オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

松原市にて雨漏り点検に伺いました【雨漏りの為下地が腐食】


松原市にて雨漏りで困っているとのお問合せがあり、雨漏りの状況、雨漏り被害の様子を点検する為現地にお伺いしました様子を紹介させて頂きます。

今回雨漏り点検させて頂くお宅は築約30年程の瓦屋根のお宅です。
瓦のズレや割れは以前から起こっていたそうで、防水テープなどによる応急処置の跡も確認出来ました。

今回の様に雨漏り被害があった時や屋根の不具合に困っている時、皆さんならどうしますか?
時々ですが「自身で屋根に上がって点検した」等のお声を聞く事があります。
ですが、屋根は思っている以上に勾配が付いている場合や、屋根表面の劣化によりコケや藻などが発生している事も多く非常に滑りやすくなっています。

✻ご自身で屋根に上がって行う雨漏り点検は大変危険です。
雨漏りや屋根の不具合でお困りの際はプロの業者に点検の依頼をする様にして下さいね(*^-^*)

では、今回行った雨漏り点検のご紹介に移って行きましょう😊

雨漏り点検スタート

雨漏り点検屋根形状
今回雨漏り点検させて頂くお宅の屋根形状から見ていきます。こちらは「切り妻屋根」という最もシンプルな形状です。
風通しが良く換気性に優れている事から幅広く採用されてきた形状です。

とてもシンプルな為、防水処理の欠陥が少なく雨漏りなどのトラブルが起こりにくいとされています。

ですが、ここで見て頂きたいのが「下屋根がある」と言う事です。下屋根と外壁が接合している様な作りになっていますよね。この場合、屋根と壁の「取り合い部」が存在し、築浅の場合でも取り合い部からの雨漏りの危険が高まります。

雨漏りリスクを抑える為、この取り合い部には「雨押え板金」が取り付けられています。

目視できる屋根破損箇所

巴瓦・袖瓦が飛散
では、早速雨漏り点検の様子を見ていきます。お客様からお聞きした雨漏りが深刻な箇所の真上の屋根です。

下から目視出来る範囲でも瓦が無くなっているのが分かりますね。
ですが瓦の下には葺き土や防水シートが施工されている為、瓦のズレや割れがすぐに雨漏りに繋がる!と言う事ではありません。瓦の割れやズレなどを確認した場合は焦らず信頼できる業者さんに依頼して、雨漏りの有無を点検してもらう様にして下さい(^^♪

症状が軽度であれば応急処置にて補修する事が出来ます。

雨漏り点検 屋根下地の腐食

瓦割れと下地の腐食
下から確認した破損箇所です。

下から点検出来る範囲は限られているので、「瓦が少しズレている」「瓦の破片が落下した」など小さな不具合に思えても、実際に屋根に上がり点検してみると、破損の状況が深刻だったという事も少なくありません。

こちらのお宅もお客様が思っていた以上に破損しており、防水シートも劣化し、下地の腐食も見られました。

ここからの雨漏りで間違いはなさそうです。
防水テープによる応急処置
印を付けた部分は瓦の割れやひび割れを補修した跡です。

先程少し触れましたが、軽度な割れや欠けなどの場合はこの様に防水テープによる部分補修が可能です。

ホームセンターなどでも手に入る為、応急処置としてされる方もおられますが、雨漏りの根本の補修にはならない為、将来的には業者による雨漏点検を行った上で適切な補修を行って下さいね。

雨漏りに繋がるポイント

漆喰の劣化・丸瓦のコーキング
雨漏りが酷かった箇所以外にも雨漏りに繋がるポイントがないかしっかり点検していきます。
丸で囲った所には瓦のズレを補修する為コーキングが打たれていました。

赤線を引いた箇所は「漆喰」といわれる部材です。
「聞いた事がある」「知っている」方も多いと思いますが、瓦屋根には欠かせない部材ですね。

劣化によりポロポロとめくれ、剝がれているのが分かります。こちらも、打ち直しや増し打ちなどの補修が必要です。漆喰が剝がれた部分から雨水が侵入し、雨漏りや棟の崩れに繋がって行きます。

あまり目立たない部材ですが、大切な役割を担っている部材だと覚えておいて下さい(*^-^*)

漆喰ってなに?なんて場合はこちらを参考にして下さい。
雨押え板金の劣化
次に一番最初、屋根形状の所で紹介した壁の取り合い部を見ていきましょう。

壁の取り合い部とは、屋根と壁が接合している部分でしたね。
この様な箇所からの雨漏り事例もとても多くご相談頂いております。雨水の侵入を防ぐ為に水切り板金や雨押え板金などが取り付けられ、雨漏りのリスクを抑える様施工されています。

こちらの写真からは、取り合い部の大切な部材である壁際板金の劣化が確認出来ます。サビが広がり、最悪の場合には穴が開いてしまう事も…

雨漏り点検は無料にて行っております

今回させて頂いた雨漏り点検の様子はしっかり写真を撮影し、お客様にも確認して頂きました。

築年数も経ち、雨漏りも心配!屋根の状態は気になるけれど、ご自身で行う雨漏り点検はなかなか難しいですよね。
実際に梯子をかけて屋根に上がっての雨漏り点検される方もおられますが、危険やリスクが伴います(´・ω・)
そんな時は是非街の屋根やさん大阪松原店までご相談下さい(^^♪

屋根の不具合箇所、雨漏り箇所などしっかり点検を行った上で、お客様のご希望に沿った補修方法ご提案させて頂きます。ご自宅の屋根や建物の状態をしっかり知って頂きご検討して頂ければと思います(*^-^*)

いつでもお気軽にお問い合わせくださいね😊

同じ工事を行った施工事例

施工事例

住吉区にて台風の強風で破損したベランダ屋根の波板修理

ベランダ屋根のポリカ波板交換
ベランダ屋根の波板交換
工事内容
屋根補修工事
台風
3階建て
使用素材
ポリカ波板
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
5.5万円
施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

松原市にて台風被害!蔵の棟瓦の取り直しと屋根補修工事の事例

台風21号による瓦の被害
瓦の補修
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
台風
使用素材
新しい瓦
築年数
築50年以上
建坪
15坪
保証
1年間
工事費用
約27万円
施工事例

松原市にて台風の被害によるテラス屋根のポリカ波板交換の事例

テラス屋根
波板の設置
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約6万円
施工事例

松原市にて台風後の瓦屋根の補修工事を行った施工事例

面土漆喰
面土漆喰の施工
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
釉薬瓦(青緑色)・漆喰
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約13万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ドローンで上空からみた瓦屋根

今回ご紹介させていただくのは、築30年の藤井寺市の瓦屋根のお宅です。瓦屋根から雨漏りが起きており、どこから雨漏りがしているのかまずは詳しい現状を確認させていただきました。確認させていただいたところ屋根の棟が漆喰の劣化から一部崩れてしまってい...........

ドローンを使って撮影

今回は松原市にて屋根改修工事のご依頼をいただきました。ご相談いただいたきっかけは、築70年程経過しているお宅という事ですので、もし瓦が落下したら…とご心配だったようです。また、耐震性に優れた軽量屋根に葺き替えをしたい!とお考えだったようで弊...........

ブルーシートで応急措置

今回は羽曳野市にて瓦の差し替え工事を行いました!台風の影響により、瓦が剥がれて雨漏りしているとのことでしたので、早急に工事をさせていただきました。その様子をお伝えしていきます

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913