オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

藤井寺市築25年程 今後の雨漏りがご心配のお客様からご相談


今回は藤井寺市にて、雨漏りについてご心配のお客様からご相談を頂きました。

築25年程のお宅で屋根の経年が進んでいることから今後雨漏りが起こるのではないか…
そろそろ屋根のメンテナンスをした方がよいのではないか…というお悩みをお持ちでした。

今回のお宅はスレート屋根というセメントを薄い板に加工した屋根材で日本で最も普及している屋根材です。スレート屋根の寿命は一般的に20年~30年で新築または前回のメンテナンスから10年に1度を目安にメンテナンスを行ってあげるのがの望ましいです。


ドローンで上空から確認

ドローンで確認したスレート屋根
こちらが今回ご相談いただいたお宅です。

弊社ではドローンを使って上空からの確認を行っております。
ドローンで撮影することで屋根全体の状態が一目瞭然です!

劣化したスレート屋根
梯子を登ってでの確認よりはるかに時間短縮ができますし直接屋根に登る事がないので屋根を傷つける心配もありません♪

なかなか屋根の上の状態を見る機会がないのでお客様からも大変好評頂いております!

では詳しく屋根の状態を見ていきましょう!

スレート屋根の色褪せ

スレート屋根のズレ
劣化症状の一つにスレート屋根の色褪せがあります。
新築時にスレート屋根に塗られた塗装が紫外線等の影響から劣化し色が褪せてしまいます。

屋根自体には元々防水機能はありません。屋根の上に塗られている塗膜が雨や紫外線から屋根を守ってくれているのです。
つまりその塗膜が剥がれてきたり色褪せが生じると防水機能が失われているサインなので、そこから雨水が吸収され雨漏りの原因になることがあるのです…


カビ・コケ・錆などが生えると水はけが悪いサインです!

カビとコケが生えたスレート屋根
黒く見えるのはカビです
屋根の先端に付着している緑色のものはです…。
そして黒丸で囲まれている部分は錆びです。
なぜカビ・コケ・錆が屋根に発生するのでしょうか?



錆が生えたスレート屋根

それは水はけの悪さが原因です。屋根や外壁にこれらが発生するという事はその部分の水切れが悪くなっていたり水分を吸収することが出来にくくなっているという事です。
つまり塗膜の防水機能の劣化が原因だという事です。

スレートのズレ・ヒビ

DJI_0955-columns1
スレート屋根の劣化は他にもあります。
こちらのお写真で確認できるのはスレートのズレやヒビ割れです。

スレートのズレやヒビ割れを見つけるとすぐに雨漏りがあるというわけではありませんが、
そのまま放置しているとズレやヒビが経年と共に大きくなりそこから雨水が侵入し最終的には雨漏りになってしまいます。

軽度のズレやヒビ割れですとスレートの差し替えやコーキングでの補修も可能ですので
ズレやヒビ割れ等を見つけたら一度業者にご相談することをお勧めします。

板金からの雨漏りも多いんです!

板金
赤丸で囲んだ部分を棟板金
青丸で囲んだ部分を隅棟(下がり棟)といいます。
棟板金とは…屋根の頂点にある屋根と屋根が結合した部分のことで結合部分から雨水が侵入しないように必ず必要な箇所です。
隅棟(下がり棟)とは…屋根の頂上から雨樋の方へ降りている棟のことです。


近年大型台風がよく発生します。この大型台風により板金が飛ばされた!というご相談を多く頂いております。
飛ばされる原因は板金の下にある貫板です。棟の構造は葺き上げられた屋根材を貫板という板でおさえ、その上からこの貫板に釘を打って板金を被せているのですが、この釘が原因で貫板や板金を飛ばしてしまうことがあります。

この釘は築年数が進むと錆びたり緩んだりしてしまいます。(釘が劣化する原因は主に棟板金の熱膨張です。棟板金は金属なので紫外線や日光により熱で膨張し膨張する時に釘も一緒に引っ張られます。)

この釘が劣化している状態で大型台風が発生すると、板金が飛ばされてしまうのです。また大型台風だけでなくこの釘の緩みの隙間から雨水が侵入し貫板を腐らせ雨漏りを引き起こす場合もあります。

屋根のメンテナンスと同時に板金のチェックも必須となってきます。
幸い今回のお宅の板金は特に大きな劣化は見られませんでしたが定期的なメンテンナンスが雨漏り予防に繋がります!

定期的なメンテナンスは雨漏り予防になります!

ドローンで確認したスレート屋根
今回のお宅では特定の箇所が原因で今後将来的に雨漏りになりそう!という状態ではなかったものの築年数の経過からスレート屋根の劣化が見られました。築年数も25年程経たれているので今後将来的に雨漏りがあるという、もしもの時に備えてメンテナンスの必要性をお伝えさせていただきました。


詳しい屋根工事の種類についてはこちらからご覧ください♪


雨漏りの原因は屋根からだけではありません。
街の屋根やさん松原店では屋根はもちろん、ベランダや外壁などの事についてもご相談いただけます。
些細なことでもかまいません。何かお困り事やお悩みがございましたらお気軽にご相談ください♪


屋根についての他の事例の掲載もありますのでこちらからご覧ください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

住吉区にて台風の強風で破損したベランダ屋根の波板修理

ベランダ屋根のポリカ波板交換
ベランダ屋根の波板交換
工事内容
屋根補修工事
台風
3階建て
使用素材
ポリカ波板
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
5.5万円
施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

藤井寺市にてガルバリウム鋼板の金属屋根 葺き替えの施工事例

IMG_0115
アイジー工業 スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト Sシェイドブラック
築年数
40年
建坪
30坪
保証
10年間
工事費用
約120万
施工事例

藤井寺市で外壁・屋根の塗装工事を行いました屋根塗装の事例です

屋根塗装前
屋根塗装完了2
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
アレスクール1液SI
築年数
10年前後
建坪
18坪
保証
5年
工事費用
15万円
施工事例

藤井寺市にて漆喰詰め直し工事と外壁塗装の施工事例

屋根漆喰
漆喰詰め直し
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
外壁塗装
使用素材
日本ペイント パーフェクトトップ
築年数
約40年
建坪
15坪
保証
5年間
工事費用
70万円(漆喰と外壁塗装)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天窓

今回こちらのお宅の屋根では雨漏りしているとのご相談を頂き、以前点検に伺っておりました。屋根を確認させて頂くと、こちらのお宅には天窓がついていました。天窓がついていますが、屋根リフォームは可能です!今回屋根リフォーム内容として「カバー工法」を...........

部分足場の組立

藤井寺市にて、瓦屋根の修理をする前に、先日点検に伺ったんですが、軒先部分の瓦屋根が経年劣化によりズレてしまっていて、雨水を排出してくれる雨樋にまでかぶってしまっていました。これでは上手く屋根の雨水を雨樋に流すことができずにそのまま外壁や床に...........

ドローンで上空から撮影した瓦屋根の様子

今回は藤井寺市にて瓦屋根修理のお問合せをいただきました。ご依頼いただきましたきっかけは瓦屋根のズレです。通常の瓦屋根は雨樋よりも手前に設置されており屋根に降り落ちた雨水が雨樋を通り排水されます。しかしこちらのお宅の瓦屋根は経年劣化によりズレ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913