オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

羽曳野市のお客様宅の屋根塗装の各工程とタスペーサーの必要性


羽曳野市のお客様宅の塗装工事が始まり屋根塗装の様子をご紹介して行きたいと思います。
屋根は現在多くのお宅で見られるスレート屋根です。
スレート屋根とはセメントと繊維質の物を混ぜ合わせた化粧スレートと粘板岩を薄く板状にした天然スレートの二種類があります。天然スレートは天然の岩を使用する為非常に高価でほとんど普及していません。
またスレート屋根自体には防水性が無い為塗装メンテナンスによって防水性・耐久性を付けてあげる必要があります。
スレート屋根
こちらの写真が工事の始まる前のスレート屋根の状態です!経年劣化により防水性も失われ瓦もコケや汚れ等で変色しているのがお分かりではないでしょうか?
スレート屋根の高圧洗浄
塗装工事のはじめの工程の洗浄です。洗浄を当てる目的は単に経年の汚れを落すだけでは無く塗料の密着性を上げる役割があります。
また洗浄は水圧が強い為洗浄のみでも充分に汚れを落とす事が出来ます。
棟板金のビスの浮き補修
屋根の板金部分にビスの浮きがあった為キッチリとビスを打ち込んで行きます!
ビスの浮きは外気温の影響で膨張や収縮を繰り返す事で板金を押さえているビスが徐々に押し出される為です。
棟板金のビスの浮き補修
打ち込んだ後です。これで板金がキッチリと止まっている為安心ですよね!

屋根の塗装とタスペーサーについて

下塗り塗装
洗浄が終わると翌日の工程はいよいよ塗装になります。
下塗り塗装を行って行きます。使用している塗料はアレスクールシーラーです!
タスペーサー設置
下塗りが終わるとこちらのタスペーサーを差し込んで行きます!
スレート説明
スレート屋根を塗装するとスレートとスレートの間が塗膜で詰まってしまいます。すると逃げ場の無くなった雨水が逆流し屋根裏にずっと溜まってしまう事になります。スレートの下にはルーフィングシートがある為すぐにどうこう言う事はありませんがこの状態でずっと放置しておくと雨漏りを引き起こす危険性があります。そこでスレートとスレートの間にタスペーサーを差し込む事で隙間を作り元通り雨水が流れて行く状態にします。
なのでスレート屋根を塗装する時はタスペーサーは必要不可欠な物です!
中塗り
こちらは中塗り塗装の様子です。使用している塗料はアレスクール2液SIです。
遮熱性のある塗料です。塗るだけで屋根の温度を下げる効果があります。室内の低減効果は2~5℃程とメーカーも発表しています。
クーラーの効きが良くなったりエコにも繋がります。
また遮熱力は色によってもその効果は変わります。
上塗り
最終の上塗りです。色はアンバーブラウンです非常に人気のある色です。
以上屋根塗装についてでした。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市にて屋根工事 平板瓦を使った葺き替えとカバー工法実施

葺き替え工事前
葺き替え完工
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
防災型平板瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
100万円
施工事例

八尾市での屋根工事事例 劣化したスレート屋根のカバー工事

既存屋根棟板金撤去
カバー工事完成写真
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト ブラウン
築年数
約25年
建坪
保証
穴あき25年
工事費用
90万円
施工事例

東大阪市での屋根リフォーム 強化棟への積み替えと瓦の差し替え

屋根リフォーム前
冠瓦取付け
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
シルガード、釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
35万円

同じ地域の施工事例

施工事例

羽曳野市にて屋根補修 瓦の葺き直しと漆喰を火災保険で対応

瓦のずれ
ラバー工法
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
火災保険
台風
使用素材
既存の瓦とラバー、漆喰など
築年数
築40年以上
建坪
35坪
保証
1年間
工事費用
15万円
施工事例

羽曳野市にてベランダ屋根のポリカパネル交換工事の事例

2階のベランダのポリカパネル
ベランダ屋根のポリカパネル交換
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネートパネル10枚
築年数
約20年
建坪
30坪
保証
1年間
工事費用
18万円
施工事例

羽曳野市にて台風の強風による被害で瓦屋根補修工事を行いました

台風21号による被害
瓦補修工事の完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦と既存瓦、漆喰
築年数
築40年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

スレート屋根・ひび割れ

羽曳野市にて雨漏り修理のご依頼をいただき、点検に伺ってきました。屋根材はスレート屋根で、色褪せやカビが生えていたり、棟板金のネジが抜けていたりと、劣化症状が見られました。今回の雨漏り修理のご提案として「カバー工法」をさせて頂きました。その様...........

波型スレート屋根からの

波型スレート屋根を使用しているモータープールの持ち主の方からご連絡を頂き、雨漏りがしているとのことでした。こちらの屋根は築年数が経っており劣化具合がひどく、過去にも何度か雨漏りがあり、修理をされているのですが、また別の箇所からの雨漏りが発生...........

ドローン撮影 雨漏り修繕

今回は八尾市にて雨漏り修繕のお見積りのご依頼をいただきました。こちらのお宅では普段の雨の際には雨漏りは起こらないようですが、大雨時に雨漏りが起こる事があるそうで業者探しをしていらっしゃたようです。今回弊社にもお見積りのご依頼をいただきました...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913