オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

羽曳野市にてカバー工法【雨漏り調査後】


今回のお客様は先日雨漏り調査に伺った方で、実際雨漏りはしていませんでしたが、屋根の劣化や色褪せの症状が出ていたので、既存の屋根を残したまま上から新しい屋根材を被せる「カバー工法」をご提案させて頂きました。
屋根リフォームにはカバー工法・葺き替え・塗装の3つの工法があります。今回はその中のカバー工法をさせて頂きました。もし、既存の屋根材がボロボロで交換しないといけない場合は屋根を丸ごと新しくするため、費用もたくさんかかります。カバー工法の場合は、屋根全体の解体がなく、廃材も少ない為コストを抑えられます。そして、既存の屋根に被せていくので屋根自体が二重構造になり、断熱性の向上・耐久性が増すといったメリットがあります。

では実際に行ったカバー工法工事の様子を見ていきましょう!!

雨漏りに繋がる劣化症状【カバー工法をご提案】

スレート屋根ひび割れ
こちらのお宅の屋根材は「スレート屋根」です。
赤い丸印を見て見て下さい。色褪せ・ひび割れといった症状が見られます。スレート屋根にも寿命があります。なぜなら、スレートはセメントが主成分でできているからです。製造される時にはすでに塗装されていますが、その塗装が紫外線で劣化すると、雨が降った時に水分を吸収してスレート自体をボロボロにしてしまいます。
色褪せ・コケの繁殖・ひび割れ・かけ・反りといった劣化症状を見逃してしまうと、スレート屋根の寿命が縮んでしまう恐れもあります。メンテナンス時期を知らせるサインを見逃さないようにしましょう!

雨漏りから守ってくれる防水シート【改質アスファルトルーフィング】

改質アスファルトルーフィング
まずは既存の屋根材の上から、改質アスファルトルーフィングという防水シートを使っていきます。改質アスファルトルーフィングは耐用年数が長いです。実は、防水紙の耐用年数は屋根リフォーム時期に大きくかかわってきます。屋根材よりも防水紙の耐用年数が短いと屋根材がまだ持つにもかかわらずいったん屋根材を外して防水紙を交換しないといけません。そんなことは避けたいですよね・・・きちんとプロの方に見てもらい、どういったものがいいかを判断してもらいましょう!
防水シート
改質アスファルトルーフィングシート
はゴムを混ぜ合わせている為、ゴムによる伸縮性があるため、釘やタッカーによって生じる穴からの漏れ水を防ぐことができます。また、高温に対してだれにくく、低温に対しては割れにくいです。防水性・耐久性・寿命のいずれも優れている為、雨漏りから長期間建物を守ってくれます。

一緒に棟板金の交換もしていきます

棟板金交換
今回はカバー工法と一緒に棟板金の交換も行いました。
棟板金というのは、屋根の頂点で尖った部分(棟)の板金のことを言います。
棟板金の役割は頂部の保護です。屋根の傾斜・形状に合わせて板金を加工して阿万傷の侵入を防いでいます。屋根頂部の保護という大事な役割を担っている棟板金ですが、頂部だからこそ風の影響を受けやすく被害が出やすい箇所でもあります。
では、まず新しい木製の貫板を設置していきます。
棟板金工事
その上から新しい棟板金をビスで固定していきます。そして仕上げに棟板金の接合部をコーキングし、防水処理を行います。きちんと防水処理を行うことによって、雨漏りを防ぎます。

スレート屋根からガンバリウム鋼板

カバー工法・棟板金交換
今回は屋根材にガンバリウムを使用しました。
ガンバリウムは金属だけど「軽い・錆びにくい・耐久性が高い(25~30年ほど)・安い」といった特徴があります。また、屋根の他に外壁や雨樋、ベランダ周りに使われる素材です。屋根材にガンバリウムを使用することで耐震性が高くなり地震に強い家になります。家の高いところである屋根を軽い素材にすることによって家の重心を下げることができ、揺れが起こっても家を支える部分に負担がかからず、丈夫な家になるのです。
スレート屋根カバー工法
取り付け完了です。ガルバリウム鋼板はスレートと比較してメンテナンス性、耐震性の点で大きなメリットがあり、屋根材としてかなり優れた素材です。耐用年数が25~30年と長い為、塗り替えや葺き替えの手間やコストを抑えたい方にはうってつけです!しかし、つなぎ目や周辺の部品は紫外線によっても劣化してしまいます。なので10年に一度は業者の方に見てもらいましょう!
今回雨漏りなどの症状はなく、屋根下地自体は傷んでなく、屋根表面の劣化が少し見られたので、お客様とのヒアリングの結果、既存の屋根に被せていく「カバー工法」を行いました。雨漏りする前にこういった対処をすることによって雨漏りを防ぐことができます。屋根の状況や劣化具合によってメンテナンス方法が異なります、屋根工事をされる際は工事内容をしっかり把握しておき、信頼できる業者に依頼してくださいね!

今回の様にカバー工法をされている方の施工事例をご紹介させて頂きますね!ご参考までに♪
堺市で雨漏り被害 カバー工法での屋根リフォーム完工しました

雨漏りの心配、屋根や外壁についてのお困り事などあれば、街の屋根やさん大阪松原店にご連絡下さいね(*^▽^*)

同じ工事を行った施工事例

施工事例

住吉区にて台風の強風で破損したベランダ屋根の波板修理

ベランダ屋根のポリカ波板交換
ベランダ屋根の波板交換
工事内容
屋根補修工事
台風
3階建て
使用素材
ポリカ波板
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
5.5万円
施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

羽曳野市にて屋根補修 瓦の葺き直しと漆喰を火災保険で対応

瓦のずれ
ラバー工法
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
火災保険
台風
使用素材
既存の瓦とラバー、漆喰など
築年数
築40年以上
建坪
35坪
保証
1年間
工事費用
15万円
施工事例

羽曳野市にてベランダ屋根のポリカパネル交換工事の事例

2階のベランダのポリカパネル
ベランダ屋根のポリカパネル交換
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネートパネル10枚
築年数
約20年
建坪
30坪
保証
1年間
工事費用
18万円
施工事例

羽曳野市にて台風の強風による被害で瓦屋根補修工事を行いました

台風21号による被害
瓦補修工事の完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦と既存瓦、漆喰
築年数
築40年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天窓

今回こちらのお宅の屋根では雨漏りしているとのご相談を頂き、以前点検に伺っておりました。屋根を確認させて頂くと、こちらのお宅には天窓がついていました。天窓がついていますが、屋根リフォームは可能です!今回屋根リフォーム内容として「カバー工法」を...........

部分足場の組立

藤井寺市にて、瓦屋根の修理をする前に、先日点検に伺ったんですが、軒先部分の瓦屋根が経年劣化によりズレてしまっていて、雨水を排出してくれる雨樋にまでかぶってしまっていました。これでは上手く屋根の雨水を雨樋に流すことができずにそのまま外壁や床に...........

ドローンで上空から撮影した瓦屋根の様子

今回は藤井寺市にて瓦屋根修理のお問合せをいただきました。ご依頼いただきましたきっかけは瓦屋根のズレです。通常の瓦屋根は雨樋よりも手前に設置されており屋根に降り落ちた雨水が雨樋を通り排水されます。しかしこちらのお宅の瓦屋根は経年劣化によりズレ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913