オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

松原市で屋根葺き替え工事を行いました 瓦屋根から金属屋根へ


松原市にて葺き替え工事を行いました。現状は雨漏りの被害が起こっているお宅です。

瓦の寿命が長い事はご存じの方も多いと思います。しかし寿命が長いのは屋根の仕上げ材である瓦です。
屋根の下地材である防水シートや野地板の痛みは年月と共に出てきてしまうものです。

見た目では、瓦に何の不具合も起こっていないのにポタポタト雨が漏れてくる…というお問合せもあります。
これは、瓦屋根の下地の劣化が原因です。瓦屋根は構造上、瓦と瓦の間に隙間が出来る様に施工されています。
隙間があったら雨水が入るのでは?と思うかもしれませんがご安心ください(*^^*)

隙間から入った雨水は次の隙間から排出される様に施工されています。これにより通気性や換気性も保たれているんですね。瓦の寿命の長さにはこの通気性の良さも大きく関係している様に思います。

雨漏りの起こっている一部のみ修理される方もいらっしゃいますが、現状雨漏りが酷い時は瓦の下地が傷んでいる可能性がある為、下地のメンテナンスが出来る施工方法をお勧めしております。

今回、葺き替え工事をご依頼頂いたお宅も、雨漏りがあり屋根の下地もしっかり修理したいとご希望でしたので、屋根葺き替え工事にて施工させて頂く事になりました。

屋根葺き替え工事 既存瓦撤去

既存瓦の撤去
では屋根葺き替え工事の施工手順を見ていきましょう。まずは古くなった既存の瓦を1枚づつ慎重に撤去していきます。
1枚でもかなり重量がある為、万が一瓦を落下させてしまわない様に細心の注意が必要な工程です。

葺き土も綺麗に取り除きます

葺き土撤去
瓦をめくると下には葺き土と呼ばれる土が敷かれています。葺き土も全て撤去します。この作業も職人さんが手作業で行います。
瓦撤去後の垂木
葺き土を綺麗に撤去しました。葺き土を撤去すると屋根下地にあたる垂木という建材があります。

雨漏りが激しい場合はこの屋根の下地に痛みがある可能性が高いです。屋根の土台となる部分なので下地はとても重要ですね。
葺き替え工事を行う最大のポイントはこの屋根の下地のメンテナンスをしっかり行える事です。

屋根葺き替え工事の最大のメリット

野地板貼り付け
今回のお宅は雨漏りの被害はあったものの心配していた屋根下地には腐食なども無くしっかりした状態でした。

下地に痛みがある場合はこの時に補修や補強を行います。

その後、野地板と呼ばれる板材を貼って行きます。
この部材も屋根材と防水シートを張り付ける土台となる部分な為、葺き替え時には新しいものと交換しておきます。
野地板貼り付け
野地板を綺麗に張り付けました。野地板の種類や厚みも様々ですが、屋根の仕上げ材によって指定される事が多いです。

屋根材の緊結材に掛かる力によって野地板の厚みを考慮する必要があります。

また屋根の中で雨漏りや結露などにより劣化しやすい部材がこの野地板です。

屋根葺き替え工事 ルーフィングシート貼り付け

ルーフィングシート貼り付け
野地板を張り付けた後は防水シートを張り付けていきます。防水シートは下地である野地板と屋根仕上げ材の間に施工され、雨漏り防止の重要な役割を持っています
「ルーフィングシート」と呼ばれています。

強風等により瓦が飛んでしまったり、割れて破損してしまってもすぐには雨漏りに繋がらないのは、このルーフィングシートが雨水の侵入を防いでくれているからです。

雨漏りが起こる時は、劣化によりこのルーフィングに穴が開いたり、破損があるなど問題が起こっている可能性がある事になります。
防水シート貼り付け
ルーフィングは大きな1枚のシートでは無く約1m幅の長いシートで必要な分をカットして使用します。その為部分的な屋根修理や補修等も対応可能です。

ルーフィングシートについて詳しく紹介させて頂いている記事もあります。ルーフィングシートとは?

ここまで屋根葺き替え工事の瓦撤去からルーフィング貼りまでご紹介させて頂きました。次回は第2弾と言う事で雨漏りしていた瓦屋根が葺き替えられていく工事の続きをご紹介させて頂きます(*^-^*)

同じ工事を行った施工事例

施工事例

住吉区にて台風の強風で破損したベランダ屋根の波板修理

ベランダ屋根のポリカ波板交換
ベランダ屋根の波板交換
工事内容
屋根補修工事
台風
3階建て
使用素材
ポリカ波板
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
5.5万円
施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

松原市にて台風被害!蔵の棟瓦の取り直しと屋根補修工事の事例

台風21号による瓦の被害
瓦の補修
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
台風
使用素材
新しい瓦
築年数
築50年以上
建坪
15坪
保証
1年間
工事費用
約27万円
施工事例

松原市にて台風の被害によるテラス屋根のポリカ波板交換の事例

テラス屋根
波板の設置
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約6万円
施工事例

松原市にて台風後の瓦屋根の補修工事を行った施工事例

面土漆喰
面土漆喰の施工
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
釉薬瓦(青緑色)・漆喰
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約13万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

部分足場の組立

藤井寺市にて、瓦屋根の修理をする前に、先日点検に伺ったんですが、軒先部分の瓦屋根が経年劣化によりズレてしまっていて、雨水を排出してくれる雨樋にまでかぶってしまっていました。これでは上手く屋根の雨水を雨樋に流すことができずにそのまま外壁や床に...........

ドローンで上空から撮影した瓦屋根の様子

今回は藤井寺市にて瓦屋根修理のお問合せをいただきました。ご依頼いただきましたきっかけは瓦屋根のズレです。通常の瓦屋根は雨樋よりも手前に設置されており屋根に降り落ちた雨水が雨樋を通り排水されます。しかしこちらのお宅の瓦屋根は経年劣化によりズレ...........

波型スレート屋根からの

波型スレート屋根を使用しているモータープールの持ち主の方からご連絡を頂き、雨漏りがしているとのことでした。こちらの屋根は築年数が経っており劣化具合がひどく、過去にも何度か雨漏りがあり、修理をされているのですが、また別の箇所からの雨漏りが発生...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913