オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高石市瓦棟取り直しで屋根修理!冠瓦だけ設置する屋根工事とは?


高石市より今回ご紹介させて頂きます現場は瓦屋根の棟取り直し工事です。今回行った屋根工事は良く行われている棟の取り直し工事とは少し違った工法です。簡単に説明すると、のし瓦を積まずに冠瓦だけを設置する方法です。

実際行った工事の様子を写真と共に見て頂きたいと思います。

屋根の棟瓦取り直し工事

棟瓦と取り直し
瓦屋根の棟部分は写真の印をつけた部分になります。屋根の一番高い位置にあたる部分の為、雨風の影響も受けやすく瓦の棟のズレ等による雨漏りの報告もよくお問合せ頂く部分です。

今回の屋根工事をさせて頂く部分です。工事名としては「瓦屋根棟取り直し工事」になります。

既存の棟瓦撤去

棟瓦の各名称
こちらは屋根工事の前の写真です。手前の箱の中に入っている金属の建材を使います。

瓦の棟部分の各名称を記載しています。のし瓦は積み上げる段数が多いほど屋根下地への雨水の侵入を防ぐ事が出来ると言われています。通常積まれている枚数は2~3段が多いです。
棟瓦撤去
まずは既存の棟瓦の撤去です。瓦を撤去すると下には葺き土と呼ばれる土が敷かれています。葺き土も残らず全て撤去していきます。

一つ前の写真で紹介した漆喰・のし瓦・鬼瓦も全て取りはずします。

強化の為の棟金具取付け

強化の棟瓦
棟を全て撤去した後、屋根の下地に棟を強化する為の器具を打ち込みます。強化の棟金具です。

下地にあたる野地板に直接ビス止めする為非常に丈夫な棟になります。
棟金具の上に垂木施工
先程取り付けた棟金具に瓦を設置する為の貫板を置きます。
これもしっかりビス止めされます。

南蛮漆喰とは?

シルガード施工
最近では使用する業者さんも増えてきていると思いますが、土では無く南蛮漆喰(シルガード)を使用し周りを埋めていきます。

土を積んで漆喰で蓋をしてと言う必要がない為、防水性や今後のメンテナンス性にも優れています。
使用するシルガード
こちらが今回使用した南蛮漆喰(シルガード)です。

もちろん名前の通り漆喰の一種です。通常の漆喰の何が違うかと言うと、漆喰の防水性や強度を強くする為シリコンなどが含まれた物になります。

使用する冠瓦のサイズが変わります

七寸丸瓦(冠瓦)
今回使用する冠瓦です。今回の工法に使用される冠瓦は通常の冠瓦よりも少し大きいサイズになります。

のし瓦を積み上げる方法の冠瓦はほとんどが5寸丸というサイズですが、今回の冠瓦のみを設置する工法は通常よりも深く被せるので7寸丸というサイズを使用する必要があります。
冠瓦ビス止め
シルガード施工後はいよいよ冠瓦を被せていきます。この工法では冠瓦を先程設置した貫板にビスで打ち込んで固定する為しっかりと丈夫な作りになります。

そのうえ葺き土やのし瓦といった通常の棟に使用する部材を使わない為、軽量化にも優れた工法です。
今後の地震などに備えて、少しでも軽量でかつ丈夫な棟に取替工事が完了致しました。

今回の工法についてなど屋根のお問合せいつでもお待ちしております(*^-^*)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天窓

今回こちらのお宅の屋根では雨漏りしているとのご相談を頂き、以前点検に伺っておりました。屋根を確認させて頂くと、こちらのお宅には天窓がついていました。天窓がついていますが、屋根リフォームは可能です!今回屋根リフォーム内容として「カバー工法」を...........

部分足場の組立

藤井寺市にて、瓦屋根の修理をする前に、先日点検に伺ったんですが、軒先部分の瓦屋根が経年劣化によりズレてしまっていて、雨水を排出してくれる雨樋にまでかぶってしまっていました。これでは上手く屋根の雨水を雨樋に流すことができずにそのまま外壁や床に...........

スレート屋根塗装

松原市にて屋根塗装のご依頼を頂いたこちらのお客様の屋根のタイプはコロニアルというスレート屋根です。カラーベストとも言います。カラーベストは他の屋根材よりも安価で、屋根を葺く工事期間も短いので、多くの方に選ばれています。また、とても軽いので建...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913