オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

松原市にて屋根修繕のお問合せ カバー工法をご提案しました


今回は松原市にて屋根修繕のお問合せをいただきました!

こちらのお宅は築25年のスレート屋根のお宅で、屋根の一部に陸屋根が張り出しているような複雑な形状のお宅です。

スレート屋根の寿命は大体20年~30年で、新築または前回のメンテナンスから
10年に1度を目安に塗り替えを行ってあげるのが望ましいとされています。

屋根修繕といっても修繕方法は様々です。
今回弊社でご提案させていただくカバー工法をはじめ様々な修繕方法をご案内していきたいと思います。

では、まずはどのような症状がでたら屋根の修繕をするべきなのかご紹介します!

ドローンを飛ばして確認

陸屋根付きスレート屋根
まずはドローンを飛ばして上空から見てみます
街の屋根やさん松原店ではドローンを使って屋根を上空から確認することができます♪

従来の梯子を使っての確認ですと、一度に屋根全体を見ることができず写真を見返してもどこがどこの部分かわかりずらいことが多かったのですが、ドローンでは屋根全体が一目瞭然です♪
また、屋根に直接上らず点検できるので、時短にもなりますし屋根を傷つけることなく点検ができます!

ドローンで撮影しながら確認することで、屋根全体の形状や劣化がわかりやすいですね

表面劣化

スレート屋根の劣化
こちらのお写真をご覧ください。屋根の表面劣化が目立ちます。

スレート屋根は新築時の塗装によって防水機能を保っています。
紫外線などの影響で劣化し築5年~7年程で塗膜の効果が薄れてきます。
防水機能が低下し前記のような表面の劣化症状として出てきます。こうなると防水塗膜の機能していない状態です。
防水塗膜が機能していないということは雨漏りに繋がる可能性が高くなるのです!


屋根の劣化症状は様々な原因があります。
ではどのような劣化症状が現れると屋根修繕をしたほうが良いのか詳しくみていきましょう!

劣化の一つであるカビの発生

スレートにカビ発生
拡大してみてみると…黒くなっていますね。これはカビです!
防水塗膜の劣化により水はけが悪くなりカビやコケがはえてしまうのです

屋根にカビやコケが発生すると…?
・雨が降ると屋根自体が水を吸水してしまい雨がながれていかない→雨漏りの原因に!
・常に水分を含んだ状態なので建物自体がもろくなり、屋根材が欠けたり割れやすくなる
・屋根内部の防水シートや木材までも腐らせる

放置すると大変なことになりますね

スレートのズレ

スレートのズレ
こちらのお写真をご覧ください。
ところどころスレートが浮いたりずれているのです!
そして色褪せも目立ちます。

スレートに浮き・ズレ・ヒビなどがあると…?
・隙間から雨水が侵入し、中の防水シートまでいくと雨漏りの原因になる
・棟板金の釘が浮いてきて抜け落ちることがある。
(棟板金の釘は築7年~10年で大抵のお宅では浮いてきます。そして棟板金が日の光によって温められ熱膨張し徐々に釘が抜けてきます。ですので屋根の修繕と同時に棟板金のメンテナンスもされるお客様が多いです。)

色褪せがあると…?
色褪せがあるということは塗装の防水性が薄れているというサインなのです。
防水性が薄れているということはスレート屋根自身が雨水を吸収してしまい下地の劣化を進行させてしまうということです!


このような劣化のサインを放置してしまうと雨漏りのリスクが高まります

葺き替え工法とカバー工法の違い

このような症状がみられましたら、一度業者に屋根修繕のご相談をされることをおすすめします!
しかし屋根修繕の方法は1つではありません!
屋根修繕方法は主に葺き替え工法カバー工法という方法があります。

葺き替え工法とは
これまでの屋根を解体、撤去し新しい屋根に吹き替えることです。

カバー工法とは
葺き替えとは異なり現在の屋根をそのまま残し、その上に新しい防水シートを貼り付け、新たな屋根材を被せて覆って行う工法です。

両者共にメリットデメリットがあります。
葺き替え工法のメリット                
・下地が新しくなり屋根の寿命が長くなる        
・屋根材が既存よりも軽くなる             
・耐震性向上                     
葺き替え工法のデメリット               
・工期が長い                      
・費用が高額
・廃材が多く出る
カバー工法のメリット
・費用を安く抑えることができる
・工期が短い
・断熱性・防音性・防水性があがる
カバー工法のデメリット
・屋根が重くなる
・劣化が激しすぎるとできない



スーパーガルテクトでのカバー工法をご提案

今回のお宅では、スレート屋根表面の劣化が激しく非常に脆く割れやすくなっている為、塗装によるメンテナンスだけでは不十分と判断しました。ですが下地の腐敗や既存の屋根材の劣化はそれほどひどくありませんでした。

屋根や下地の状態と先ほどご説明させて頂いたメリットデメリットを踏まえ
今回のお客様はできるだけ費用を抑えながら屋根修繕をしたいとのことでしたので
スーパーガルテクトでのカバー工法をご提案させていただきました。

