オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根工事や屋根塗装では足場って必要なのでしょうか?


足場
外装リフォームでは、足場工事は必要な工事ですが、足場工事は費用はかさむものの工事のためのものなので、できればなしでお願いしたいと思うものです。特に、屋根工事や屋根塗装では、ハシゴを使って作業をすると足場なんていらないのでは?と思われる方も少なくありません。

今回は、そんな足場工事が屋根工事や屋根塗装で必要ないのか?を解説したいと思います。

ズバリ!屋根工事では足場が必要!とその理由

洗浄中
ズバリ!屋根工事や屋根塗装では足場が必要になってきます。
その理由は3つあります。

理由その1 ほこりや汚れ水、塗料が飛散する恐れがあるから
屋根工事では、例えば、屋根の葺き替え工事だと、瓦や土などを撤去する必要があります。その際に、ほこりが飛散することがあります。またスレート瓦の撤去だとアスベストを含む瓦もありますので、飛散をさせるわけにはいきません。

また、屋根塗装の場合、高圧洗浄時にドロドロの汚れ水が発生したり、塗装の際には、風が吹くと塗料が飛散する恐れがあるからです。

理由その2 作業品質を保つため
足場がないと屋根の先端の作業は、屋根に登って屋根の端ギリギリで作業しなければいけません。危険のともなう作業となり、先端ギリギリでの作業はしっかりとした仕事がしにくくなります。職人も人間なので、恐怖がないとは言えません。

理由その3 安全確保
高さ2m以上の作業は安全を確保しなければいけませんというルールがあります。当たり前ですが、危険な作業をすることは認められていないということです。

以上、3つ理由から、屋根工事や屋根塗装には足場が必要なのです。

足場なしでもできます!という業者さんには注意!

モニエル瓦の葺き替え
「弊社なら足場がなくても大丈夫ですよ!」という業者さんは稀にいらっしゃいます。このように説明する業者さんの作業は、足場を組まずにハシゴをかけて作業をします。そして、値段も格安でお客様にとれば魅力的かもしれません。

しかし、弊社が見てきた限りの話ですが、経験上あまりいい工事ではない様に思えます。屋根塗装でよくありがちなのが、他の業者さんで屋根塗装をしましたが、塗料がめくれてきたので見て欲しいという依頼があります。その工事の方法を聞いてみると足場なし工事が結構多いです。

塗料のめくれの原因を、調査すると、屋根の高圧洗浄不足や、下塗りの不足がほとんどです。まためくれの箇所は軒先が顕著ということもしばしば。つまり、足場がないために、軒先の作業がおろそかになっていると思われます。

もちろん、足場なしでもきっち作業を行う方もいると思いますが、足場なしの作業は危険ですし、事故があってはたまったものではありません。

屋根工事と外壁塗装をセットで行うのが理想

中塗り
やはり、足場工事をするなら、屋根工事(屋根塗装)と外壁塗装を一緒にするのがお得だと思います。足場の費用は、少なくとも15-20万円くらいはかかるもの、屋根工事と外壁塗装を別々にやる足場工事が2回必要になります。

弊社で工事依頼をしてくださる方のほとんどが、屋根と外壁を一緒に行います。屋根だけを考えているお客様でも、そのような提案をさせていただくことで、一緒にやってしまおうと考える方がほとんどです。ただし、将来の屋根と外壁のメンテナンス時期を同じになるように、塗料のランクを考えて選ぶ必要があります。

以上、今回は、屋根工事や屋根塗装に足場が必要なのか?をお話させていただきました。この記事に関することや屋根工事に関することなら、お気軽に街の屋根やさん大阪松原店までご連絡ください!

足場を組んで行った工事事例

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913