オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

富田林市にて屋根修繕を行うため、事前に無料点検にお伺いしました!


こんにちは!街の屋根やさん松原店キタヤマです!

今回は富田林市のお客様から「うちの屋根、特に棟板金の劣化がすごいので屋根修繕をしたいと思っています。とりあえず無料点検してもらえますか?」

とご連絡をいただきましたのですぐにお伺いさせていただきました。

こちらのブログでは、屋根修繕を行う前に事前に点検させて頂きました様子をご説明したいと思いますのでぜひご一読ください♪

※実際の施工の様子は後ほど公開予定です。

富田林市 屋根修繕をお考えのお宅

ドローンを使用して屋根を上空から点検します

ドローンを使って無料点検
屋根修繕を考えている場合、まずは屋根の状態を把握することが大切です。
街の屋根やさん松原店ではドローンを使用した屋根点検を実施しております。

ドローンを使用するメリット

従来は梯子を使用して点検をしておりましたが、直接屋根に登ることで屋根材を傷つけてしまうケースもありました。しかしドローンを使用することで屋根材を傷つけてしまう心配はありません。

また、ドローンを使用することで短時間で一度に屋根全体の状態を把握することができます。

街の屋根やさん松原店の無料点検

このドローンを使用した屋根点検と見積作成は全て無料でさせていただいております。もちろんその後の工事は強制ではありませんし、無理な勧誘も一切行いませんので屋根修繕をお考えの方は一度ご活用されてみてはいかがでしょうか♪

屋根修繕が必要な劣化症状:色褪せ

屋根修繕が必要な劣化症状
こちらがドローンで撮影した屋根の上空からの様子です。

まずこちらのお宅でみられました屋根修繕が必要な劣化症状は色褪せです。
こちらのお写真でも色褪せが確認されます。色褪せは防水機能低下のサインです。

屋根にはもともと防水機能はありません。屋根に塗装をすることで防水性を施しております。つまり塗装が剥がれ色褪せてしまうと防水性が劣化しているということなのです。


屋根修繕が必要な劣化症状:カビやサビなどの発生

屋根修繕が必要な劣化症状 サビやコケなどの発生
色褪せが進んだ状態がサビやコケ、カビなどの発生です。

屋根の防水機能が低下してしまうと屋根の状態はジメジメとした環境になりサビやコケ、カビなどが発生してしまいます。

これらの発生はすぐに雨漏りが発生してしまうという緊急性はありませんが、放置してしまいますと今後建物の寿命を縮めてしまう可能性がありますのでカビやサビ、コケなどの発生は屋根塗装メンテナンスのタイミングの一つとすることをおすすめします。

屋根修繕が必要な劣化症状:スレートのズレや欠け

スレートの欠け
こちらのお写真をご覧ください。スレートが欠けてしまっています!先程ご説明させていただきました色褪せやカビ等の発生に比べ、緊急性の高い劣化症状です。

スレートはなぜ欠けるの?

スレート屋根は日々、紫外線や雨の影響により劣化していきます。日々の紫外線や雨の影響で防水塗膜が劣化し水分を吸うようになります。

水を吸うようになったスレート屋根は雨が降るたびに膨張し、その後収縮を繰り返してスレートがずれたりひび割れたり欠けたりしてしまいます。

スレートが欠けるとどうなるの?
欠けた部分の隙間から雨水が侵入します。屋根材の下の防水シートにまで雨水が侵入してしまいますと、そこから建物が腐敗してしまうリスクがあります。

必ず業者にご相談することをおすすめします!

棟板金について

屋根修繕が必要な棟板金の劣化
つづいてご紹介させていただきますのが棟板金の劣化です。

棟板金とは?
屋根と屋根が重なる部分に被せられている金属の板のことで屋根にとっては重要な役割があります。

棟板金の役割は?
屋根に棟板金が設置されていることで屋根材の下に雨水が侵入することを防いでくれています。

棟板金の寿命は?
15年程度とされています。棟板金は建物の中でも一番雨風の影響を受けやすく壊れやすい部分でもあります。大型台風の際は飛散の被害も…。

屋根修繕が必要な劣化症状:棟板金の劣化

棟下地(貫板腐食)
屋根修繕が必要な棟板金の劣化症状は?

