オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

堺市にて行った瓦屋根板金工事【サビに強い素材で谷板金工事】


堺市にて雨漏りでお困りだったお宅の葺き替え工事を行っております。以前のブログでは屋根を葺き替える様子をご紹介させて頂きました。

瓦屋根の葺き替えの様子はこちらからご覧いただけます➡堺市にて瓦屋根葺き替え

今回は屋根に落ちた雨水が流れていく雨水の通り道にあたる部分の板金についてのお話です。

屋根には雨水が直接壁を伝ったりしない様に様々な工夫がなされています。
今回紹介する記事も雨水をしっかり排出する為の板金取り付け工事です。

屋根の板金工事と言えば、どこの部分が思い浮かびますか?きっと多くの方が棟板金をイメージするのではないかと思います。ですが、今回板金工事を行うのは屋根と壁の取り合い部分です。

取り合い部分と聞いてもいまいち箇所も分かりにくいですよね。
大丈夫です😊 分かりやすく紹介していきますので写真を見ながら読み進めて下さい(*^-^*)

劣化して流れが悪くなった谷板金

谷部にコケがびっしり
今回工事するのはこの部分です。
先程記述した「壁との取り合い部」とは、写真の様に屋根と壁面が接合している箇所の事ですね。
こちらのお宅は構造上この取り合い部に板金が取り付けられています。

屋根に落ちた雨水などは一ヶ所に集められて、外壁を伝う事なく地上まで排出されています。
複雑な形状の屋根には、「谷部」と呼ばれる溝が設置されていますが、この「谷部」の水に雨水を集めて水を流します。
簡単に言うと雨水の通り道ですね。雨水の通り道と言えば「雨樋」じゃないの?って思いませんか?

正解です!!屋根に施工されている「谷」と「「雨樋」は両方とも雨水の通り道なんです。

この谷部分には通常「谷板金」と言われる板金が取り付けられています。ですが板金も金属の為長い間雨風の影響を受けての劣化は避けれないんです(´・ω・)
劣化が進むと金属である板金部分はサビてきますよね。サビが広がって酷くなると穴が開いてしまう事もあります。

谷の板金部に穴が開くと雨漏りを引き起こす要因に繋がります。そういう事態を避ける為、谷部にも定期的に塗装を行い防水効果を持続させる様なメンテナンスが必要です。

今回は塗装では無く板金ごと交換させて頂く事になりました。写真のコケがたまっている様子を見ると、防水効果が薄れ水はけが悪くなっている事も分かりますね。


板金取付けの為の垂木設置

板金取付け
谷板金を取り付ける為の垂木を打っています。屋根に落ちた雨水が壁に当たってしまう様な屋根形状の為、壁際の立ち上がり部分にも壁際板金を設置する事になりました。

谷板金取付け

壁際谷板金
屋根と壁の取り合い部分に板金を取り付けました。

使用する板金はガルバリウム鋼板という素材で、サビにも強く耐久性も高い素材です。

また非常に軽量である為、近年屋根の仕上げ材としても人気の高い建材になります。
壁際水切り板金
屋根と壁の取り合い部に全て板金を取り付けました。

今回は瓦屋根の葺き替えと同時に行いましたが、瓦の寿命は長い為、「メンテナンスは行わなくても大丈夫」と思われる方も多いかもしれませんが、この様な板金部分や壁際などの劣化には注意が必要です。

板金工事完工

雨水の通り道
谷板金が綺麗に仕上がりました。瓦に不具合が無い場合でも劣化しやすい板金部分のメンテナンスを行う事は可能です。
雨漏りなどが起こり建物の老築化が進む前に、定期的な点検とメンテナンスをお勧めしています。

街の屋根やさん大阪松原店では、お客様の大切なお家を守る為、様々な工事に対応させて頂いております。
何かお困りな事などありましたら、いつでもお気軽にご相談下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ソーラパネル付きのスレート屋根

富田林市にてスレート屋根の雨漏り調査のご依頼をいただきました。今回のお宅のスレート屋根には、ソーラーパネルが設置されておりソーラーパネルを設置している屋根は他業者様ではお断りされるケースもありますが、当社ではソーラーパネルが設置されていても...........

屋根リフォーム

和泉市で屋根リフォームのお問い合わせをいただいたので調査に行かせてもらいました。後日工事内容をご提案させていただきました。では、その内容をご紹介したいと思います

カーポートパネル損傷

柏原市にてカーポートパネルが飛散したとのご連絡があったので調査に行かせてもらい、後日工事を行いました。その様子をお伝えしたいと思います

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913