オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

堺市南区にてガルテクト屋根葺き替え工事を完工いたします。


ガルテクト貫板
★堺市南区にて、IG工業さんのスーパーガルテクトを使い屋根の葺き替え工事を行っていまして工事も最後の大屋根部の棟金物を付けて完了となります。
画像の木が見えている箇所は、貫板です、こちらの板に棟金物を被せてビスで止めて行きます('ω')ノ
ガルテクト貫板2
こちらは、IG工業さんのスーパーガルテクトを、取り付け工事前の、改質アスファルトルーフィング(防水シート)を貼り終わったときの様子です。

こちらの防水シートは後に隠れますが、かなり重要な部分で、こちらも、高品質な物から量販タイプまで、種類が幾つかありまして、こちらの部材は、最終は隠れてしまいますが、万が一屋根材からの雨水の漏れがあっても、こちらの防水シートで水を食い止めます。ので重要な部材になるので、お客様立場からでも、防水シートの品質にもこだわって頂いた方がいいでしょう!(^^)!
貫板樹脂
こちらが樹脂製の、貫板になります。

本来では、木製の貫板でも良いのですが(棟板金を被せてしまえば、隠れてしまいその後も直接雨や埃を受けない)お客様のご要望で、こちらのような樹脂製貫板を使う場合もあります、強度がかなり増します、水にも強い。

街の屋根やさん松原店では、カラーベストの棟金物の交換工事も行っています。台風等で棟金物が飛んでしまい、そちらだけの交換作業だけでも、喜んでお見積もりさして頂きますので、お連絡お待ちしております。
貫板樹脂2

木はのちに水が付くと腐敗したりしますが、樹脂製の貫板では、そのような心配がないので安心です、木の貫板施工時でも木に防水シートを貼り付けて施工する方法も存在します!(^^)!

 

今回は、防水シート及び貫板についてブログに掛け合わせて、書き込みましたが参考になりましたでしょうか(*'')

同じ工事を行った施工事例

施工事例

住吉区にて台風の強風で破損したベランダ屋根の波板修理

ベランダ屋根のポリカ波板交換
ベランダ屋根の波板交換
工事内容
屋根補修工事
台風
3階建て
使用素材
ポリカ波板
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
5.5万円
施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市南区にてセキスイハイムのセメント瓦の屋根フッソ塗装

セキスイハイム セメント瓦塗装
セキスイハイム セメント瓦塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
大同塗料ハイルーフマイルドフッソ
築年数
18年
建坪
33坪
保証
7年
工事費用
30万 足場別途

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

部分足場の組立

藤井寺市にて、瓦屋根の修理をする前に、先日点検に伺ったんですが、軒先部分の瓦屋根が経年劣化によりズレてしまっていて、雨水を排出してくれる雨樋にまでかぶってしまっていました。これでは上手く屋根の雨水を雨樋に流すことができずにそのまま外壁や床に...........

ドローンで上空から撮影した瓦屋根の様子

今回は藤井寺市にて瓦屋根修理のお問合せをいただきました。ご依頼いただきましたきっかけは瓦屋根のズレです。通常の瓦屋根は雨樋よりも手前に設置されており屋根に降り落ちた雨水が雨樋を通り排水されます。しかしこちらのお宅の瓦屋根は経年劣化によりズレ...........

波型スレート屋根からの

波型スレート屋根を使用しているモータープールの持ち主の方からご連絡を頂き、雨漏りがしているとのことでした。こちらの屋根は築年数が経っており劣化具合がひどく、過去にも何度か雨漏りがあり、修理をされているのですが、また別の箇所からの雨漏りが発生...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913