スレート瓦屋根のメンテナンス メリットデメリット①塗装編


大屋根施工前
スレート瓦のメンテナンスをする際に、塗装するのとカバー工法ではどちらが良いか?お悩みのかたも多いと思いますので、そぞれのメリット・デメリットについてお話したいと思います。


塗装でのメンテナンス メリットデメリット

塗装工事
スレート瓦を塗装でメンテナンスする際のメリットは
・カバー工法や葺き替えに比べて、大幅に安価で施工できる
・カラーバリエーションが豊富
・塗料のグレードも様々でフッソ塗料であれば15年以上耐久するものも有る

デメリットは
・カバー工法に比べると耐久性では劣る
・タスペーサー等の縁切り作業をしないと、塗装する事で逆に雨漏りにつながることもある。
・高圧洗浄を行わず塗装するとすぐにめくれてくる。 
・あまり古い状態のスレート瓦の場合、作業することで瓦がバキバキに割れてしまうことがある。


きちんとした施工ができる業者選びが重要

塗装工事
塗装によるメンテナンスは、やはりなんと言ってもカバー工法よりもかなり安価で施工出来る点です。また、遮熱塗料を塗ることで暑さを軽減したりする効果も期待できます。

ただし、塗装するにあたりタスペーサー挿入や高圧洗浄等、きちんとした施工をしてくれる業者に依頼しないと、雨漏りや早期のめくれにつながることがあるので注意が必要です。

スレート瓦のなかには塗装出来ない屋根材もありますので、そういう場合はカバー工法か葺き替えするしかありません。





屋根現状
こんな場合は塗装がオススメ

・築20年以内、もしくは前回の屋根塗装から15年以内
・屋根の劣化状態が軽度で雨漏り等の不具合が無い
・メンテナンス費用を抑えたい
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913