オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

スレート瓦を塗装する時に何故タスペーサーは必要なのですか!?


今回はスレート屋根とタスペーサーについて色々とお話をしていきたいと思います。
スレート瓦
まずこちらの写真が今多くのお宅で見られる事の多いスレート屋根です。色も多種あるためお洒落な外観を演出できます。
スレート瓦の種類はセメントと繊維質を混ぜて板状に成型した「化粧スレート」と粘板岩を薄く板状にした「天然スレート」の二種類があります。
天然スレートは天然の岩を使用するため非常に高価な為ほとんど普及していません。
その為多くのお宅で使用されているのは化粧スレートになります。
スレート瓦
スレート瓦自体に耐久性や防水性はありません!その為塗装によるメンテナンスは必要です。
またスレート瓦の寿命はおよそ10~20年と言われていますが塗装メンテナンスによって持ちが変わってきます。
タスペーサー
こちらの写真はタスペーサーです。スレート屋根を塗装工事する際には必要不可欠な物です。通常スレートとスレートの間には隙間があります。これはその隙間から雨水を逃がす為です。
しかし塗装を行うと塗膜で隙間が目詰まりしてしまいます!
すると逃げ場のない雨水が屋根裏にドンドン溜まってしまいます。水を逃がす為にタスペーサーを差し込んで隙間を作ります。雨水を流し雨漏り等が起こらない様にする為に要る物がタスペーサーです。
雨漏り調査
スレート瓦の種類や性質や塗装メンテナンスの必要性等色々と分かっていただけたんじゃないでしょうか。
またスレート屋根を塗装する際にタスペーサーの存在が必要不可欠な事も分かっていただけた事だと思います。
今回はここら辺で失礼いたします。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913