平野区にて地震に強いお宅に大変身!屋根の葺き替えで耐震性アップ


平野区にて屋根のメンテナンスを検討されていたお客様よりご相談です。

屋根をメンテナンスするなら、近年増えてきている地震による災害に強いお宅にしたいとのご要望がありました。
耐震性を強化するにはより軽量な屋根材に葺き替える事で、建物にかかる負担が大きく軽減されます。

記憶にある方も多くいらっしゃると思いますが、関東大震災や阪神・淡路大震災の時に倒壊した多くの家が重量のある屋根材が使用されていた建物でした。

今回は地震に強い屋根とは?と言う事で平野区で行われた屋根葺き替え工事を参考にご紹介させて頂きます。

日本の伝統的な瓦屋根

葺き替え前瓦屋根
私たち日本人には古くから馴染みのある瓦屋根ですが、現在は金属屋根や陸屋根の普及により徐々に減少してきています。

瓦屋根はその物自体の耐久性が長く、割れたりズレたりした場合でも1枚単位でも補修が可能であると言う特徴がある一方
他の屋根材に比べて非常に重量があります。
屋根部分に重量があると地震の時に揺れが伝わる重心位置が高くなり、その分遠心力が大きく働く為建物が受ける揺れは大きくなります。

瓦屋根が連なる風景は日本らしさを感じられ、私自身とても好きな屋根材ですが、地震に強い屋根と言う意味では他の屋根材よりも劣ってしまいます。

今回のテーマは地震に強い屋根と言う事で、平野区にて葺き替え工事の写真です(*^^*)

葺き替えの為既存の瓦撤去

瓦のめくり
平野区で行われた葺き替え工事、瓦屋根から軽量な金属屋根に葺き替えます。

葺き替えとは、元の屋根材を全て取り除き屋根の下地の補修や補強を行った後、新しい屋根材を吹き付けていく工事です。

写真の様に既存の瓦と瓦の下に敷いてある葺き土を綺麗に撤去していきます。

葺き土撤去
既存の瓦を綺麗に撤去しました。

瓦屋根の場合瓦の重さももちろんですが、瓦を葺く為に敷かれている葺き土も屋根が重量になる要因です。

先程からお話している様に屋根の重さによって家の耐震性が変わる事は学術的に明らかになっています。

垂木・野地板施工

下地垂木
既存の瓦撤去後、屋根下地の補修や補強を行います。

この下地のメンテナンスを行える事も葺き替え工事の大きなメリットになります。


下地野地板
新しい屋根材を吹き付ける為の野地板を施工します。

葺き土を敷いていた事と比較したらこれだけでも大幅に軽量になっているのがお分かり頂けると思います。


屋根の軽量化により地震に強い屋根

ガルバリウム鋼板施工
新しい屋根材が吹き付けられました。

今回使用された屋根材は近年のリフォーム市場で急速に拡大しているガルバリウム鋼板という屋根材です。

非常に軽量で耐久性の高い屋根材として注目されています。

地震による倒壊などの影響を避ける為屋根を軽くする事は、公的機関の認定・試験等により評価されています。

今回こちらの平野区のお客様宅は、吹き替える事により屋根の軽量化をされ、より地震に強い建物に生まれ変わりました。
ガルバリウム鋼板施工
最後になりますが、屋根の軽量化に関心が強まるにつれて、屋根瓦自体の軽量化も進んでいます。

日本の伝統的な瓦を改良する事により、少しずつ従来の瓦よりも軽い瓦も普及してきています。

近い将来地震に強い瓦!なども作られるかもしれないですね(*^^*)

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913