オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

羽曳野市にて塩ビシートで防水工事を行いました


今回は羽曳野市にてベランダの防水工事を行いました。ベランダの床は紫外線や雨の影響を受けやすい為、定期的に補修やメンテナンスを行う必要があります。防水工事にも様な工法があり、施工の条件や防水箇所の形状によってもさせて頂く工事も変わってきます。ベランダで使用される防水工事は「FRP防水」「シート防水(塩化ビニール/ゴム)」「ウレタン防水」といった種類があります。
FRP防水・・・木やコンクリートで作られた床の上にFRPシートを敷き、その上に樹脂を塗って硬化させる方法です。FRPはバスタブや自転車のボディパーツなど防水性に加え「軽さと強度」が同時に求められる場面で使われます。
ウレタン防水・・・ウレタン樹脂を塗りつけることで防水処理をした防水工事方法です。液体状のウレタン樹脂がゴム状に固まることにより、密封性の高い塗装ができます。ウレタン防水は、防水塗装のなかでも比較的メジャーな工法になります。
シート防水・・・塩ビシートやゴム製のシートを施工箇所に接着し、水の侵入を防ぐ防水工事です。そのなかでも2種類あります。
【密着工法】➡専用の接着剤で施工箇所とシートを接着させる工法。通気性はないので、まだ雨漏りしていない箇所向けです。接着剤を使用する為、施工箇所を十分に乾燥させる必要があります。
【機械固定工法】➡防水シートを鋼板やビスによって固定する工法です。下地に直接シートを密着させない為、下地の亀裂や振動、目地の拳動などの影響を受けることはありません。

今回はシート防水の塩ビシートで防水工事を行いました。

ベランダの防水は重要

ベランダ防水工事
こちらは施工前のベランダの様子です。ベランダの床にこのような症状が出たら補修工事を!!
表面の色褪せ・・・床の表面に色褪せが見られた場合、トップコートの機能が低下しています。
塗膜や防水層のひび割れや剥がれ・・・ひび割れや剥がれた個所を見つけた際は、表面のトップコートの塗膜だけなのか、もすくは防水層から劣化してしまっているのかを業者の方に確認してもらいましょう。めくれたり、浮き上がった箇所がある場合はトップコートや防水層だけではなく下地工事も必要になります。
ベランダに水が溜まる・・・ベランダに水が溜まるのは、排水溝(ドレン)にごみが溜まっている、防水効果が切れてしまっているといった原因が考えられます。まずはご自身で排水溝の掃除を行い水がきちんと流れるか確認してみましょう。
コケの繁殖・・・ベランドの床にコケが発生している場合は要注意です。放置してしまうと、防水層だけでなく、住宅自体を損壊させる危険性もあるため、早急にベランダのリフォームを行いましょう。
雨漏り・・・ベランダ床の防水性が失われると、水が建物内部へ侵入し、建物を支えている大事な骨組みなどが錆びたり腐食させたりしてしまう危険性があります。雨漏りはベランダ劣化の中で最も緊急性の高い状態です。

防水工事【密着工法】

塩ビシート防水
それでは今回施工した防水工事の様子をお伝えしていきましょう!
まずは全体の汚れを落とし、しっかり乾燥させた後に接着剤(プライマー)を塗布していきます。塗り漏れがないようローラーを使い満遍なく塗布していきます。
塩ビシート
シートにも同様接着剤を塗布していきます。

※今回は密着工法という工法で塩ビシートと下地の両方へ接着剤を塗布して、直接下地へ貼り合わせていく工法です。

つなぎ目をしっかり接着しないと防水工事の意味がありません

防水工事・立ち上がり
塩ビシートの立ち上がり、つなぎ目もしっかり貼り付けていきます。塩ビシートを貼り合わせるという特性上、シート同士のつなぎ目が発生してしまいます。このつなぎ目から雨水が侵入してしまっては防水工事の意味がなくなってしまいます。だからこそ、このつなぎ目の接着はしっかりする必要があります。
塩ビシート・コーキング
隙間にはコーキング剤という伸縮性のあるゴムのような素材を埋めていくことによって、雨水の侵入を防いでくれます。

隙間を埋めることによって雨漏りを防いでくれます

防水工事・ビス留め
そして、コーキング剤を埋めた上から金物で固定していき、ビス留めをしていきます。
防止工事・密着工法
ビス留めをした箇所もコーキング剤をうちこみ、隙間をなくす必要があります。

