オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

柏原市にて屋根工事 スーパーガルテクトでカバー工法をしました


今回は柏原市にてスーパーガルテクトを使用したカバー工法での屋根工事をさせていただきました。
カバー工法の施工と同時に棟板金・軒先板金・ケラバ板金の交換、アンテナの撤去も同時にさせていただきました。

スレート屋根の寿命は20年~30年とされており新築または前回のメンテナンスから10年をめどに屋根工事をすることが望ましいとされています。
今回ご依頼いただきましたきっかけは室内からの雨漏りです。新築時から一度もメンテナンスはされていないそうで、この雨漏りをきっかけに屋根工事を決行されました。屋根工事といっても方法は様々あります。そのお宅に合った方法をお客様とご一緒に考え提案させていただきたいと思います。

では今回のお宅が行ったスーパーガルテクトでのカバー工法について詳しく見ていきましょう♪

劣化は重要なサイン

スレート屋根の色褪せ



今回のお宅はこちらです。
スレート屋根の劣化が激しいですね。スレート屋根の主な劣化として色褪せ、カビや錆・苔の発生、スレートのズレや反りなどが挙げられます。こちらのお宅でもそれらの症状がみられました。

詳しく見ていきましょう。
劣化したスレート屋根
スレート屋根の色褪せは塗膜の防水性が劣化している重要なサインです。元々屋根材自体に防水機能は備わっていません。屋根材に塗装をしてその塗装に防水塗膜があるのです。その塗膜が剥がれおち色褪せが生じます。防水性が劣化することで水はけが悪くなり四六時中ジメジメした環境が生まれ、カビや錆やコケ等が発生してしまうのです。つまり雨漏りが起きるリスクが高まってしまうのです!

スーパーガルテクトでのカバー工法

スーパーガルテクト
こちらのお宅のスレート屋根の劣化状態を拝見したところ、劣化が激しく上から塗装するだけでは雨漏りを抑えることは不可能であると判断した為、スーパーガルテクトでのカバー工法をご提案させていただきました。

カバー工法とは…
屋根のリフォーム方法は大きく分けて葺き替え工事カバー工法があります。

葺き替え工事既存の屋根材を全て撤去し新しい屋根材を被せる工法です。下地も全て新しくなるので寿命が延びますが既存の屋根材を全て撤去するので廃材も多くでてしまい、工期が長く価格も一番高額です。

一方カバー工法既存の屋根材の上から新しい屋根材を被せるという工法です。廃材もでることがなく工期も短く価格を抑えることが出来ますが、既存の屋根材の上から新しい屋根材を被せる為重量が重くなってしまいます。




そこで紹介したいのがスーパーガルテクトです!!
スーパーガルテクトとは一言でいうと、超軽量断熱金属の屋根材です!
日本瓦の10分の1の軽さと言われており非常に軽く耐震性にも優れています。また遮熱機能にも優れ普通のスレート屋根と比べマイナス10度を実現します。またスーパーガルテクトは既存のスレート屋根に比べ劣化も少なく耐久性も非常に高いのが特徴です。今現在新築のお宅はこのスーパーガルテクトを使用したお宅が多くなってきています。

では詳しい工法を見ていきましょう♪

まずは古い棟板金を撤去します

棟板金
赤丸で囲んだ部分を棟板金といいます。
棟板金は屋根と屋根が重なった部分に被せる金属の板の事です。
もしこの棟板金がなければ屋根と屋根の隙間から雨水が入り放題で非常に重要な役割を担っています。
このように重要な役割の棟板金ですが、台風などの被害を一番に受けやすく雨漏りも発生しやすい箇所ですので屋根のメンテナンスと同時に棟板金のメンテナンスもされる方も多いです。

カバー工法ではまずこの棟板金の撤去から始めます。この棟板金の下には貫板があります。(写真で確認できる木材です。)貫板も撤去していきます。


ルーフィングシート(防水シート)を貼り付ける

防水シート
次にルーフィングシート(防水シート)の出番です。
このルーフィングシートを軒先から棟板金に向かって貼り付けていきます。ルーフィングシートの貼り付けに限らず屋根工事は軒先から始めるのが基本です。

ルーフィングシートとは普段なかなか見る機会がありませんよね。
ですが実はこのルーフィングシートが雨漏りを防いでくれているのです。このルーフィングシートがなければ屋根の下地にまで雨水が染み込みやがて室内の天井に雨染みが出来たり本格的な雨漏りになってしまうのです。ルーフィングシートは言わば『縁の下の力持ち』ですね!

軒先板金の交換

軒先板金 棟板金
次に軒先板金を取り付けていきます。
赤丸で囲んだ部分に取り付けていきます。(ちなみに青丸は先ほどご説明した棟板金です)
唐草・水切りと呼ばれる事もあり、水切りと呼ばれる通り屋根に落ちた雨水の水分量を水切りし調整して余分な水分をシャットアウトする役割があります。軒先は屋根に降り落ちた雨水が一番多く流れる部分なのでこの軒先板金で雨水の水分量を調節しているのですね!

防水シート 軒先板金
新しい軒先板金を取り付けました!
これで屋根に降り落ちた雨水が無事水分量が調節されスッキリと雨樋に流れ落ちてくれるはずです♪

ケラバ板金の交換

ケラバ板金
こちらのお写真は屋根のケラバといわれる部分です。
ケラバとは屋根の傾斜のついている三角部分のところです。
雨樋がついていない部分で、このケラバが雨水から外壁や雨戸を守ってくれています。また雨が降っていない晴れの日も紫外線や直射日光から外壁や窓を守ってくれていて、室内の温度調節の役割もあり夏季は特にケラバの重要性がわかります。

またこのケラバ部分に設置されているケラバ板金は軒先板金と同様雨水の水切りをするために設置されています。このケラバ板金は屋根の隙間から侵入してしまった雨水が溜まりやすい箇所で腐敗などもよく起きやすい箇所なのでこちらも定期的なメンテナンスをした方が良いとされています。

スーパーガルテクトの出番です!

