オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根修理、火災保険が適用出来るって知ってますか?その条件とは?


今回は火災保険のお話です。近年増えてきている台風や大雪など、思いもよらない風災でお住まいの屋根や外壁といった建物に不具合が出た場合、修繕費用が火災保険適用されるとしたら修理の費用も最小限に抑える事が出来ます。

では、火災保険の風災保証とは?どのような場合に受けられるのでしょうか?

その条件や注意しなくてはいけない点についてご紹介させて頂ければと思います(*^-^*)

風災被害とは

漆喰詰め直し
まずは火災保険における風災とは→風災とは台風や暴風、突風、竜巻などの強い風による災害の事を言います。

台風や突風などに伴い強い風が吹くと屋根の瓦が飛んでしまったり、飛散物によって窓ガラスが割れてしまったりといった被害を受ける事があります。またそのような被害によって後に雨漏りが起こってしまい室内にも深刻な被害を受けてしまう様な場合もあると思います。

この様に風などの風災で建物や家財が破損して損害を受けた時に保証してくれるのが火災保険における風災保証です。

風災による屋根被害

隅棟の被害
次に、風災で起こる具体的な屋根被害とはどのような被害があるのでしょうか?
上記で紹介した風災により直接屋根を破損してしまった場合は当然保険の対象になります。その他飛ばされてきた物によって破損した場合やその被害によって発生した雨漏りなどの修繕は対象になります。

また屋根や外壁以外にも、台風などによってベランダが破損した、強風等でカーポートが破損または支柱が変形してしまった等の場合も対象になります。


風災と水災

ここで一つ覚えておいて欲しい事があります。台風の際に起こる暴風雨によって起こる被害も風災保証でカバーする事が出来ます。しかし床上浸水などの被害は風災保証では保証されません
床下浸水などの被害をカバーしてくれるのは「水災保証」です。

「台風や強風で吹き付ける雨などには風災・川の氾濫などの下からの水などは水災」と言う事を覚えておいてください。

火災保険申請の注意点

屋根の修理前
実際に火災保険が適用されたお宅の工事写真です。こちらのお宅は台風の被害で屋根の棟瓦が飛散し落下してしまいました。丸で囲んだ部分は瓦の割れも確認されました。

飛散した棟瓦によって割れてしまったと思われる箇所です。

こちらのお客様は、台風により瓦が落下していた為屋根の不具合にいち早く気付く事が出来たようでしたが、ほとんどの場合屋根の不具合に気付かない事が非常に多いのが現状です。

屋根は建物を守る為丈夫に作られている物です。たとえ台風の被害にあったとしてもすぐに雨漏りが酷くなったり、建物内部が腐食したりという目に見えて起こる被害が起こる事は少なく、なかなか不具合に気付く事が出来ない事が多いのです。
漆喰詰め直し、棟瓦補修
ここで火災保険の申請について注意しておかなくてはいけないポイントを紹介します。

火災保険の申請には期限が設けられており、その多くが3年という期限があります。
保険の請求期限においては請求の対象になる日から3年間請求が行われない時は、その請求の権利は時効により消滅すると定められています。

この為、何らかの被害を受けてから3年以上経過した場合は請求する事は出来ません。

被害状況から保証額を割り出す保険において被害を受けた日から時間が経過すると風災などとの因果関係を証明する事が困難になる為、保証対象にならないケースも多くあります。

プロの屋根専門業者にご依頼ください

瓦屋根落下
屋根は建物の中でも一番高い場所にありご自身で状態を確認するのは非常に難しい部分です。実際に雨漏り等が起こって初めて屋根の異常に気付く方がほとんどです。

私も実際に、ご自身で屋根に上がり点検した。と言うお声も少なからず聞いた事がありますが、とても危険な行為ですのでやめておきましょう。屋根の状態を確認する際は是非プロの業者さんに依頼してください。
弊社でも屋根や外壁等の無料点検は随時受け付けておりますのでお気軽にご相談下さいね😊




経年による劣化は保証されません

台風の強風で被害
最後に、火災保険の請求期限内にも関わらず請求できない場合もありますのでご注意ください

保険とは自然災害や思いもよらない偶発的な損害に対して補償されるものです。その為年月共に起こる経年劣化や建物の老築化の場合は保証適用外となります。風害による損害であっても年月が経てば経年劣化と診断される可能性もある為注意してください。

屋根修理の保証を受ける為の条件まとめ
・破損理由が風災だと認められる事
・風災による損害が起きて年以内である事
・屋根修理の費用が万円以上である事

以上の条件を満たしていれば火災保険の補償を受ける対象となります。また、保証を受ける際の申請はお客様自身で行って頂く事をお勧めしています。第三者による代行申請なども良く聞きますが、トラブルの原因にもなりやすく、保険会社によっては認めていない場合もありますのでご注意下さい。
その他、火災保険請求の際には、見積り書や被害写真等が必要とされますので、その様な依頼は信頼できる屋根修理業者などにご依頼くださいね。

大切なお住まいを守る為、また失敗しないメンテナンスを行う為にまずは定期的な点検をしてみてはいかがでしょうか?

屋根修理のご相談・無料の点検などお困りの際は、街の屋根やさん大阪松原店までいつでもお問合せ下さい(*^-^*)
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913