オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

松原市 老朽化した瓦の葺き替えご提案・漆喰の詰め直し工事の実施


漆喰詰め直し
松原市にて老朽化してしまった瓦屋根の無料点検をさせて頂きました。

こちらのお宅の屋根は立派な日本瓦のお宅です。
日本瓦にもいくつか種類があり今回は、釉薬瓦(ゆうやく瓦)という種類でした。

■釉薬瓦とは■
表面を釉薬で化粧した粘土瓦の事で、昔は瑠璃瓦とも呼ばれていました。

★無料点検をさせて頂きましたところ、瓦屋根が剥がれたりズレていたり劣化が激しい状態でしたので瓦屋根の葺き替え工事をご提案させていただきました。

■葺き替え工事とは■
既存の屋根材を全て撤去し新しい屋根材を被せる工法のこと

★また、漆喰の劣化も激しく一度全て撤去し詰め直し工事をさせていただきましたのでそちらの様子をご紹介したいと思いますのでぜひお読みください♪

街の屋根やさん松原店では点検やお見積り提示は無料で行っております。
点検だけでももちろんかまいません。お気軽にご相談ください。

瓦や瓦の漆喰部分をしっかり点検していきます

漆喰詰め直し
屋根はお家の中でも常に日差しを受け雨風にさらされています

そのため、外壁などに比べてもやはり老朽化しやすい部分になりますのでしっかりメンテナンスを行う必要があります。

瓦が一部破損、ズレが出ていました 葺き替え工事をご提案

漆喰詰め直し
こちらのお写真をご覧ください。
瓦が一部破損し、屋根の漆喰が劣化して剥がれ落ちてしまっている箇所がいくつかあります。

■瓦屋根の補修方法■
瓦屋根は一枚からでも差し替えは可能です。(部分補修
また、劣化がそれほど激しくない場合は葺き直しでの補修も可能です。

ですが今回のお宅では破損や劣化の状態も激しく、いつ雨漏りが起きてもおかしくない状態でしたので葺き替えでの補修をご提案させて頂きました。

■葺き直し■
既存の瓦屋根を使用し下地部分だけ補修する工法
それほど傷んでいない瓦屋根に向いています。葺き替えに比べ費用は安いですが瓦屋根の美観は変わらないというデメリットもあります。

■葺き替え■
既存の屋根材を全て撤去し新しい瓦屋根を被せる工法
部分補修や葺き直しではカバーしきれない激しく劣化した屋根に向いています。
費用はかさみますが瓦屋根が全くの新品になるので今後一番安心できる補修方法です。

瓦屋根ついて詳しくこちらに掲載がございます。

瓦屋根の葺き替え工事ってどのようにするの?葺き替え工事の工程

葺き替え工事3
■瓦屋根の葺き替え工事の工程を簡単にご説明します■
1:足場の設置
2:既存の劣化した瓦を撤去していきます
3:下地も傷んでいると思われますので下地の張替えをします
4:防水シートの設置
5:新しい屋根材の設置

街の屋根やさん松原店では数多くのお宅で葺き替え工事をさせて頂いております。

漆喰の劣化状態を見ていきましょう

漆喰詰め直し
つづいて漆喰についてお話していきたいと思います。

瓦と瓦の間に詰まっていて黒っぽく見える部分が劣化してしまっている漆喰です。漆喰と聞いてもピンと来られない方も多くいらっしゃいます。

■漆喰とは■
瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗り等に使われる建材です。

この漆喰は劣化とともにもろくなり崩れてしまう事があります。
こうなると瓦がずれてしまったり接着が弱くなり雨や風により瓦が落下してしまう危険が出てきます。


全体的に漆喰が劣化しているのが見て頂けると思います。

漆喰が剝がれてしまうと屋根の隙間から雨水が侵入し雨漏りが発生大切な建物自体の老築化を早めてしまいます。

ではどのように補修していくのか見ていきましょう。

まずは劣化した漆喰の撤去をします

漆喰詰め直し
これは劣化してしまった古い漆喰を取り除いた写真です。

■劣化した漆喰の撤去作業■
まずは劣化してしまった漆喰を全て撤去します。
漆喰の中にある葺き土そのまま残します。葺き土とは漆喰の土台となるの事で、表面がデコボコしていると漆喰が塗りにくいので表面を平らにしていきます。