スーパーガルテクト カバー工法
いよいよスーパーガルテクトの金属屋根を取り付けていきます。
SUSビスという錆びにくい屋根材に特化したビスでビス止めしていきます。
そしてSUSビスで留めたあとにシーリングで埋めていきます。こうすることでビス穴から雨水が侵入することはありません!

棟板金の交換

棟板金
スーパーガルテクトの取り付けが完了しましたら最後に新しい棟板金を取り付けていきます。
先程もご説明した通り棟板金は雨漏り防止としてとても大切な部分です。ちなみにこちらのお宅では近年の大型台風で棟板金の一部が飛ばされてしまっていました。そこから雨漏りが起きていたのですね…。


棟板金
ビス止めしていきます。ビスの打ち方によっては貫板が割れたりする場合もあるので確かな技術が必要になってきます。

下屋根・壁際板金

before1
DJI_0813-1-columns1-columns1-1-before
次に下屋根です。
下屋根は窓や軒先によく使われ直射日光を避ける目的があり雨除けにもなります。下屋根は直接外壁に取り付けられ接合部分が大きく隙間も出来やすい為雨漏りのリスクが高い部分です。こちらのお宅の下屋根は水はけが悪くカビで真っ黒になって劣化が激しい状態でした。
horizontal
after1
下屋根 壁際板金
下屋根もルーフィングシートを貼りその上からスーパーガルテクトでのカバー工法を行いました。そして赤丸で囲んだ部分をご覧ください。こちらは壁際板金といいます。壁際板金とは屋根と壁の隙間に侵入する雨水を捨て水切りして排水する役割があり、こちらも雨漏りのリスクが高い部分です。こちらの壁際板金も経年劣化していましたので交換させて頂きました。

不要になったアンテナもこの機会に撤去しましょう

アンテナ撤去
その他の付帯工事として使わなくなったアンテナの撤去もさせて頂きました。
『使わなくなったアンテナってそのまま放置していても大丈夫なのかな?』
『別に放置していてもなんの問題もないのでは?』とお考えのお客様も多いと思います。
実は…問題大有りです!!

アンテナの寿命は10年から15年程です。寿命を超えるとアンテナを支えていた金具や釘が錆びついてしまい台風や地震などの自然災害で折れてしまったり落下したりするケースがあります。この自然災害による被害がここ数年増加しています。もし下に歩いている人に当たってしまったら…恐ろしいですね。
また屋根に落下すると屋根が傷ついてしまいます。
不要になったアンテナは早急に撤去するようにしましょう。


そのお宅に合った屋根工事方法があります!一度ご相談を

今回はスーパーガルテクトでのカバー工法をご紹介させていただきました。
屋根工事にも様々な種類がありそのお宅にあった工事方法があります。屋根の状態やもちろん金銭面でも色々お悩みになられるかと思いますが、一度街の屋根やさん松原店にご相談してみてはいかがでしょうか?豊富な専門知識を持ったスタッフがご対応させていただきますのでお気軽にご連絡ください♪

今回の屋根工事を行うにあたり、事前に無料点検にお伺いさせて頂いた際の様子も掲載しておりますのでよかったらこちらからご覧ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市にて屋根工事 平板瓦を使った葺き替えとカバー工法実施

葺き替え工事前
葺き替え完工
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
防災型平板瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
100万円
施工事例

八尾市での屋根工事事例 劣化したスレート屋根のカバー工事

既存屋根棟板金撤去
カバー工事完成写真
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト ブラウン
築年数
約25年
建坪
保証
穴あき25年
工事費用
90万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

柏原市にて築50年以上の古い農家の建物のトタンの塗装工事

農家の家 トタン塗装
農家の家 トタン塗装
工事内容
外壁塗装
使用素材
関西ペイント 1液MシリコンHG
築年数
50年以上
建坪
保証
工事費用
25万 足場別途
施工事例

柏原市にて雨樋修理!雨といのつまりでお困りの施工事例

樋のつまり
雨樋
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
1.2万円
施工事例

柏原市で汚れたスレート瓦を遮熱シリコン塗料で屋根塗装を行いました。

屋根塗装前
屋根塗装完了
工事内容
屋根塗装
使用素材
屋根・アレスクール1液SI
築年数
10年前後
建坪
保証
5年
工事費用
19万円(屋根塗装のみ)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天窓

今回こちらのお宅の屋根では雨漏りしているとのご相談を頂き、以前点検に伺っておりました。屋根を確認させて頂くと、こちらのお宅には天窓がついていました。天窓がついていますが、屋根リフォームは可能です!今回屋根リフォーム内容として「カバー工法」を...........

スレート屋根・ひび割れ

羽曳野市にて雨漏り修理のご依頼をいただき、点検に伺ってきました。屋根材はスレート屋根で、色褪せやカビが生えていたり、棟板金のネジが抜けていたりと、劣化症状が見られました。今回の雨漏り修理のご提案として「カバー工法」をさせて頂きました。その様...........

ドローン撮影 雨漏り修繕

今回は八尾市にて雨漏り修繕のお見積りのご依頼をいただきました。こちらのお宅では普段の雨の際には雨漏りは起こらないようですが、大雨時に雨漏りが起こる事があるそうで業者探しをしていらっしゃたようです。今回弊社にもお見積りのご依頼をいただきました...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913