ドレン周りも防水工事で重要な箇所になります

防水工事
排水部分もしっかり防水層を作ってあげます。この排水部分を「ドレン」と言います。雨水を雨樋へ流す役割があります。しかしこのドレン内部が劣化していると、雨水を雨樋へ流す過程で雨漏りが起きてしまいます。
防水工事・ドレン周り
排水ドレンが原因で雨漏りしているケースが非常に多くドレン周りは防水工事の中でも重要な箇所になります。そこで既存のドレンに新しいドレンを被せてドレン内部にも防水層を作り出す、改修ドレン工事が必要なのです。

これで防水工事は完成です!!

塩ビシート防水工事
これで塩ビシートを使った防水工事は完了です☆彡
塩ビシートは複雑な形状には不向きですが、耐久性に優れており、熱や紫外線にも強く防水性のシートの為、最大で15年程長持ちさせられます。そしてなにより、短期間で施工可能です。なぜかというと、防水材が既成のシートで厚さが一定なので広い面積も一度もむらなく施工可能だからです。効率よく綺麗に仕上げるなら今回のようにシート防水がおススメになります。
今回行った防水工事は塩ビシートでの施工でしたが劣化具合によって工事内容は変わってきます。シート防水はシートを貼り合わせてしていく施工の為、つなぎ目部分を確実に処理しないとシートの剥がれや雨水の侵入を防げない為、高い技術力が必要になります。その為、職人さんによる質のばらつきが大きく、防水シートを加工できる業者も少ないと言われています。業者選びの際は工事内容をしっかり理解し、信頼できる業者に依頼するようにして下さいね!

街の屋根やさん大阪松原店では屋根外壁のご相談以外にも、防水工事もさせて頂いておりますので、お気軽にご相談ください(*^^*)

防水工事を行った事例がありますのでご覧ください❣❣❣

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市にて屋根工事 平板瓦を使った葺き替えとカバー工法実施

葺き替え工事前
葺き替え完工
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
防災型平板瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
100万円
施工事例

八尾市での屋根工事事例 劣化したスレート屋根のカバー工事

既存屋根棟板金撤去
カバー工事完成写真
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト ブラウン
築年数
約25年
建坪
保証
穴あき25年
工事費用
90万円
施工事例

東大阪市での屋根リフォーム 強化棟への積み替えと瓦の差し替え

屋根リフォーム前
冠瓦取付け
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
シルガード、釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
35万円

同じ地域の施工事例

施工事例

羽曳野市にて屋根補修 瓦の葺き直しと漆喰を火災保険で対応

瓦のずれ
ラバー工法
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
火災保険
台風
使用素材
既存の瓦とラバー、漆喰など
築年数
築40年以上
建坪
35坪
保証
1年間
工事費用
15万円
施工事例

羽曳野市にてベランダ屋根のポリカパネル交換工事の事例

2階のベランダのポリカパネル
ベランダ屋根のポリカパネル交換
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネートパネル10枚
築年数
約20年
建坪
30坪
保証
1年間
工事費用
18万円
施工事例

羽曳野市にて台風の強風による被害で瓦屋根補修工事を行いました

台風21号による被害
瓦補修工事の完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦と既存瓦、漆喰
築年数
築40年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天窓

今回こちらのお宅の屋根では雨漏りしているとのご相談を頂き、以前点検に伺っておりました。屋根を確認させて頂くと、こちらのお宅には天窓がついていました。天窓がついていますが、屋根リフォームは可能です!今回屋根リフォーム内容として「カバー工法」を...........

スレート屋根・ひび割れ

羽曳野市にて雨漏り修理のご依頼をいただき、点検に伺ってきました。屋根材はスレート屋根で、色褪せやカビが生えていたり、棟板金のネジが抜けていたりと、劣化症状が見られました。今回の雨漏り修理のご提案として「カバー工法」をさせて頂きました。その様...........

波型スレート屋根からの

波型スレート屋根を使用しているモータープールの持ち主の方からご連絡を頂き、雨漏りがしているとのことでした。こちらの屋根は築年数が経っており劣化具合がひどく、過去にも何度か雨漏りがあり、修理をされているのですが、また別の箇所からの雨漏りが発生...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913