和泉市台風でスレート屋根棟板金、破風(はふ)部が破損!修理依頼


和泉市にて以前の台風の影響で、屋根の棟部分の板金と破風部が破損しておられ修理希望でお問合せ頂きました。
ドローンによる点検を行った様子を現場の写真を見ながらご紹介させて頂きます。

では早速今回の現場ブログ行ってみましょう😊



屋根修理破損箇所の点確認

ドローンによる点検
和泉市にて屋根修理のお問合せ。こちらのお宅はスレート屋根と言う種類の屋根で、築約20~30年程の建物です。

スレート屋根とは屋根材の一種でセメントを主な材料として薄い板状になっており、軽量で耐久性に優れているのが特徴です。色やデザインの多さ、瓦屋根等に比べて比較的安価で施工出来る為、とても広く使用されている屋根です!
他にもカラーベストやコロニアルなどと呼ばれる事があります。

ではドローンよる点検の様子を見ていきます。

屋根破風部分が大きく破損

下から目視出来るほど破損した破風
まずドローンを飛ばす前に下から目視出来る所に破損個所がありました。写真から見て頂けると思いますが、
屋根の破風部分が剝がれてしまっています。

ここの箇所はやはり下からでも確認出来る事から、お客様自身も確認出来ていた様でした。

皆さんは屋根の破風部分と聞いて’’ピン’’と来るでしょうか?
破風部分ってどこ?って思われる方も多いと思います。では、屋根の破風とはどこの部分かを簡単にお話します。

破風とは屋根の妻側の端の部分の事を指します。そこに張り付けられている板を破風板と言います。
伝統的な建物では、彫刻を施した板が張り付けられて装飾性を持っていましたが、現在の建物ではシンプルなデザインの物が主流になって来ました。

この破風部分何のために作られているのでしょう?主な役割はその名の通り雨や風を打ち破り建物を守る為です。
その他防火性を高める目的やお家には必ず設置されている雨樋の下地として重要な役割を果しています。
その為破風部分に取り付けられている破風板は建物を守る為には欠かせない部材と言えます。

破風板の下地に腐食発見

破風の下地腐食
ここからはドローンによる点検です。

ドローンはなかなか撮影できない様な場所でも近くで撮影する事が可能です。
先程の破風板が割れてしまっていた箇所です。

雨や風から建物を守っているはずの板が無いので、雨水の侵入を防ぐ事が出来ない状態です。

雨水の侵入を思わせるシミ跡がくっきり残っています。
実は雨漏りは屋根だけじゃなく、こういう箇所から侵入した雨水が下地に染み込み結果雨漏りを引き起こしてしまうケースもあります。
破風部のケイカル板落下箇所
破風部の反対部分です。

直接雨や風の影響を受ける箇所なので、しっかり修繕してメンテナンスを行う必要があります。

屋根は上から吹く雨や風に対しては建物を守ってくれます。
しかし横や下からの雨風には弱い特徴があります。

破風板がある事によって屋根内部への吹き込みを防止してくれるのです。

台風により屋根材の破損、剝がれ

破損したカラーベスト落下
写真は屋根材であるスレートが割れて一部落下してしまった様子で、雨樋に詰まっています。

この様な箇所はお客様自身ではなかなか発見しにくいかと思います。

どの部分の屋根が割れてしまっているのかもしっかり確認していきます。
棟板金破損・カラーベスト剝がれ
屋根材が割れているのが確認出来ます。

スレートの耐用年月は一般的に20~30年とされています。約10~15年おきに塗装によりるメンテナンス行なう必要がある屋根材です。

今回の様に台風や予期しない雨風によって破損してしまった場合はメンテナンス時期にかかわらず修繕しておく事をお勧めしています。




屋根の棟板金が飛散していました

棟板金の破損・落下
屋根の棟の板金がすべて割れて飛散してしまっていました。
スレートの屋根に使われる棟板金は下地となる材木を施工した後に板金を被せます。板金留め付け用の釘で施工されていますが、長年雨風にさらされる事により留め付け用の釘も劣化してきます。

そうなると板金を固定していたものが弱くなり台風や強風により板金が浮き上がり飛散してしまったりという不具合が起こってしまいます。

棟板金は屋根と屋根の山状(角)部分の接合部を板金で覆雨水の侵入を防いでくれる大切な部分であり、なおかつ屋根材をしっかり固定する為に取り付けられています。

この部分が破損すると固定されていたはずの屋根材が剝がれ、飛散、落下などの不具合に繋がります。

ここからの雨漏りの危険性も高くなりますよね?今回の点検の結果をお伝えし屋根を修理する為に最善なメンテナンス方法をご提案させて頂き、お客様の大切なお家を守る為のお手伝いが出来ればと思っております。

この様に屋根のお困り事などありましたら、些細な事でも構いません!ぜひお気軽にお問い合わせください。

他にも屋根補修工事の事例がありますので是非参考にして下さいね(*^-^*)

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

大阪市住吉区にて台風の強風で破損したベランダ屋根の波板交換

ベランダ屋根のポリカ波板交換
ベランダ屋根の波板交換
工事内容
屋根補修工事
台風
3階建て
使用素材
ポリカ波板
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
5.5万円
施工事例

大阪市平野区にて台風被害 カラーベスト屋根の部分差し替え工事

カラーベスト屋根の割れ
カラーベストの入れ替え工事
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
スレート屋根
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
3.5万円

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市にて強風の雨の時に雨漏りが発生する瓦棒屋根の塗装と補修

瓦棒屋根 雨漏り補修
瓦棒屋根 雨漏り補修
工事内容
雨漏り修理
屋根塗装
台風
マンション
使用素材
日本ペイント ルーフペイント
築年数
35年
建坪
85坪
保証
3年
工事費用
35万
施工事例

和泉市のお家で遮熱フッ素塗料で屋根塗装工事を行いました。

屋根塗装前
屋根塗装後
工事内容
屋根塗装
使用素材
アレスクール2液F
築年数
15年前後
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
25万円(屋根塗装のみ)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガルテクト貫板

★羽曳野市にて、IG工業さんのスーパーガルテクトを使い屋根の葺き替え工事を行っていまして工事も最後の大屋根部の棟金物を付けて完了となります。画像の木が見えている箇所は、貫板です、こちらの板に棟金物を被せてビスで止めて行きます('ω')ノ

10445

✭和泉市にて屋根の棟と破風板の補修修繕工事を行いました。まず冒頭でお読み頂いたと思いますが今回ご依頼ご依頼下さりましたお客様のお家の屋根の傾斜(角度)があり、足場なしでは、作業が困難で、職人にとっても危険を伴います。✭傾斜(角度)がない、お...........

漆喰打ち直し

松原市にて、昨年来た台風21号の影響で瓦がズレてしまい以来雨漏りをしてお困りだとお問い合わせを頂きました。お客様のお悩みを解決するべく、すぐに無料点検にお伺いしました。他にも屋根を修理してくれる業者様も当たられていた様ですがなかなか納得の行...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913