屋根の塗料の種類と耐久性についてご説明します。


このページでは屋根の塗料の種類と耐久性についてご説明させていただきます。

屋根の塗替えをするにあたって必ず選択しなければならないのが塗料の選択です。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが塗料にも様々な種類があり種類に応じて耐久性や遮熱効果など色々性能が違います。


屋根の塗り替えに使う塗料には大まかに分けて4種類あります。

ウレタン塗料

ウレタン塗料
1つ目にウレタン系の塗料です。

ウレタン系の塗料価格が比較的安くそこそこな耐久年数があり昔は主流の材料として使われていましたが屋根の環境は外壁に比べてきつく傷みやすいので最近ではあまり使われなくなりました。 

耐久年数は7~10年程

シリコン塗料

シリコン塗料
2つ目にシリコン系の塗料です。

現在最も使われている種類の塗料でオードソックスな価格で耐候性の高い塗膜を作るのでコストパフォーマンスはかなり良い分類に入ります。
後カラーのバリエーションも他の塗料に比べて多い方です。

耐候年数は12~15年程

フッ素塗料

フッ素塗料
3つ目はフッ素系の塗料です。

フッ素塗料は最高の耐候性を持ち相当な強さを発揮しますがその分価格が高くなっています。
しかし一度塗装を行うと次の塗り替え年数迄が長い為長い目で見ると実はそこまで高いものではないのです。
昔はフッ素塗料はビルなどの長期間塗り替えを行わないようなところに使用されていましたがここ最近は一般住宅にも使用されるようになってきました。

耐候年数は15~20年程

遮熱塗料

遮熱塗料
4つ目は遮熱塗料になります。遮熱塗料はそのままの意味で熱を遮ってくれる材料です。
近年温暖化の影響で夏が暑くなってきたので遮熱塗料を選ぶ方が増えています、遮熱塗料を塗装したお家の人に夏の過ごす暑さがだいぶマシになったとうれしいお声をいただきます。

ここで注意して頂きたいのですが遮熱塗料を塗ったから夏はエアコンを使わなくても過ごしていけるという訳ではありません。

遮熱塗料はシリコン系とフッ素系の塗料があります耐久年数も通常のシリコン系とフッ素系の塗料と一緒です。

次に塗装を行う工程をご説明させていただきます。

塗装工事の工程

屋根塗装前
この塗装工事ではフッ素系の遮熱塗料の塗装工事をおこないます。

まず足場を組んで安全に工事が出来る様にします。
屋根高圧洗浄
足場を設置してから高圧洗浄を行います。

確実に汚れが落ちるまでしっかり洗浄を行います。
洗浄をしっかりやらなかったらどれだけ強い塗料を塗っても埃の上に塗装してるようなものですぐにめくれてしまいます。
屋根下塗り
しっかり洗浄を行うと次に下塗りを行います。
この下塗りの塗料から遮熱効果がありますのでしっかり厚みを付けます。
タスペーサー設置
下塗りを行ったら中塗りを行う前にタスペーサーという屋根に隙間を開ける部材を差し込みます。

この部材を入れて屋根同士の重なり部分に隙間を開けないと最悪雨漏りが起きてしまうかもしれないからです。


屋根中塗り
屋根の中塗りをを行っていきます。

この上からもう一度同じ塗料で上塗りをします。
屋根上塗り
屋根の上塗りをしていってます。
塗り残しが無いようにしっかり確認して塗装していきます。
屋根塗装完了
これで塗装工事は完了しました。
全て工程が完了して後は足場を解体して終了になります。
ここでは大まかな工程でご説明しましたが詳しい工程や内容は施工事例の方にお載せしてますのでそちらをご覧ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913