オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

瓦棒の屋根の塗装による塗り替えについて


瓦棒 塗装前
★そもそも瓦棒とは(・・?→い金属板葺き屋根の一種で傾斜の方向に一定な間隔で取り付ける棒状の材。この上に金属で囲みますので、雨漏れ等に強い。(心棒が入るタイプ)

★今回は心棒(角材)のないタイプの瓦棒屋根でのご紹介。以前塗装から、10年近く経ってますので古い塗膜が浮き上がってしまった状態になっています。

このまま放っておけば、金属が紫外線などのダメージにより劣化していってしまいます。
瓦棒 ケレン
★塗装前に必ず下地処理等(ケレン作業)にて古い塗膜が捲れ上がっている部分を皮スキ等を近い取り除き、研磨を金属にダメージが起こらないくらいで、かけてやります。

★この作業により、新しい塗膜を塗装しても、隙間から雨水の侵入いより、後に捲れを防止します。
瓦棒 サビ止め
下地が整ってから、サビ止めを塗装していきます。サビ止めを塗装する事により、上塗りの艶も出ますし、膜厚も付きますので、耐候性能が、1回塗りの仕上げより格段にアップします。
瓦棒 上塗り
★サビ止め塗装乾燥後に上塗りを、塗装していきます。上塗りは、ただ塗装するだけではなく、充分に材料を、塗装面のせてあげ仕上げていきます。

☆街の屋根やさん大阪松原店では、瓦棒等の雨漏り補修工事、塗装工事を、受け付けていますので、何か気になる点がございましたら、お気軽にご相談下さいませ。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913