オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

羽曳野市にてベランダの床を塩ビシートで防水工事を行いました


先日羽曳野市のお客様にて数か月前から雨漏りがするとのお困りで弊社にご相談をして頂き、実際にお宅に伺った後に、雨漏りの被害はベランダの劣化による漏水が考えられる為、ベランダの防水工事と笠木部の補修、塗装をさせて頂くことになりました。
防水工事にはいくつか種類があります。今回させて頂いた防水工事は「塩ビシート防水工事」です。特徴としては、下地が傷んでいても施工ができるということです。そして紫外線に強く、耐久性も長い防水工事になります。
それでは実際に工事をしている様子をご紹介していきます。

ベランダは水捌けが悪くなり、床面はかなり劣化しています

ベランダの劣化
ベランダは傾斜がなく水捌けが非常に悪いので、床面には防水処理が施されています。
どんな防水処理が施されているのかというと、防水シートや防水塗装を施工して防水層を形成することで雨漏りが発生しないように作られているのです。
ただ、防水シートや防水塗装はどうしても経年劣化してしまいます。劣化が激しくなると、ひび割れなどが発生し、そこから雨漏りに繋がります。

シート防水の工程は「密着工法」と「機械固定工法」があります。
密着工法➡下地に接着剤を塗布し、防水シートを張り付ける工法です。シートが下地に全面接着されることにより、耐風圧性に優れます。
機械固定工法➡固定ディスクを用いて、防水シートを屋根下地に固定する工法です。下地の影響を受けにくく、改修工事の場合など、下地処理が最低限で済み、工期短縮をはかることができます。

塩ビシート防水工事【密着工法の手順】

ベランダ下地処理
今回は「密着工法」でしていきます。
下地の掃除
下地を乾燥させ、砂などを綺麗にしていきます
下地の処理
下地との接着力強化の為、プライマーや樹脂モルタルなど均一に塗布する

塩ビシートに接着剤塗
接着剤の塗布
接着剤をシートに均一に塗布していきます
塩ビシート下地
下地にもしっかり接着剤を塗布していきます

※塩ビシートは突起のない平滑な下地が要求されます
塩ビシート張り付け
シートの貼り付け
シートの割付の後、シワや空気の入り込みに注意してシートを張り付け、ローラーなどで十分に転圧する

ベランダの立上り部もしっかり固定していきます

ベランダ立上がり部固定
立上りの出隅や入隅には塩ビ鋼板をアンカーで打ち付けその上に塩ビシートを貼っていきます。
塩ビシート貼りつけ
塩ビシートの立上りまわりを溶着します。床面がある程度終わると立上り付近の締めの作業になります。塩ビシートの固定方法として溶着材や熱風機を使います。接着剤を塗り、熱風機を当てながらへらで押さえつけ接着していきます。
隙間なくしっかり貼り付けをすることでで雨水の侵入を防ぎます!

これで塩ビシートの貼り付け完了になります

塩ビシートつなぎ目
さらに塩ビシートのつなぎ目は特殊な溶剤で接着していきます。
塩ビシート防水貼りつけ
全体的に綺麗に貼りつけが終えました✨
塩ビシート防水はシートを貼りつける工法なので、複雑な形状には対応が難しくなります。ですが、下地に凸凹があっても仕上がりは均等になります。寿命も長く、紫外線や熱に対して耐性があります。低コスト・短時間で工事ができるといったメリットがあります

では次に笠木部の補修をしていきましょう❕

次に笠木部の補修・塗装をしていきます

笠木部補修・塗装
笠木とは?
物や人が落ちないように必ず外周に手すり壁が設けられていますがその手すり壁の最上部をカバーするように設置されている仕上げ材が笠木です。
手すり壁や塀の頂点に帽子のように被せる笠木ですが、必要とされる目的や役割も変わってきます。
ベランダやバルコニーの笠木に関しては特に機能性を高めるという役割が大きいと言えます。なので雨漏りを防ぐ為の防水機能です。
笠木塗装
「塗装による笠木の補修は意味があるのかな?」と思う方もいるかもしれません。
そもそも塗装を行う理由の1つは見た目です。色を変えてあげることで時間がたって色褪せてきた美観を取り戻したいといったことです。もう1つは塗膜をつくることで防水性を高めるためです。塗装は笠木の補修といった側面で見た場合に意味がないとは言いませんが、笠木の劣化を防ぐ為の予防的な施工であり、劣化して状態が悪くなった笠木や雨漏りを修理するためのものではないということです。
今回のお宅の劣化症状はベランダの劣化による漏水が考えられた為、ベランダの防水工事と笠木部の補修・塗装をさせて頂きました。そして今回ご提案させて頂いた工事は「塩ビシート工事」です。特徴としては下地が傷んでいても施工が可能なのです。

雨漏りは屋根からだけではありません。ベランダやバルコニーからといったこともあります。気になることや分からないこと等お困りなことがあれば街の屋根やさん大阪松原店にご相談下さいね

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市にて屋根工事 平板瓦を使った葺き替えとカバー工法実施

葺き替え工事前
葺き替え完工
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
防災型平板瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
100万円
施工事例

八尾市での屋根工事事例 劣化したスレート屋根のカバー工事

既存屋根棟板金撤去
カバー工事完成写真
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト ブラウン
築年数
約25年
建坪
保証
穴あき25年
工事費用
90万円
施工事例

東大阪市での屋根リフォーム 強化棟への積み替えと瓦の差し替え

屋根リフォーム前
冠瓦取付け
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
シルガード、釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
35万円

同じ地域の施工事例

施工事例

羽曳野市にて屋根補修 瓦の葺き直しと漆喰を火災保険で対応

瓦のずれ
ラバー工法
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
火災保険
台風
使用素材
既存の瓦とラバー、漆喰など
築年数
築40年以上
建坪
35坪
保証
1年間
工事費用
15万円
施工事例

羽曳野市にてベランダ屋根のポリカパネル交換工事の事例

2階のベランダのポリカパネル
ベランダ屋根のポリカパネル交換
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネートパネル10枚
築年数
約20年
建坪
30坪
保証
1年間
工事費用
18万円
施工事例

羽曳野市にて台風の強風による被害で瓦屋根補修工事を行いました

台風21号による被害
瓦補修工事の完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦と既存瓦、漆喰
築年数
築40年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ドローンで上空からみた瓦屋根

今回ご紹介させていただくのは、築30年の藤井寺市の瓦屋根のお宅です。瓦屋根から雨漏りが起きており、どこから雨漏りがしているのかまずは詳しい現状を確認させていただきました。確認させていただいたところ屋根の棟が漆喰の劣化から一部崩れてしまってい...........

モニエル瓦雨漏り

松原市にて雨漏り修理のご依頼を頂きました。雨漏りの状況と最善な雨漏り修理の方法を確認する為現地にお伺いしました様子のご紹介です。以前の台風以来雨漏りする様になったそうですが、雨の降り方によっては気にならない程度だった様です。ですが最近、徐々...........

ベランダの劣化

今回羽曳野市にて防水工事のご依頼を頂きましたお宅は、数か月前から雨が降る度に雨漏りするようになったとお困りで弊社にご連絡頂きました。お客様からのヒアリングにより雨漏りの原因となっている箇所はベランダのようで、「雨漏り具合」や「劣化具合」など...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913