オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

富田林市で瓦屋根漆喰工事!劣化した漆喰は強風で簡単に剝がれます


富田林市にて瓦屋根漆喰工事を行いました。瓦屋根には多く使用されている漆喰ですが、瓦の寿命が長いのとは違い漆喰の寿命は20年程だと言われています。もちろん立地の条件や日当たりの良さなどによって劣化の進み具合にも差が出ますので、20年経っていないから大丈夫!という訳ではありません。

屋根は建物の中でも劣化や破損の具合がご自身ではなかなか確認出来ない部分です。ですがお家を長持ちさせるためには定期的な点検と正しいメンテナスが必要です。

今回ご紹介させて頂く漆喰工事は弊社でも大変多くご依頼頂いている工事の一つです。
では、漆喰が劣化するとどうなるのでしょうか?

漆喰の劣化とは?

劣化した漆喰
写真で印を付けた箇所が漆喰です。一見悪い所は無い様に見えるかと思います。日々強い日差しなどを受けている屋根部分は劣化の激しい部分でもあり、中でもこの漆喰は屋根の中でも最も劣化する箇所だとも言えます。

実は、劣化してひび割れなどを起こした漆喰は強風等により意外と簡単に剝がれたり飛ばされたりしてしまいます。


漆喰が剝がれてなくなっていました

劣化による漆喰の剝がれ
こちらの漆喰は剝がれてしまい、中の葺き土がむき出しになってしまっていました。剝がれた漆喰は雨などで流され雨樋を詰まらせてしまうという不具合を引き起こす事もあります。
本来漆喰がある瓦
こちらの丸で囲んだ所にも漆喰が打たれていたはずですが劣化により脆くなった漆喰が剥がれ落ち、瓦と瓦の間に隙間が出来てしまっています。

漆喰が無いとどうなるのでしょう?

なくなった鬼瓦漆喰
こちらも同様に漆喰が無くなっています。

漆喰は瓦の下にある葺き土を雨風から守り瓦と瓦を接着させる目的から塗られています。
ではその漆喰がこんな風に剝がれてなくなってしまうとどういう事が起こるのでしょうか?

この様に漆喰が剝がれる事で屋根の中で一番大切な棟の土台(葺き土)が雨風にさらされて流れ出してしまいます。やがて、棟のズレや瓦全体のバランスが崩れてしまいます。

屋根の棟は、建物で言うと基礎部分になりますので、致命的な劣化に繋がってしまいます。
剝がれた漆喰
どんなに立派なお家でもこの基礎の部分が流れ出してしまうと傾いてしまいます。
家を下から見上げても漆喰の劣化はあまり気付きにくいこともあり、剝がれた漆喰部分から雨水が侵入し瓦の葺き土が浸食され気付いた時には棟全体がダメージを受けているといったケースも少なくありません。

今回は漆喰の劣化が進むと簡単に剥がれ落ちてしまい、やがて屋根の大切な部分を守り切れなくなると言う所までのご紹介をさせて頂きました。こちらのお宅の漆喰工事の様子も引き続きご紹介させて頂きたいと思います(*^-^*)

お住まいのお困り事やご質問などありましたらいつでもお問合せ下さいね⭐


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根リフォーム

和泉市で屋根リフォームのお問い合わせをいただいたので調査に行かせてもらいました。後日工事内容をご提案させていただきました。では、その内容をご紹介したいと思います

カーポートパネル損傷

柏原市にてカーポートパネルが飛散したとのご連絡があったので調査に行かせてもらい、後日工事を行いました。その様子をお伝えしたいと思います

棟積み替え工事

堺市にて屋根工事を行いました事例を紹介します。今回屋根工事を行ったお宅は、瓦屋根の和風のお家で雨漏りに困っている状態でした。雨漏りのポイントを見てみると、屋根の棟付近が原因となっている様子でした。では、棟瓦の修繕方法としてはどんな工事がある...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913