オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根塗装に使うのシーラレス塗料について今回詳しく説明します


かわらU
今回ご紹介さして頂く塗料は、屋根の塗装時に下塗り塗装が要らない材料について説明さして頂いてます。普段皆様が、屋根の塗装をお考えになって、お見積もりを取られて屋根の塗装項目を見ましたら、下塗り、中塗り、上塗りの3工程になっていると思います。

下塗りが、プライマー、シーラの要素が含まれていて、中塗り、上塗りが、お客様がお選びになった色で塗り重ねて合計3工程と言う事になります。


塗装工事
御社でも、現在は、3工程で屋根の塗装契約を頂いています。屋根はやはりお家にとって、直接日差しがかかってしまう箇所とになりますので、材料の役割分担された形をとらして頂いています。
カラーベストとかは、約10年くらいで劣化や、コケが生えて来たりしますので塗り替えの際には、きっちり洗浄(高圧洗浄)を行ってから塗装を行う様にしましょう。
屋根塗装後
シーラーレス塗料とは2回塗りの仕様でシーラー、プライマー、フィーラーの工程が省けるため、2工程で仕上げることができます。【あくまで下地が整っている場合には有効になりまして、下地が(素地)が悪い場合には、フィーラーを必ず必ず用いります。】

下地が良ければ、シーラレスの塗料で屋根を塗る事ができて、工程も短縮できて、お客様にとっても、1工程を省けますので、屋根塗装が少し安価で工事ができます。
大屋根塗装完了
シーラレス塗料とは、シーラーと仕上げ塗料とが、簡単に言えば、1つにまとめられているとお考えになって頂けたらいいと思います。


街の屋根やさん大阪松原店では屋根の塗装の方のご相談も、受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913