オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

松原市にて瓦屋根修理 葺き替え工事、強化棟交換、破風板塗装をご提案


今回は、松原市にて築25年のお宅の瓦屋根修理のご依頼をいただきました。

ご相談いただいたきっかけは、以前に雨漏り被害に合われたので瓦屋根の一部補修をされたそうですが
再度雨漏りをするということでご相談をいただきました。

どのような症状があれば補修が必要なのか見ていきたいと思います!

瓦屋根のメンテナンス

瓦屋根のお宅
こちらが今回ご相談いただいた築25年の瓦屋根のお宅です。
何箇所か瓦の色が違う部分があります。
これは以前瓦の差し替えをされた部分です。

その時は一時的に雨漏りがおさまったそうですが、再度雨漏りが始まったようで詳しく確認させていただきました。

瓦屋根のお宅
瓦屋根の最適なメンテナンスの時期は10年~15年とされています。一度部分的な補修をされてもまた雨漏りなどの不具合が起きるのならば葺き替え工事棟の取り直しをおすすめさせていただきます!

葺き替えとは…すでに葺かれている屋根材を撤去して新しい屋根材に替えるというものです。



漆喰や棟は大事です!

棟交換のご提案
次に棟の確認です。
上の2枚のお写真の赤丸の部分は漆喰です。
漆喰とは屋根瓦の一番上の(緑丸で囲んだ部分)の土台を支えるために塗り込んでいる材料のことです。
DJI_0349-columns2
この漆喰は定期的にメンテナンスをする必要があります。

漆喰は雨風や直射日光などにより経年とともに劣化していきます。
劣化した漆喰の部分から瓦の下の葺き土に雨水が浸透し棟全体がダメージを受け雨漏りの原因につながることがあります

漆喰がボロボロになっています!

漆喰がボロボロ
拡大してみましょう!
漆喰がボロボロになっているのがわかります。このままだとどんどん雨漏りは進行していきます。
そこで『強化棟への交換』をご提案させていただきました。


従来の棟瓦は 葺き土・のし瓦・冠瓦を積み重ねて作られていました。
土がもろくなり雨水で流れ棟が崩れることがあります。
また重量自体も大変重く耐震性にも欠けることから現在ではあまり使わない技法になりました。

では現在主流となっている棟は何なのでしょうか?それが強化棟なのです!
強化棟は従来の冠瓦と比べ非常に軽量で防災棟強化器具というものでビス止めされているので耐震性に優れているのです!

雨樋が折れています!

樋が折れている
次にこちらのお写真をご覧ください♪
雨樋が折れてしまっています

雨樋は屋根から落ちてきた雨水を受け止め雨水の通り道を通り決められた正しい道筋で雨を排水してくれる役割があります。


樋が折れている
しかし雨樋が壊れて不具合をそのまま放置してしまうと、外壁に雨水がかかるようになり外壁のヒビ割れから雨水が侵入し雨漏りを引き起こすことがあります。

たかが雨樋されど雨樋。
雨樋の不具合を放置すると
建物全体の寿命を縮めることになるんですね

破風板の塗装が…

破風板塗装が取れています
こちらの赤丸で囲んだ部分を破風板(はふいた)といいます。
破風とは屋根の妻(端)側の部分のことを指します。

破風板の役割は…?
1雨風を防ぐ。
屋根は上からの雨風には強いですが横や下からには対しては弱いです。しかし破風板があることで屋根裏に雨風が侵入することを防いでくれます。
2防火
火災は下から上へと延焼します。破風板があることによって火の回りを遅らせることができます。
3建物の劣化を防ぐ
破風板は雨樋の基本となる部分です。先ほど雨樋は外壁への雨水の侵入を防ぐとお話ししましたが、
破風板も雨樋と同様に外壁への雨水の侵入を防ぎ外壁塗装の劣化を防いでいます。


こちらのお宅の破風板は塗装が剥がれ経年と共に劣化しているのがわかります。
破風板は太陽光雨風により劣化し特に木材で出来た破風板はそれらの影響を受けやすいです。
こちらのお宅のように塗装が剥がれてきているという事は破風板自体の防水性が劣化しているという事がわかります。

破風板の防水性が劣化しているという事は外壁への雨水の侵入が起きやすく雨漏の原因にも繋がるという事なので
破風板の塗装をおすすめします!!


まとめ

一つの屋根だけでも、たくさんの部位がたくさんの役割を担って一つの建物を守っているのですね!
建物を守るためには定期的なメンテナンスが必要ですね♪

屋根の修理やメンテナンス等で何かお困りの事がありましたら、
どんな些細なことでも街の屋根やさん松原店にいつでもご相談ください♪

似たような事例の掲載もございますのでご覧ください♪


同じ工事を行った施工事例

施工事例

羽曳野市にて台風被害に遭われたお宅の屋根葺き替え工事が完工しました

モニエル瓦のお宅
スーパーガルテクト施工
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
台風
使用素材
スーパーガルテクト フッ素ブラウン
築年数
約35年
建坪
保証
5年
工事費用
約200万円

同じ地域の施工事例

施工事例

松原市にて台風被害!蔵の棟瓦の取り直しと屋根補修工事の事例

台風21号による瓦の被害
瓦の補修
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
台風
使用素材
新しい瓦
築年数
築50年以上
建坪
15坪
保証
1年間
工事費用
約27万円
施工事例

松原市にて台風の被害によるテラス屋根のポリカ波板交換の事例

テラス屋根
波板の設置
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約6万円
施工事例

松原市にて台風後の瓦屋根の補修工事を行った施工事例

面土漆喰
面土漆喰の施工
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
釉薬瓦(青緑色)・漆喰
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約13万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ドローンを使って撮影

今回は松原市にて屋根改修工事のご依頼をいただきました。ご相談いただいたきっかけは、築70年程経過しているお宅という事ですので、もし瓦が落下したら…とご心配だったようです。また、耐震性に優れた軽量屋根に葺き替えをしたい!とお考えだったようで弊...........

雨漏りボードの剝がれ

【経緯】羽曳野市のT様のお宅も一昨年の台風21号の影響にて軒天ボードが大雨、猛烈な強風により割れ剥がてしまった箇所が7箇所ほどになり、雨漏りは、その箇所からは起こしてないのですが、体裁が悪い為、軒天の全体ボード交換ではなく、剥がれてしまった...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913