オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

スレート屋根って良く聞くけど、どんな屋根材かご存じですか?


屋根の事をネット等で検索された事がある人なら一度は聞いた事があると思います。
よく耳にするスレート屋根と言う言葉皆さんは実際にはどんな建材でどのような特徴があるのかご存知でしょうか?

今回は近年主流になってきているスレート屋根について少し詳しくご紹介させて頂ければと思います。
スレート屋根の白っぽく劣化した状態
写真の様な形状の屋根がスレート屋根と言います。
瓦屋根が主流だった時代から近年はこのスレート屋根がとても多く使用される様になって来ました。

金属屋根でも瓦屋根でもない素材ですが主流になってきているスレート屋根。
ご自分の家の屋根がスレート屋根だとは気づかずに過ごしている方も多いのでは無いでしょうか?

ご自身のお家がどんな素材を使用してるのか?家をいい状態で保つためにはどのようにメンテナンスを行えば良いのか?
大切なお家を守る為に是非知っておいて下さい(*^-^*)

化粧スレートと天然スレート

カラーベストの入れ替え工事
これが綺麗な状態のスレート屋根です。
一部色が違う所は、台風の影響で飛散物が当たり破損してしまい、弊社にて補修をさせて頂いた箇所になります。

では本題に移りましょう?スレート屋根には大きく分けて2つの種類あります!
「化粧スレート」「天然スレート」です。

化粧スレートとはセメントと繊維材料を混ぜた厚さ約5㎜程度の平板状の屋根材です。
大半のスレート屋根がこの化粧スレートです。薄い板状になっている為軽量で運搬しやすく施工費が安くて済むのが特徴で化粧スレートも細かく分けると2種類あります。それが「石綿スレート無石綿スレート」です。
石綿スレート皆さんは「アスベスト」と言う言葉を聞いた事はありませんか?
このアスベストと言う言葉日本語で言うと石綿という意味なんです。以前アスベストを使用している建物をきちんと管理しておらず、劣化した部分からこのアスベストが飛散しそれを吸い込むことによって健康被害が出るなどとニュースになったのはまだ記憶にあると思います。
こちらの石綿スレートは平静18年に規制が強化され使用されなくなりました。
ですが平成18年以前のスレートにはこのアスベストが含まれており、劣化や痛み箇所からアスベストが飛散してしまう恐れもある為注意が必要です。

無石綿スレート平成18年以降アスベストの規制強化により、化粧スレートはアスベストが含まれない無石綿スレートになりました。現在スレート屋根などに多く使用されている化粧スレートはこちらの無石綿スレートの方になりました。



天然の岩石が原料

Photo_19-10-02-11-53-30.329-3-columns1
スレート屋根は色や形は様々です。写真の屋根もスレート屋根になります。

スレート屋根の種類で化粧スレートともう一つ「天然スレート」と言う種類があります。
この天然スレートは粘板岩などの天然の石を使った素材です。天然の石を使用し、その物の色合いや風合いを生かしている事もあり高級感もあるのですがやはり価格も高価になります( ゚Д゚)
塗料の使用が無い為屋根塗り替えの必要がなく維持費はかかりません。

この天然スレートは素材自体の重さが重い為耐震性には優れておらず、日本ではあまり使われる事がありません。
しかし天然の石の風合いや独特の発色と高級感はこのスレートが持つならではの物でヨーロッパの教会や国内では東京駅など歴史的建造物には用いられています。天然の岩石が原料になっているので耐久性は非常に高いのも特徴です。

塗装が劣化する事で雨漏りに繋がります

スレート屋根
ここまでで、近年良く聞くスレート屋根と言う建材をお分かりいただけましたでしょうか?
一言でスレート屋根と言っても細かく種類はあります。
現在主に使われているスレート屋根は色や形は様々ですが軽くて安価で施工しやすく耐震性に優れていると言う物です。薄さが5㎜程度と薄く、軽量と言うメリットがある一方その分強度は弱く割れやすいのがデメリットです。
紫外線などの外部刺激により変色やひび割れと言った劣化症状が出てきます。表面に施工されている塗装も年月が経つと色褪せや剝がれと言う劣化症状が現れます。
写真は塗装が劣化し塗膜が剝がれてしまっている状態です。こうなると塗膜による防水効果は期待できません。
雨漏りの危険も高まります。

スレート屋根の反りが目立ちます

カラーベストの反り
スレート屋根の適切なメンテナンス方法を理解し、いつまでも丈夫な建物を維持して欲しいと思います。
一般的にスレート屋根の寿命は15年~20年と言われています。メンテナンスの必要な時期です。
写真のスレート屋根は紫外線などの影響で浮き上がってしまっています。
もちろんこちらも放置しておくと雨漏りの原因になります。雨漏りが発生すると屋根のみならず建物その物の寿命を縮めることになり、メンテナンスの費用も高価な物になってしまいます。
色褪せや塗膜の剝がれ、ひび割れや劣化の症状が現れたら是非しっかりとメンテナンスを行う事をお勧めします。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913