1:飛散や剥がれ
先程もご説明しました通り、棟板金は雨風の影響を受けやすく飛散や剥がれが起きる事が多々あります。もしそうなれば雨水は侵入し放題…雨漏りの原因となります。

2:釘の浮きや抜け
棟板金は釘で固定されています。しかし、釘自体は築7年程で乾燥と収縮を繰り返すことにより徐々に浮いたり抜けたりしてきます。


その状態が進みますと先程申し上げました通り、棟板金自体が浮いてしまったり剥がれてしまうことがあるのです。

3:貫板の腐食
棟板金の劣化を放置したままにすると雨水の侵入はどんどん進み、最終的には棟板金の下に設置されている防水シートや貫板にまで浸食し貫板が腐食してしまうことも…!

ここまでくると屋根だけの問題では済まされず建物全体の寿命をかなり縮めてしまう可能性がありますので棟板金の劣化の放置はおすすめできません!



屋根修繕を行う前に現地調査で屋根の状態を把握 まとめ

富田林市 屋根修繕まとめ
いかがでしたでしょうか?

屋根修繕を行う前にはぜひ南大阪ペイントセンターの無料点検をご活用ください♪

ちなみに…今回の事前点検をさせていただいた後に実際に屋根修繕をさせていただきました。そちらの様子を後日施工事例にてご紹介(施工内容や価格等)させていただきますのでお楽しみに!

お問合せはこちらから(24時間受付中)
TEL 0120-306-913(9時~18時)

新型コロナウイルス対策について

コロナ対策
新型コロナウイルス対策について

スタッフの検温・マスク着用・手指消毒の徹底
リモートや非対面での打ち合わせや調査も可能です

同じ工事を行った施工事例

施工事例

住吉区にて台風の強風で破損したベランダ屋根の波板修理

ベランダ屋根のポリカ波板交換
ベランダ屋根の波板交換
工事内容
屋根補修工事
台風
3階建て
使用素材
ポリカ波板
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
5.5万円
施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

富田林市 屋根修繕のため【棟板金の交換】をさせて頂きました!

棟板金交換前の様子
棟板金交換完成
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
約20年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

富田林市 屋根修繕のため屋根塗装をさせていただきました

屋根塗装 ビフォー
屋根塗装 アフター
工事内容
屋根塗装
使用素材
スーパーシリコンルーフペイント
築年数
約20年
建坪
30坪
保証
工事費用
約32万円
施工事例

富田林市にて屋根補修とベランダ屋根ポリカパネル交換などの事例

ケラバ板金の被害
ケラバ部分の板金修理
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
ポリカーボネートパネルなど
築年数
築20年くらい
建坪
30坪
保証
保証なし
工事費用
13万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

藤井寺市 屋根葺き替え

こんにちは!街の屋根やさん大阪松原店です!藤井寺市のお客様に屋根葺き替えのご提案をさせて頂きました。✓屋根葺き替えとは?これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材を葺き替える工事です。♦ご依頼を頂いたきっかけ♦・天井に雨染みを発見し雨漏りが...........

和泉市 雨漏り点検

こんにちは!街の屋根やさん大阪松原店です!和泉市のお客様より、雨漏り点検のご依頼を頂きました。この記事では✓雨漏り点検とは何をするの?✓費用はどのくらいかかるの?✓弊社で行った雨漏り点検のご紹介✓新型コロナウイルス感染症対策をご紹介していき...........

波板交換修理のご依頼

こんにちは!街の屋根やさん松原店です今回はベランダとカーポートの波板が破損してしまったため事前点検のご依頼をいただきました。波板は文字の通り、波打った形の板のことで、経年劣化でバキバキに割れている波板を見たことがある方も多いのではないでしょ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913