オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

河内長野市にてスレート屋根雨漏り点検に伺った様子をお伝えします


河内長野市のお客様より雨漏り点検のご依頼があり、確認させてもらう為、点検に行ってきました。
今回おこなった雨漏り点検の様子や屋根点検、不具合があった個所のご紹介をさせていただきます。

スレート屋根点検

点検に伺ったお家
今回河内長野市の雨漏り点検にお伺いしてきました。A様邸は築年数約20年になるスレート屋根のお宅です。
スレート屋根には寿命があります。おもに主成分がセメントでできており、水を吸収しやすくなっております。その為、表面に塗装をしてあります。なので定期的な点検をしましょう。

劣化による塗膜の色褪せ、雨漏りによるコケに注意!

スレートの劣化
スレートに塗られていた塗料が紫外線によって劣化してしまい、塗膜の効果がなくなり、色褪せの症状が出ています。この症状はすでにスレート自体が吸水する状態になっているというサインになります。このまま放置すると雨漏りの原因にもなってきます。
スレートの劣化
そして、写真の茶色くなっている部分はスレートが雨水の水を吸収することによってコケが生えてきます。防水効果がなくなり常に水を吸った状態状態になるとコケが繁殖します。コケが繁殖するとスレート自体をもろくしてしまいます。

点検をせずに放置しているとひび割れも発生します

スレート屋根の劣化
10年以上たつとひび割れもでてきます。点検をせず放置していると最終的には欠けてきてしまいます。小さいひび割れなら少しの補修で済みますが、大きくなってくるとスレートの部分交換になります。さらに数が増えてくると塗装ではなくカバー工法や葺き替えが必要になってきます。そしてひび割れと一緒で水を含むようになったスレートが激に表面から乾いたことによって、反ってもきます。一度反ってしまったスレートは修復は不可能です。

雨樋が外れていました・・・

1bfede30592ab28fc6a65a6496821713-columns1
点検に行った際に雨樋も外れていました。雨樋とは屋根に降った雨水を集めて、地面に流す役割をしてれるものになります。壊れたままにしておくと屋根からの雨漏りの原因になったりもします。雨樋から濡れ出た雨水は外壁や地面へと流れていき、お家の土台部分を傷めたり、外壁の内側へと流れていき、カビが発生したりします。

外壁も点検させてもらいました

チョーキング現象
続いて外壁の点検もさせて頂きました。こちらのお宅ではチョーキング現象が起きていました。チョーキング現象とは塗膜の劣化のサインです。触った際白い粉が手につきます。チョーキングを起こしてしまうと外壁から剝がれてしまっsた塗膜が雨や雨漏りで流されたりして色褪せの原因にもなります。
外壁ひび割れ
こちらの外壁はサイディングという外壁材で建物の外壁に貼る仕上げ用の板材のことです。耐水性・耐天候性に優れていて、種類・デザインが豊富といった特徴があります。ひび割れが起こると隙間から雨漏りの原因にもなります。雨漏りと言うと屋根から発生するイメージを持つ人も多いですが外壁からも雨漏りすることも少なくはありません。点検をしっかりしておきましょう!

定期的な点検をしましょう!

雨漏り点検にいって、塗料の劣化や雨水によってコケが生えてしまったり、雨樋が壊れしまっているのも確認できました。
外壁にも塗膜の劣化がみられたりもしました。

屋根や外壁、雨樋などお住まいに関するお困り事がありましたら街の屋根やさん大阪松原店までいつでもお問合せしてくださいね!!些細な事でも喜んで駆け付けます(*‘ω‘ *)♪

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ソーラパネル付きのスレート屋根

富田林市にてスレート屋根の雨漏り調査のご依頼をいただきました。今回のお宅のスレート屋根には、ソーラーパネルが設置されておりソーラーパネルを設置している屋根は他業者様ではお断りされるケースもありますが、当社ではソーラーパネルが設置されていても...........

屋根リフォーム

和泉市で屋根リフォームのお問い合わせをいただいたので調査に行かせてもらいました。後日工事内容をご提案させていただきました。では、その内容をご紹介したいと思います

カーポートパネル損傷

柏原市にてカーポートパネルが飛散したとのご連絡があったので調査に行かせてもらい、後日工事を行いました。その様子をお伝えしたいと思います

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913