屋根材を守ることに繋がりました。

部分補修出来るの?と思われる方もいらっつしゃるかと思いますが、一枚から交換できるのでご安心ください(*^^*)

軽度の欠けやヒビもそのままでは雨漏りに繋がりますので、コーキング剤で補修する対応も行っております。








貫板点検後の棟板金
こちらも、スレートの部分補修を行いました。

貫板の交換もないので棟板金を被せていきます。
その際、固定していた釘穴から水分が屋内に侵入しないようにコーキング剤で塞いであります。

新しく釘で貫板と棟板金を固定し、補修工事が終了しました🎵

お客様には補修後の写真と共にご報告させて頂き、とても喜んでおられました(*^-^*)

屋根を専門としている街の屋根やさん大阪松原店ですが、外壁塗装も行っております(*^^*)
建物でお困りや、些細なことでも構いません。
お気軽にご連絡ください🎵





同じ工事を行った施工事例

施工事例

住吉区にて台風の強風で破損したベランダ屋根の波板修理

ベランダ屋根のポリカ波板交換
ベランダ屋根の波板交換
工事内容
屋根補修工事
台風
3階建て
使用素材
ポリカ波板
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
5.5万円
施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

東大阪市にて屋根工事 平板瓦を使った葺き替えとカバー工法実施

葺き替え工事前
葺き替え完工
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
防災型平板瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
100万円
施工事例

東大阪市での屋根リフォーム 強化棟への積み替えと瓦の差し替え

屋根リフォーム前
冠瓦取付け
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
シルガード、釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
35万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

軒天ケイカルボードが落下したお宅

今回は羽曳野市にて軒天補修のご依頼をいただきました。ご依頼頂きましたきっかけはベランダ屋根の上の軒天に設置されているはずのケイカル板というパネルが台風により落下してしまったためです。幸い人やご近所のお宅に落ちる事はなかったようですが、もし人...........

ドローンで上空から撮影した瓦屋根の様子

今回は藤井寺市にて瓦屋根修理のお問合せをいただきました。ご依頼いただきましたきっかけは瓦屋根のズレです。通常の瓦屋根は雨樋よりも手前に設置されており屋根に降り落ちた雨水が雨樋を通り排水されます。しかしこちらのお宅の瓦屋根は経年劣化によりズレ...........

波型スレート屋根からの

波型スレート屋根を使用しているモータープールの持ち主の方からご連絡を頂き、雨漏りがしているとのことでした。こちらの屋根は築年数が経っており劣化具合がひどく、過去にも何度か雨漏りがあり、修理をされているのですが、また別の箇所からの雨漏りが発生...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913