スーパーガルテクトとは…
屋根材と断熱材を一体化したもので耐久性断熱に優れさらに非常に軽量な金属屋根です。

壁際板金(雨おさえ板金)

壁際板金
次にこちらの赤丸をご覧ください。
赤丸で囲んだ部分は壁際板金(雨おさえ板金)というものです。
こちらのお宅ではこの壁際板金(雨おさえ板金)を以前雨漏りにより一部修繕されたようです。

壁際板金(雨おさえ板金)とは、
屋根が外壁と接合されている部分に取り付けられる板金のことをいいます。壁を伝わって落ちてきた雨水が壁と屋根の隙間に落ちないようにするためにつけられます。

棟板金

棟板金交換
こちらは棟板金(左)ケラバ板金(右)です。

棟板金とは、屋根の頂上部分に取り付けられる板金のことをいいます。
屋根の頂上部分はたくさんの屋根材が重なるところで複雑なつくりをしています。複数の屋根材が重なる部分なので結合部分のちょっとした隙間から雨水が侵入する可能性があるのです。この隙間を埋めて雨水が侵入してこないように棟板金がかぶせられます。

板金の寿命は?

これらの板金の寿命は約15年から25年です。
棟板金はで固定されているのですがこの釘が板金の熱膨張により築7年~10年で徐々に浮いてくるといわれています。
釘が抜けて放置していると抜けた釘の釘穴から板金の中にある貫板が腐敗したり、
近年よく発生している大型台風で板金自体が風に飛ばされることがあります。


棟板金の浮きや、釘の抜けなどにも注意して屋根修繕をされる際は板金交換も同時に行う事がおすすめです!
今回各箇所の板金の痛みもみられましたので棟板金同様、板金の交換をご提案いたしました。

陸屋根の修繕

陸屋根の劣化
次に赤丸で囲んだ部分をご覧ください。こちらは陸屋根と呼ばれるものです。

陸屋根とは平屋根やフラット屋根と呼ばれ屋根勾配のないフラットな屋根のことをいいます。
陸屋根は平らな形の屋根ですので三角屋根と比べ水はけが悪くきちんと防水処理をしないと雨漏りしやすいのです。

防水性も年月と共に劣化してきますので定期的な点検とメンテナンスをすることで屋根の寿命を延ばす事が可能です!


こちらのお宅の陸屋根の方も塗装の剥がれや劣化による防水性の低下が見られる為、
塗膜防水や塩ビシート防水などの防水工事をしておくと安心です。
今回は耐久性が高く長期的なコストパフォーマンスが高い塩ビシート防水をご提案させていただきました。

まとめ

屋根や板金の経年劣化は必ず起こるものです。大切なのは雨漏りなどが起こる前に早めのメンテナンスを行う事です!
点検や診断は無料で行っている業者さんも多く、定期的に行う事で深刻な被害を未然に防ぐ事が出来ます。
街の屋根やさん松原店でも屋根や外壁建物に関する点検等無料で行っておりますので、
お困りの際はお気軽にお問合せください!


屋根修繕の事例を掲載しておりますのでぜひご覧ください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

住吉区にて台風の強風で破損したベランダ屋根の波板修理

ベランダ屋根のポリカ波板交換
ベランダ屋根の波板交換
工事内容
屋根補修工事
台風
3階建て
使用素材
ポリカ波板
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
5.5万円
施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

松原市にて台風被害!蔵の棟瓦の取り直しと屋根補修工事の事例

台風21号による瓦の被害
瓦の補修
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
台風
使用素材
新しい瓦
築年数
築50年以上
建坪
15坪
保証
1年間
工事費用
約27万円
施工事例

松原市にて台風の被害によるテラス屋根のポリカ波板交換の事例

テラス屋根
波板の設置
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約6万円
施工事例

松原市にて台風後の瓦屋根の補修工事を行った施工事例

面土漆喰
面土漆喰の施工
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
釉薬瓦(青緑色)・漆喰
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約13万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ドローンで上空からみた瓦屋根

今回ご紹介させていただくのは、築30年の藤井寺市の瓦屋根のお宅です。瓦屋根から雨漏りが起きており、どこから雨漏りがしているのかまずは詳しい現状を確認させていただきました。確認させていただいたところ屋根の棟が漆喰の劣化から一部崩れてしまってい...........

ドローンを使って撮影

今回は松原市にて屋根改修工事のご依頼をいただきました。ご相談いただいたきっかけは、築70年程経過しているお宅という事ですので、もし瓦が落下したら…とご心配だったようです。また、耐震性に優れた軽量屋根に葺き替えをしたい!とお考えだったようで弊...........

ブルーシートで応急措置

今回は羽曳野市にて瓦の差し替え工事を行いました!台風の影響により、瓦が剥がれて雨漏りしているとのことでしたので、早急に工事をさせていただきました。その様子をお伝えしていきます

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913