オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大阪市阿倍野区 築60年危険な状態の瓦屋根の応急処置のご依頼


今回は大阪市阿倍野区にて解体予定の瓦屋根のお宅からご連絡をいただきました。

ご連絡いただきましたきっかけは、瓦屋根の崩れが危険な状態であったです。
後ほどお写真でご紹介させていただきますが、瓦の崩れが激しく実際に落下もしてしまいご近所様からの苦情があったとの事でご連絡をいただきました。幸い人や建物には落ちなかったようですが、今後何かあってからでは遅いのでご連絡いただけてよかったです。

今回のお宅は今後解体予定だそうで、本格的な屋根補修工事は行わずに応急処置を望まれていましたので応急処理の方法をご提案させていただきました。

では詳しくみていきたいと思います。



応急処理をご依頼いただきました瓦屋根のお宅の様子

屋根応急処置されるお宅
こちらが今回ご依頼いただきましたお宅です。築年数は60年を経過しており様々な箇所で危険な状態が発見されました。

応急処置が必要なトタン外壁のめくれ

トタン外壁のめくれ
こちらのお宅の外壁はトタンです。トタンとは亜鉛でメッキした薄い鉄板で出来ています。一昨年発生した大型台風の台風21号によりトタンがめくれ上がってしまい中の土壁が見えってしまっています。また、築年数もかなり経過しているので錆もすごいですね。本来ならば葺き替え工事等を施工させていただくのですが、解体予定があるという事で、部分補修をご希望されました。
外壁のめくれ
補修方法のご提案
トタン外壁はトタンとトタンを組み合わせて貼り付けています。既存の劣化した古いトタンを一度めくりあげ新しいトタンをそこに貼り付け、めくりあがっている部分を補修するという方法をご提案させていただきました。

ドローンで上空から瓦屋根の状態を点検

ドローンで上空から屋根点検
弊社ではドローンを使用して上空から屋根の状態を確認することができます。

従来は梯子を使用して点検をしていましたが、屋根全体の状態を把握することが難しく時間も要していました。また職人が直接屋根に登って点検していましたので屋根を傷つけるリスクが高かったので現在はドローンを使用して点検させて頂いています。

詳しく危険な状態を見ていきましょう。

ケラバの破損【すぐにでも瓦の応急処置が必要です…!】

瓦が崩れ穴が開いている
瓦が崩れてしまっている所はケラバと呼ばれる箇所です。ケラバは主に外壁を紫外線から守る日当たりの調整・雨水の吹き込みの防止 という役割があり建物においてとても大切な箇所です。
そんな大切なケラバが崩れてしまっています。穴もあいて下地が剥き出しですね。本来ならばすぐに雨漏りになる状態です。
ケラバの崩れ
幸いこちらのお宅のケラバは外壁より前に飛び出ているので室内へも雨漏りにはなっていませんでした。ですが瓦が今すぐにでも崩れ落ちそうな状態で大変危険な状態です。
こちらのお宅では5年以内に解体を予定されておりまして、瓦の落下を5年もたせたい、しかし解体する予定なのでそこまで費用をかけたくない。とのご要望でした。

危険な状態の瓦屋根 応急処置方法のご提案

瓦が崩れている
応急処置のご提案
1 瓦の差し替え…昔ながらの日本瓦の良い所は一枚から差し替えが出来る点です。まず劣化した問題のある瓦を全て取り除きます。もちろん固定している釘も抜きます。そして新しい瓦に専用の接着剤を塗り瓦と瓦のわずかな隙間に差し込みます。

2 ブルーシート養生…その名の通りブルーシートを使用して応急処置していきます。ブルーシートには♯1000、♯2000、♯3000など種類があります。その数字が大きければ大きいほど分厚くて重量が重いのです。もちろん分厚くて重量があればあるほど防水性や耐候性が高くなります。弊社のブルーシート養生ではシートに簡単に取れない両面テープを貼り付けその上から木材で打ち付け固定します。

冠瓦の応急処置のご提案

冠瓦の劣化
こちらの赤丸で囲んだ部分を冠瓦と呼びます。冠瓦とは棟瓦のうちの一つで棟の一番頂上に取り付けられた部分で雨仕舞(建物に雨水が侵入するのを防ぐこと)をする役割があります。

冠瓦の下は葺き土のし瓦が重なっていて、その上に冠瓦を被せています。年月と共に漆喰にヒビが出来ることがありそこから雨漏りのリスクも高まります。また葺き土ももろくなり雨で流れ棟が崩れることもあります。
  
今回のお宅の冠瓦は中の葺き土が丸見えの状態でかなり早急な補修が必要です。

応急処置のご提案
シルガードを使用した強化棟への交換をご提案しました。シルガードとは聞きなれない言葉ですよね。一言で表すと【南蛮漆喰】のことで従来の漆喰よりも耐久性や防水性が高い非常に優秀な漆喰です。
このシルガードを使用し地震に強い強化棟への交換をご提案しました。

詳しい様子についてはこちらに掲載がございますので良ければご覧ください。


弊社では応急処置にも対応しています!無料で点検もさせていただきます

街の屋根やさん松原店では本格的な屋根工事はもちろん、急を要する応急処置にも対応しております。
危険な状態での放置は危険ですのでなるべく早くご相談されることをお勧めします。

また、街の屋根やさん松原店では点検~お見積もり提示まで無料でさせていただいております。点検はしたいけど本当に工事を依頼するかはわからない。というお客様も大歓迎ですのでお気軽にご相談お待ちしております。

お問合せはこちらから。

瓦屋根や応急処置について他事例の掲載もありますのでご覧ください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

住吉区にて台風の強風で破損したベランダ屋根の波板修理

ベランダ屋根のポリカ波板交換
ベランダ屋根の波板交換
工事内容
屋根補修工事
台風
3階建て
使用素材
ポリカ波板
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
5.5万円
施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

大阪市阿倍野区にて台風被害の瓦補修と漆喰工事の施工事例

鬼の漆喰
鬼瓦漆喰
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰と新しい瓦
築年数
40年以上
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約20万円
施工事例

阿倍野区にて台風被害!瓦屋根からスーパーガルテクトへ大変身

台風被害瓦破損
ガルバリウム鋼板葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
台風
使用素材
スーパーガルテクト(フッ素)
築年数
約40年
建坪
保証
5年間
工事費用
約160万
施工事例

阿倍野区で破損したスレート瓦を複数枚の交換を行いました。

屋根の現状
屋根の交換完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
スレート瓦
築年数
15年前後
建坪
20
保証
工事費用
2万円(スレート瓦差し替えのみ)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天窓

今回こちらのお宅の屋根では雨漏りしているとのご相談を頂き、以前点検に伺っておりました。屋根を確認させて頂くと、こちらのお宅には天窓がついていました。天窓がついていますが、屋根リフォームは可能です!今回屋根リフォーム内容として「カバー工法」を...........

部分足場の組立

藤井寺市にて、瓦屋根の修理をする前に、先日点検に伺ったんですが、軒先部分の瓦屋根が経年劣化によりズレてしまっていて、雨水を排出してくれる雨樋にまでかぶってしまっていました。これでは上手く屋根の雨水を雨樋に流すことができずにそのまま外壁や床に...........

ドローンで上空から撮影した瓦屋根の様子

今回は藤井寺市にて瓦屋根修理のお問合せをいただきました。ご依頼いただきましたきっかけは瓦屋根のズレです。通常の瓦屋根は雨樋よりも手前に設置されており屋根に降り落ちた雨水が雨樋を通り排水されます。しかしこちらのお宅の瓦屋根は経年劣化によりズレ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913