オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東大阪市にて雨漏り修理でお問合せ頂きました


東大阪市にて雨漏り修理のお問い合わせがありました。
皆さんは室内に雨漏りした場合、どこの修理を検討されるでしょうか?
雨漏りの要因は実に様々で、思いもよらない箇所から雨漏りしていた!と言う事も少なくありません。

「雨漏りした!!早く修理しなくては」と言う事は分かっていても、実際に雨漏りしている箇所とは全く違う所の不具合が引き金になっている場合もあります。ご自身で雨漏りの要因を特定するのはとっても難しいですね。

今回お問合せ頂きましたお客様も、雨漏りの修理をしたいけどどこに不具合が起こっているのか分からない😰
と言う事でしたのでまずは「雨漏り具合」「雨漏りの要因」を調査し、適切な雨漏り修理の方法をご相談させて頂く為現地に伺ってきましたので紹介させて頂きます(*^-^*)

雨漏り修理お問合せ

雨漏り被害にお困り
今回雨漏り修理でお問合せ頂きましたお宅です。屋根のメンテナンスは最近行っておられる様でした。
築は約20年程の洋風なお宅で、綺麗な外観からは「雨漏り被害に困っている」様には見えないですね。

最初にご紹介した通り雨漏りは実に様々な要因、箇所から発生する可能性があります。
中には「自分で応急処置したけど雨漏りが止まらない」というお問合せを頂く事も…。

雨漏りや建物の不具合にお困りの際は是非お気軽にご相談頂ければと思います(*^-^*)

意外に多い外壁からの雨漏り

塗膜のめくれ
では雨漏りの要因を細かく見ていきます。

こちらは玄関上のベランダ外壁部分です。遠目では分かりませんが近寄ってみると外壁の塗装がめくれているのが確認出来ました。塗装の剝がれやめくれは塗膜の劣化が進行しているサイン。
塗膜による防水効果はほとんど無く、雨水が外壁材に染み込みやすい状態になっています。

外壁は屋根同様に建物を雨風から守ってくれる大切な建材です。
外壁に雨水が染み込んでしまった場合建物自体の老朽化を早めてしまう危険が高まります。

(。´・ω・)ん? なぜ外壁から雨水が侵入すると建物が脆くなるの?と感じた方もおられるでしょうか? 

もちろん屋根からの雨漏りも早めに修理が必要ですし、建物自体も傷めてしまいます。
ですが屋根よりも面積が大きい外壁からの雨漏りは進行も早く、広い範囲で内部の木材を腐食させてしまう危険が高いのです(>_<)

軒天の劣化症状にも要注意

塗膜のf劣化
次は軒天部分を見て頂きます。
こちらも劣化が進行している状態でした。

軒天に使用されている建材も様々ですが、一般的には「ケイカル板」といわれるケイ酸カルシウム板で仕上げられています。

ここで少し考えてみましょう。
軒天は一般的に見て直接雨風が当たりやすい場所ではなはずです。と言う事は塗膜の剝がれなどは起こりにくいはず…
下から見た軒天塗膜劣化
しかし実際この軒天部分の劣化は意外にも多いんです。

確かに上からの雨には当たりません。
強い日差しも直接は当たりません。
しかし横から吹き込んでくる雨や、照り返しによる日差しは思っている以上に影響しているんですね。

軒天の劣化が見られた場合は要注意!
軒天の劣化が進むとやがて欠落してしまい、最悪の場合穴が開く事もあります。雨漏りの要因に繋がる事もある為、色褪せや塗膜の剝がれ、カビやコケの発生は軒天の劣化サインとして見逃さない様に気を付けたい部分です。

ベランダからの雨漏り

防水効果の切れたベランダ
まさかここから?という雨漏りポイントはまだあります。

ベランダやバルコニーからの雨漏りも非常に多い箇所です。

元々外部に飛び出て施工されているベランダからの雨水の侵入…あんまりピンと来ないかもしれません。
外壁塗装の剝がれ
実はベランダ部分には雨水が侵入しやすい箇所がいくつかあります。ですが「どうせ外部だし、雨が直接当たる部分だから放置しても問題ない」と思っている方も多く見落とされやすい箇所です。

・窓やサッシ廻りのコーキングの劣化
・手すり笠木の劣化
・排水溝ドレンの排水障害
・ベランダ自体の防水層劣化、ひび割れ

こうやって見ていると、ベランダにも雨漏りの劣化が要因で雨漏りしている可能性も以外に多いのがお分かり頂けるかと思います。


雨漏り=屋根が要因!と考える方は多く、屋根を修理したのに雨漏りが止まらないというご相談も数多く寄せられています。雨風などから建物を守っているのは屋根だけではありません。

今回ご提案させて頂いた雨漏り修理の方法は外壁塗装とベランダ防水です。お客様に分かりやすく工事内容などのご説明をさせて頂きました。

雨漏りは突然起こるものです。放置しておくとどんどん建物自体の強度が低下していきます。
大変危険を伴う為、ご自身での応急処置はお勧めしませんが、もしご自身で応急処置をした場合であっても早めにプロの業者による雨漏り修理を行って頂く事が大切です(*^-^*)

建物に関するお悩みやご質問などありましたらいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。弊社スタッフがしっかり対応させて頂きます(^^♪

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市にて屋根工事 平板瓦を使った葺き替えとカバー工法実施

葺き替え工事前
葺き替え完工
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
防災型平板瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
100万円
施工事例

八尾市での屋根工事事例 劣化したスレート屋根のカバー工事

既存屋根棟板金撤去
カバー工事完成写真
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト ブラウン
築年数
約25年
建坪
保証
穴あき25年
工事費用
90万円
施工事例

東大阪市での屋根リフォーム 強化棟への積み替えと瓦の差し替え

屋根リフォーム前
冠瓦取付け
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
シルガード、釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
35万円

同じ地域の施工事例

施工事例

東大阪市にて屋根工事 平板瓦を使った葺き替えとカバー工法実施

葺き替え工事前
葺き替え完工
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
防災型平板瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
100万円
施工事例

東大阪市での屋根リフォーム 強化棟への積み替えと瓦の差し替え

屋根リフォーム前
冠瓦取付け
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
シルガード、釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
35万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ドローンで上空からみた瓦屋根

今回ご紹介させていただくのは、築30年の藤井寺市の瓦屋根のお宅です。瓦屋根から雨漏りが起きており、どこから雨漏りがしているのかまずは詳しい現状を確認させていただきました。確認させていただいたところ屋根の棟が漆喰の劣化から一部崩れてしまってい...........

ベランダの劣化

先日羽曳野市のお客様にて数か月前から雨漏りがするとのお困りで弊社にご相談をして頂き、実際にお宅に伺った後に、雨漏りの被害はベランダの劣化による漏水が考えられる為、ベランダの防水工事と笠木部の補修、塗装をさせて頂くことになりました。防水工事に...........

モニエル瓦雨漏り

松原市にて雨漏り修理のご依頼を頂きました。雨漏りの状況と最善な雨漏り修理の方法を確認する為現地にお伺いしました様子のご紹介です。以前の台風以来雨漏りする様になったそうですが、雨の降り方によっては気にならない程度だった様です。ですが最近、徐々...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913