意外と見落としがちな漆喰も定期的なメンテナンスが必要です

漆喰詰め直し
劣化してしまった漆喰を綺麗に取り除きました。

漆喰の詰め直し工事は劣化や漆喰の崩れが比較的軽度な場合に行われます。

あまりにも漆喰の劣化や割れが酷い場合は詰め直しではなく、瓦を一旦取り外し再度漆喰を詰め直しもう一度瓦を設置する詰め直しよりも大掛かりな工事を行います。

そうなると費用もかかってしまいますよね?
その為、定期的な点検と、きちんとしたメンテナンスをお勧めしています!

新しい漆喰を丁寧に詰めていきます

漆喰詰め直し
古い漆喰を撤去した後は新しい漆喰を丁寧に詰めていきます。

漆喰は、つる首と呼ばれる鏝(こて)でしっかり塗り込んでいきます。塗り残すことなく丁寧に塗らないと地上から見たときに残っている部分が目立ち綺麗には仕上がりません。

瓦部分にはみ出した漆喰を綺麗にお掃除します。
最後まで手を抜かないのがプロですよね(*^-^*)

鬼瓦の漆喰も綺麗に詰め直していきます

漆喰詰め直し
鬼瓦部分の漆喰もしっかり詰め直しました。

漆喰がしっかり乾いたら完成です!!

劣化により剝がれて崩れてしまっていた漆喰が綺麗に仕上がりました。これで雨漏りの心配も解消できたとお客様に喜んで頂きました(^^♪

松原市にて瓦屋根の葺き替えをご提案 まとめ

いかがでしたでしょうか

昨今大型台風が多く発生している影響もあり、街の屋根やさん松原店でも瓦屋根の補修についてご依頼を多く頂いております。

今後もいつ発生するかわからない台風に備えて一度点検してみてはいかがでしょうか?
もちろん台風だけが原因ではありません。日々屋根は劣化していきます。

屋根だけでなく建物やお客様の快適な暮らしを守るため、定期的なメンテナンスをしましょう♪


無料点検だけでももちろんOKです!お気軽にご相談ください
お問合せはこちらから(24時間受付中)
TEL0120-306-913(9時から18時まで)

弊社では新型コロナウイルス対策を徹底しております。
リモートでの打ち合わせもお受けしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

住吉区にて台風の強風で破損したベランダ屋根の波板修理

ベランダ屋根のポリカ波板交換
ベランダ屋根の波板交換
工事内容
屋根補修工事
台風
3階建て
使用素材
ポリカ波板
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
5.5万円
施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

松原市にて台風被害!蔵の棟瓦の取り直しと屋根補修工事の事例

台風21号による瓦の被害
瓦の補修
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
台風
使用素材
新しい瓦
築年数
築50年以上
建坪
15坪
保証
1年間
工事費用
約27万円
施工事例

松原市にて台風の被害によるテラス屋根のポリカ波板交換の事例

テラス屋根
波板の設置
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約6万円
施工事例

松原市にて台風後の瓦屋根の補修工事を行った施工事例

面土漆喰
面土漆喰の施工
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
釉薬瓦(青緑色)・漆喰
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約13万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市 雨漏り点検

こんにちは!街の屋根やさん大阪松原店です!和泉市のお客様より、雨漏り点検のご依頼を頂きました。この記事では✓雨漏り点検とは何をするの?✓費用はどのくらいかかるの?✓弊社で行った雨漏り点検のご紹介✓新型コロナウイルス感染症対策をご紹介していき...........

波板交換修理のご依頼

こんにちは!街の屋根やさん松原店です今回はベランダとカーポートの波板が破損してしまったため事前点検のご依頼をいただきました。波板は文字の通り、波打った形の板のことで、経年劣化でバキバキに割れている波板を見たことがある方も多いのではないでしょ...........

羽曳野市 屋根補修

こんにちは!街の屋根やさん松原店です今回は羽曳野市のお宅から屋根補修のご依頼をいただきました。✓ご依頼いただいたきっかけ台風の強風によりスレート屋根の一部が剥がれてしまったため早急に補修をしてほしい。ということでご依頼いただきました。ですが...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913