オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

狭山市で雨漏り発生!瓦屋根修理希望のお宅へ点検に伺います


狭山市のお客様より雨漏りのため、瓦屋根や雨漏り修理をご希望でお問合せがあり、現状の点検に行ってきました。
こちらのお宅はしばらく空き家になっていたそうで建物のメンテナンス等はされていない様です。

現状雨漏りされておりお客様自身で応急処置がなされていました。大屋根部分にシートで応急処置をした後は室内への雨漏りは止まっているそうです。
今回は、大屋根の点検をドローンにて点検させて頂き、確認出来た破損箇所など、写真と一緒にご紹介します。

雨漏りの調査のため屋根をドローンで点検

瓦凍て割れ
では早速写真と共に被害が起こっている箇所をご紹介していきます。
まずは写真に赤線を引いた部分、何と言う部材かご存じの方もいらっしゃると思います。
瓦屋根での雨漏りを起こす要因になる事が多い箇所がこの部分で「漆喰」しっくいと言います。

昔ながらの瓦屋根にはこの漆喰が欠かせません。瓦と瓦の隙間に詰める事で雨水の侵入を防いでいます。瓦が動いたりズレたりしない様にしっかりと固定する役割もあります。ですが、長年の雨風や日差しにさらされる事で劣化が起こり、割れたり剝がれたりする様になります。屋根は建物の中でも一番雨風の影響を受けていますので、この経年劣化は避けれません。

雨漏りで室内にも被害が出ている様でした。シートをかけて応急処置をされていました。


瓦屋根には欠かせない漆喰の劣化

剝がれた漆喰と瓦のズレ
雨水の侵入を防ぐ為に詰められている漆喰が割れたり剝がれたりすると、そこから雨水が侵入し瓦の下に敷かれている葺き土に水が染み込んでしまいます。

こうなると瓦の下に敷いている土が緩くなり流れてしまい、棟の形が崩れたり、やがて室内への雨漏りに繋がります。

丸で印を付けた所に剝がれた漆喰が飛散していました。劣化の度合いによって「詰め直し」にて修理をするか、劣化が激しく下地の土にも水が回り、葺き土が流れてしまっている様な時は、瓦屋根の「棟取り直し工事」が必要です


分かりにくいかもしれませんが、線を引いた箇所は瓦が全体的にズレていました。この様な瓦のズレは屋根修理の時に同時に調整させて頂きます。
漆喰の劣化
丸で囲んでいる所に「凍て割れ」が見られました。
「凍て割れ」なんてあまり聞き慣れない言葉ですよね?

日々外部からの影響を受ける屋根ですが、屋根表面には塗装などによる塗膜が張られています。
この塗膜によって防水効果を保っているのですが、年月が経ち劣化が進むと塗膜による防水効果は薄れていきます。

防水効果を失った瓦はやがて雨水などの水分を吸収します。水分を含んだ瓦が気温の変化で急激に冷やされたりすると瓦内部の水分が凍り、気温が上がると水分が溶けます。

この凍ると溶けるを繰り返す事で瓦が含んだ水分の体積が膨張縮小します。その結果瓦自体が割れてしまう事があります。この様な現象で起こる割れを「凍て割れ」と言います。

瓦の割れは1枚単位で修理可能です

瓦の割れ
この写真では瓦に割れが確認出来ました。瓦の寿命は長いですが飛ばされてきた飛散物などにより破損してしまう事があります。

その様な場合は、割れてしまった瓦を1枚単位で修理する事が出来ます。
他の屋根材ではなかなか部分だけを修理する!という訳にはいかない為、1枚単位での屋根修理が可能だと言う所は瓦の特徴と言えます。
雨樋・集水器破損
下屋根の雨樋と集水器が破損して無くなっていました。

雨樋は屋根に落ちた雨水を集めて外壁を伝う事なく地上まで運んでくれる大切な部材です。

このまま放置しておくと雨水が直接外壁を伝う為、屋根だけではなく、建物自体の劣化を早めてしまう事になります。

こちらもしっかり修理しておく必要があります。

雨漏り修理や屋根補修など、どんな些細な事でもお問合せ下さい

今回の点検では、漆喰の劣化と屋根全体の瓦のズレが確認出来ました。応急処置にて雨漏り自体はひどくない現状ですが、建物の耐久性を考えると、早めに修理をされる事をご提案させて頂きました。

ここまではドローンによる上空からの点検の様子と不具合が起こっている箇所をご紹介させて頂きました。
ドローンでの屋根点検は、普段なかなか確認出来ない部分まで細かく点検を行う事が出来る為、お客様にも喜んで頂いております。

屋根の点検・雨漏り修理などお困りの際は是非お問い合わせ下さい!弊社スタッフがすぐ駆け付けます(*^-^*)

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市にて屋根工事 平板瓦を使った葺き替えとカバー工法実施

葺き替え工事前
葺き替え完工
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
防災型平板瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
100万円
施工事例

八尾市での屋根工事事例 劣化したスレート屋根のカバー工事

既存屋根棟板金撤去
カバー工事完成写真
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト ブラウン
築年数
約25年
建坪
保証
穴あき25年
工事費用
90万円
施工事例

東大阪市での屋根リフォーム 強化棟への積み替えと瓦の差し替え

屋根リフォーム前
冠瓦取付け
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
シルガード、釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
35万円

同じ地域の施工事例

施工事例

大阪狭山市にて屋根葺き替えと外壁塗装で喜んでいただきました

屋根の葺き替え前
屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
外壁塗装
使用素材
ケイミュー コロニアルクァッド
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
200万円(外壁塗装含む)
施工事例

大阪狭山市にて波板修理!ベランダ屋根のポリカ交換の施工事例

台風によるベランダ屋根の飛散
ポリカーボネート
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板・特注板金
築年数
築40年
建坪
保証
なし
工事費用
約8万円
施工事例

大阪狭山市 前の塗料がめくれてしまった折半屋根が蘇った事例

折半屋根
折半屋根
工事内容
屋根塗装
使用素材
関西ペイント スーパーシリコンルーフペイント
築年数
約35年
建坪
35坪
保証
5年
工事費用
25万 足場・外壁塗装は含みません

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天窓

今回こちらのお宅の屋根では雨漏りしているとのご相談を頂き、以前点検に伺っておりました。屋根を確認させて頂くと、こちらのお宅には天窓がついていました。天窓がついていますが、屋根リフォームは可能です!今回屋根リフォーム内容として「カバー工法」を...........

スレート屋根・ひび割れ

羽曳野市にて雨漏り修理のご依頼をいただき、点検に伺ってきました。屋根材はスレート屋根で、色褪せやカビが生えていたり、棟板金のネジが抜けていたりと、劣化症状が見られました。今回の雨漏り修理のご提案として「カバー工法」をさせて頂きました。その様...........

波型スレート屋根からの

波型スレート屋根を使用しているモータープールの持ち主の方からご連絡を頂き、雨漏りがしているとのことでした。こちらの屋根は築年数が経っており劣化具合がひどく、過去にも何度か雨漏りがあり、修理をされているのですが、また別の箇所からの雨漏りが発生...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913