オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

藤井寺市にて波型スレート屋根で雨漏りが発生。カバー工法をご提案!


波型スレート屋根を使用しているモータープールの持ち主の方からご連絡を頂き、雨漏りがしているとのことでした。こちらの屋根は築年数が経っており劣化具合がひどく、過去にも何度か雨漏りがあり、修理をされているのですが、また別の箇所からの雨漏りが発生してしまったようです。どこからが原因なのか、詳しく調べて確認していきます。では見ていきましょう('◇')ゞ

屋根の劣化により外壁のトタンにも雨水が流れてしまっています

波型スレート屋根からの
今回雨漏り修理のご依頼を頂いた雨漏り修理はモータープールの波型スレート屋根です。工場や倉庫でよく使われているので見かけることがあると思います。外壁は正面からも見てわかるように劣化具合がひどく、錆が目立ちます😢

屋根の劣化が原因で雨水が外壁にも流れてしまい、外壁の素材はトタンになります。錆びてしまっていて、見た目も気になりますよね。

波型スレートとは?

雨漏り修理箇所
波型スレートとは波板スレートとも言います。セメントと繊維を混ぜ込んだもので文字通り、波の形に加圧成型して固めたものです。多くの工場や倉庫に使われてきた理由は法定不燃材・遮音性・価格・税制面での優遇など優れた特徴を多数備えているからなのです。

倉庫などでよくみられる雨漏りの症状

トタン屋根劣化
今回の様に耐用年数が結構経っている波型スレートでの雨漏りの原因は劣化もありますが、最初に不具合を起こすのは固定しているフックボルトの錆です。これらが錆びてきて、隙間などができてしまい、雨漏りが発生する症状は古い工場や倉庫でよく起こっている問題です。

シーリングやコーキングでそれなりの対応できますが、キリがないのでいたみが見られるフックボルトはすべて交換し、交換後は錆びを防止するためにボルトキャップを被せましょう。

フックボルトが錆びると波型スレートに隙間ができ、雨漏りが発生したり、飛散しやすくなります。早めに対処で被害拡大を防ぎましょう。

波型スレート屋根のメリットとデメリット〇×

劣化による雨漏り
波型スレートのメリットとデメリットについて・・・

メリット
1.耐久性に優れている
2.耐火性に優れている
3.遮音性に優れた建材
4.比較的安価な建材

デメリット
1.2004年以前のものにはアスベストが入っています(それ以降にはほぼ入っていない)
2.土埃などがつきやすくて、汚れやすい

棟板金の破損は雨漏りの原因になります

雨漏り修理
こちらは以前雨漏りしたのを修理した箇所で、棟板金部分がめくれているのが確認できます。棟板金は風に影響が受けやすく、剥がれ・飛散・変形といった不具合が発生することが多いのですが、なぜ棟板金は風の影響を受けやすいのでしょうか?それは最も高いところにあるからなのです。棟板金は屋根の中でも頂上部分に設置されている為、風の影響を受けやすく、被害に遭いやすい部分なのです。

波型スレート屋根は耐用年数が長い!ですが・・・

トタン屋根修理
先ほどもお伝えしましたが、波型スレートは耐久性に優れています。耐用年数は25年以上と言われており、こまめなメンテナンスが必要ないところが最大の強みです。ただし、波型スレート自体は強いものの、それを固定しているフックボルトなどは金属ですので錆びやすく、こまめに点検してあげないといけません。

耐久性が優れているからと言って点検を怠ると、雨漏りに繋がってしまうので気を付けましょう!!

今回の雨漏り修理内容として「カバー工法」がおススメ

モータープール雨漏り修理
雨漏り箇所と思われる箇所はこちらになります。ほかの箇所と違ってかなり劣化し、錆びて色が変わってしまっているのがわかりますよね。

補修として塗装もいいですが、ここまで錆が広がると穴があいてしまったりして、そこから雨漏りを引き起こすケースも少なくはありません。

リフォーム内容として【カバー工法】をご提案しました。
駐車場の屋根・修理
カバー工法とは・・・
一般的に屋根のカバー工法は既存の屋根の上から重ねて新しい屋根材を取り付ける方法です。既存の屋根材がボロボロで交換しないといけない場合は屋根事新しくするため、解体費や廃材処理費がかかってしまいます。

ですがカバー工法の場合、屋根全体の解体をしなくていい為、廃材も少なく、コストも抑えられます。

今回の様に波板スレート屋根を使用していることから、アスベスト入りの場合は、撤去費用がかなり掛かってしまうので、カバー工法を選ぶ方もいます。

※アスベスト入りの屋根材でカバー工法をする場合、悪いものを蓋しているのと同じなので、できるだけ撤去してしまうのがおススメです。
今回は雨漏りをしている箇所だけではなく、屋根全体の劣化具合とコスト面での関係でカバー工法をご提案させて頂きました。

街の屋根やさん大阪松原店はおうちの屋根だけではなく、今回のようにモータープールの雨漏り修理のご依頼も承っておりますので、お気軽にご相談下さい!

カバー工法の内容記事がありますのでご参考にしてください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

住吉区にて台風の強風で破損したベランダ屋根の波板修理

ベランダ屋根のポリカ波板交換
ベランダ屋根の波板交換
工事内容
屋根補修工事
台風
3階建て
使用素材
ポリカ波板
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
5.5万円
施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天窓

今回こちらのお宅の屋根では雨漏りしているとのご相談を頂き、以前点検に伺っておりました。屋根を確認させて頂くと、こちらのお宅には天窓がついていました。天窓がついていますが、屋根リフォームは可能です!今回屋根リフォーム内容として「カバー工法」を...........

部分足場の組立

藤井寺市にて、瓦屋根の修理をする前に、先日点検に伺ったんですが、軒先部分の瓦屋根が経年劣化によりズレてしまっていて、雨水を排出してくれる雨樋にまでかぶってしまっていました。これでは上手く屋根の雨水を雨樋に流すことができずにそのまま外壁や床に...........

ドローンで上空から撮影した瓦屋根の様子

今回は藤井寺市にて瓦屋根修理のお問合せをいただきました。ご依頼いただきましたきっかけは瓦屋根のズレです。通常の瓦屋根は雨樋よりも手前に設置されており屋根に降り落ちた雨水が雨樋を通り排水されます。しかしこちらのお宅の瓦屋根は経年劣化によりズレ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913