オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏りからお家を守る欠かせない存在!防水シートの種類と特徴


今回ご紹介させて頂くのは、どんな建物にも必ず使用されている建材!
防水シートについてお話したいと思います。普段はメインの建材の下地になりあまり目立つ事の無い防水シートですが、建物を雨漏り等から守るのには防水シートは欠かすことが出来ません。
その種類や源材料は様々です。防水シートの重要性や特徴を見て頂きたいと思います。

建築用防水シート

ルーフィングシート施工
防水シートは、建築用の素材として雨の侵入を防ぐ為に屋根や外壁など屋外だけではなく、屋内の水回りの床にも使われています。防水シートと聞くとブルーシートの様な物を想像する人も多いのでは無いでしょうか?

建築用に用いられている防水シートは想像している様な物ではないかもしれません。
今回のコラムではこの建築用防水シートについて種類や特徴をご紹介させて頂きます。


仕上げ材の下地には防水シートが施工されます

ルーフィング、防水紙
日本は湿気の多い国としても有名です。初夏の梅雨時や秋の台風シーズンなど雨が長く続いたりする日も少なくありません。日本の建物の主な素材は木材です。木は湿度に弱く雨水が建物に侵入するとその湿気から腐ってしまいます。
それを防ぐ為に使用されるのが建築用防水シートです。「透湿防水シート」などとも呼ばれています。

防水シートは使用される建築材が木材でも金属でも下地には必ず施工される建材です。

主な用途は屋根や外壁など外からの防水です。このため屋外用防水シートは内側からではなく、外側から張り付けて使用されます。

隙間が出来ない様しっかり採寸しながら

IMG_1723-1-columns1
防水シートは「JIS規格」で定められた基準を満たしている事が必要になってきます。建築用防水シートなどと記載されてホームセンターなどで販売されてる商品はきちんと「JIS規格」を満たしていると考えても大丈夫です。

では建築用に使用される防水シートの特徴を見て行きましょう。さきほど「透湿防水シート」と呼ばれていると記載しましたが、これは通気性があり防水効果もしっかり出来るシートと言う事になります。

もし通気性のないシートで建物を覆ったら…
考えてみたらビニールハウスの中にいるみたいな感覚で息苦しくて大変ですよね?

建築用防水シートは通気性に非常に優れていると言う特徴があります。

外壁にも防水シートは施工されています

窯業系サイディングの下地
防水シートの特徴として、非常に軽量で施工しやすいと言うのがあります。特に屋根に使用する場合はシートが重いと建物自体に通常の状態でも負担がかかってしまいます。そこに雨水の重さがかかると最悪の場合屋根が落下してしまう。なんて事にもなりかねません。なので防水シートは非常に軽量に作られています。

この建築用の防水シートは比較的安価で施工が行えるため一般的な建物には良く使用されています。

では次に、屋根工事の際に良く耳にするアスファルトルーフィングと言う防水シートについて少しご紹介させて頂きます。
瓦やスレート、ガルバリウムなどの屋根材の下に引いているのルーフィングと言い防水シートのことです。
もちろん通気性が良く非常に軽量に作られています。現在普及しているルーフィングは大きく分けて2つあります。

ルーフィング種類と特徴

ルーフィングシート施工
ルーフィングの種類1つ目は「アスファルトルーフィング」です。これは黒や黒褐色の個体または半固体の物質です。
皆さんが分かる所で言えば道路のアスファルトと言えばイメージしやすいでしょうか?
このアスファルトをフェルト状の原紙に染み込ませ、その両面に鉄鋼物の粉末を付着させた物がアスファルトルーフィングです。道路を想像して頂けたら分かりやすいですが、アスファルトは雨水などを吸収しませんよね?
アスファルトルーフィングでもこのアスファルトによって防水効果を発揮しています。

施工方法も簡単でタッカーと言う大きなホッチキスの様な物でシート状のルーフィングを留めていきます。多くの施工会社がこの施工方法を採用しています。

アスファルトルーフィングと改質アスファルトルーフィング

改質アスファルトルーフィング
もう1つが「改質アスファルトルーフィング」です。別名で「ゴムアスファルトルーフィング」とも呼ばれています。
先程のアスファルトルーフィング同様にアスファルトに合成ゴムや合成樹脂を混ぜた物です。温度の変化に強く高温ではダレにくく低温では割れにくい特徴を持っています。伸縮性に優れている為タッカー留めや屋根材の釘打ち部分の穴からの浸水も最小限に抑える事が出来ます。タッカー留めによりステープル(タッカーの芯)で小さな留め穴は開きますが野地板に傷が付く事はありませんので、防水効果には支障はありません。
改質アスファルトルーフィングは自己伸縮性があり伸びや曲げに強いので、アスファルトルーフィングに比べて耐久性は高いと言えます。
改質アスファルトルーフィングの裏面には粘着層があり、そのまま野地板に張り付けて施工する事が出来る為タッカー留めに比べてもより防水効果を発揮してくれます。この施工方法によりルーフィングに小さな穴も開ける事無く施工する事が出来ます。

重要な役割ルーフィングシート

近年はこの改質アスファルトルーフィングによる施工が多くなってきている様です。

屋根や外壁等に使用されている建築用のルーフィング(防水シート)についてお話させて頂きました!
ルーフィングは屋根や外壁が完成してしまうと見えなくなってしまう建材です。しかしとても重要な役割をしているルーフィングの事を少しでも知っていただけたなら幸いです(*^-^*)

ルーフィング工事を行っている事例

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913