オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

阿倍野 瓦屋根補修工事【瓦屋根が今にも崩れてきそうとのご相談】


こんにちは!
街の屋根屋さん大阪松原店です!

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

現在お住まいのお宅ではないのですが、築年数がかなり経っており
「今にも瓦屋根が崩れてきそうで、近隣にご迷惑をかけてしまうかもしれない」
お客様からご相談を頂き、屋根補修工事を行うことになりました。

今回瓦が崩れてこないよう補修するにあたって、板金を使用させて頂きました。

♦♢♦♢♦♢この記事では瓦屋根の補修工事の内容をご紹介していきます♢♦♢♦♢♦




瓦屋根補修していきます

補修作業の前のお写真になります。

一度補修工事をされていますが、こちらを取ってから
新しいものを被せていく補修内容になります。
瓦屋根補修
現在ついている瓦がズレてこないように付いている板金が経年劣化により、板金自体に錆が確認できます。
この状態では危ないのでいったん外して、補修工事を行っていきます。

瓦屋根補修の際に必要な足場組立作業

屋根補修工事をする前に足場を組み立てさせて頂きます。

基本的にはこのようにシートを設置します。
このシートの設置によってほこりや騒音を防止することができ、
近所への配慮もすることができるのです。
足場組立
今回は屋根補修する箇所のみ足場を組み立てさせていただきました。

足場を組む理由として職人の安全管理です。
高い場所で作業を行うときは、職人が落下して怪我を負ってしまわないよう、足場を設置することで安全性を引き上げているのです。

既存の板金をはがして状態を確認していきます

経年劣化した板金をはがした状態です。

・~・~・瓦屋根の構造は?・~・~・

簡単に説明しますと
垂木と呼ばれる木の棒があり、
垂木の上には野地板があり、
野地板の上には防水シートがあり、
そして、瓦という順に構造されています。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
瓦屋根補修・防水シート
□■□■□防水シートの役割□■□■□

屋根材の下に敷く防止シートは
別名「ルーフィングシート」とも呼ばれます。

この防水シートがあることで雨水が侵入したとしても排水されていきます。
⚠ない場合侵入した雨水が排出されず、天井に雨水が染み込んでしまうでしょう。

板金屋根
こちらのお宅は土葺き屋根でした。

土葺きとは土の重さを利用して屋根瓦を葺く工事方法です。

昭和20年程に建てられた木造住宅の瓦屋根に多く使われていました。
瓦屋根板金補修
現在では耐震性の影響で土葺きは行われていませんが、過去に地震の影響が少なかった地域では今でもたくさんの住宅が残っています。

新しい板金をかぶせ、瓦がズレてくるのを防ぎます

先ほどの土が見えないようしっかり板金をかぶせていきます。

見た目がガラッと変わり、
元々ついていた板金に比べると、頑丈に見えますよね!
雨漏りの心配もなくなります。

瓦屋根補修・板金張り替え
今回、瓦屋根補修に使用した板金は錆びにくい素材になります。
瓦屋根工事・瓦ズレ
ビスでしっかりとめ、瓦がズレてこないようにしました。

屋根補修を行ったことによって瓦が崩れ落ちてくる心配はないですね!


瓦屋根補修の次に棟補修を行います

棟板金とは

屋根の頂点にある板金の事です。
従来のものに比べると錆びにくく、丈夫になっています。

瓦から板金にかえることで強度が増します。

瓦屋根補修・棟棟
棟とは屋根の一番高いところにある部分になります。

瓦屋根の場合、冠瓦(かんむりがわら)と言います。
瓦屋根補修・棟補修
屋根補修の時と一緒で、棟部分も板金で補強していきます。


これで瓦屋根補修と棟板金補修の完了です!

今回は屋根全体の補修ではなく、一部の瓦屋根補修でした。
近隣にご迷惑をおかけしないようにとの相談を受け工事をさせて頂きました。

こういったように
「他のお宅にもご迷惑をかけないように」
とご相談を受けた事例もあります。

実際に瓦屋根のズレの補修を行った記事がありますのでご参考までに・・・

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

街の屋根やさん大阪松原店はお家のことでご心配なことや
気になる事、わからないことがあればいつでもご相談にのります。
メールでのお問い合わせは24時間受付中です。

ご説明をさせて頂いておりますのでご覧ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

住吉区にて台風の強風で破損したベランダ屋根の波板修理

ベランダ屋根のポリカ波板交換
ベランダ屋根の波板交換
工事内容
屋根補修工事
台風
3階建て
使用素材
ポリカ波板
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
5.5万円
施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

大阪市阿倍野区にて台風被害の瓦補修と漆喰工事の施工事例

鬼の漆喰
鬼瓦漆喰
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰と新しい瓦
築年数
40年以上
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約20万円
施工事例

阿倍野区にて台風被害!瓦屋根からスーパーガルテクトへ大変身

台風被害瓦破損
ガルバリウム鋼板葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
台風
使用素材
スーパーガルテクト(フッ素)
築年数
約40年
建坪
保証
5年間
工事費用
約160万
施工事例

阿倍野区で破損したスレート瓦を複数枚の交換を行いました。

屋根の現状
屋根の交換完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
スレート瓦
築年数
15年前後
建坪
20
保証
工事費用
2万円(スレート瓦差し替えのみ)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根補修が必要な瓦屋根

こんにちは。街の屋根やさん松原店です!今回は松原市にて【瓦屋根の漆喰打ち直しと強化棟取り直しの屋根補修】のお問合せを頂きました。実際に工事を始める前に大切なのは事前点検です。街の屋根やさん松原店では事前点検からお見積り提示まで無料でさせて頂...........

雨漏りの補修

こんにちは!街の屋根やさん大阪松原店です!♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢松原市にてお客様から雨漏りをしているとご相談を受け補修のご依頼を頂きました。一度点検させて頂く為、お家にお伺いさせて頂きました。この記事では雨漏り補修の点検...........

天窓

今回こちらのお宅の屋根では雨漏りしているとのご相談を頂き、以前点検に伺っておりました。屋根を確認させて頂くと、こちらのお宅には天窓がついていました。天窓がついていますが、屋根リフォームは可能です!今回屋根リフォーム内容として「カバー工法」を...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913