オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

羽曳野市にて外壁の劣化具合が激しく外壁塗装しました


今回のお宅は築年数約15年ほどで外壁の劣化具合により外壁塗装のご依頼を頂きました。
一般的に外壁塗装は10年に一度が目安と言われています。自分で確認できる方法があります。外壁を触った際壁の色と同じ粉が手についた経験はないでしょうか。これは「チョーキング現象」といいます。紫外線や直射日光、雨水などが原因で塗装が劣化し成分の顔料がチョークの粉のように表面に付着している状態です。チョーキング現象が起きているということは塗料は耐久力を失っており危険度も高いのでできるだけ早めに外壁塗装をすることをおすすめします。

では、今回行った外壁塗装の様子をご紹介していきます。

外壁塗装をする前に足場を設置していきます

外壁塗装
まずは外壁塗装を安全かつスムーズに行うために足場や養成シートを設置する作業から行っていきます。養成シートは水や塗料が周囲に飛散しないように設置します。そして、足場は作業員の手の届かないところや転落の危険がある場所など作業に支障がないように設置していています。

塗装前に汚れなどを落としていくため、高圧洗浄を行います。高圧洗浄をせずに塗装をすると汚れの上に塗料を塗ることになるのでひび割れや剥がれが起きてしまいます。なのでしっかり汚れや古くなって浮いた塗膜を洗い流す必要があるのです。

外壁塗装に必要な工程として下塗り・中塗りをしていきます

外壁塗装下塗り
では、外壁塗装の工程を見ていきましょう!
外壁塗装には3つの工程があります。「下塗り・中塗り・上塗り」とあります。
まずは下塗りをしていきます。下塗りの役割はというと上塗り用の塗料と下地が密着するための接着剤になります。その為、下塗りを入念に行うことで外壁塗装の寿命をアップさせることに繋がるのです。写真のようにローラーを使って外壁を塗装していきます。隅など塗りにくい箇所はハケを使ったりもします。
外壁塗装・中塗り
下塗りが終わると次に中塗りをしていきます。中塗りは1度目の上塗りとも言える工程になります。下塗りの色を消す、上塗りの密着をより高めるといった役割があります。費用などを考えると中塗りも上塗りも1度にやってくれればと思うかもしれません。ですが、上塗りを1度で済ませれば色ムラや塗料の中に気泡が残るといった問題も起きます。これは職人さんの技術に関係なく、誰がやっても起こりうることなのです。上塗りを1度で済ませようとする職人さんもいますがそのような業者さんを信用してはいけません。しっかり信用できる業者に頼むようにしましょう!

仕上げに上塗りをしていきます

外壁塗装・上塗り
下塗り・中塗りを終えた次に上塗りをしていきます。上塗りの役割は中塗りで生じた色ムラや気泡を覆い隠し、雨風や汚れといったことから外壁を守るといったことが挙げられます。上塗りはお家の外観を決定づける工程であり、外壁のツヤがどう仕上がるかは上塗りで決まります。遮熱性が高い塗料・カビに強い塗料など様々な機能を持つ上塗り材があるので検討してみるのもいいでしょう!

外壁塗装上塗り
今回こちらのお宅はカビに強いシリコン塗料を使用させて頂きました。シリコン塗料とは現在日本で最も使われている塗料です。耐久性がしっかりしています。
中塗り・上塗りは同じ塗料を使用しています。その際、違う色を使うと塗装の耐久性が落ちてしまいます。なので同じ色の塗料を使います。

外壁塗装と一緒に雨戸も塗装させて頂きました

雨戸塗装
付帯塗装をさせて頂きました。「付帯」とは外壁の外側に付属している家のパーツのことです。雨戸や雨樋といった箇所もそうです。必ずしも塗装をしないといけないわけではありませんが、今回のお客様のように「劣化が進んでいるので補修をしたい」「外壁塗装に合わせて色を変えたい」「傷みや汚れがひどいので見た目を綺麗にしたい」といったご要望にお応えし、外壁と一緒に塗装をさせて頂きました。
雨戸の塗装
外壁や屋根だけではなく、野外に設置されている雨戸も紫外線や雨風によるダメージで月日とともに劣化しますので、適切なタイミングで塗装や補修、交換といった雨戸のメンテナンスも必要です!今回のお客様の雨戸の劣化具合を見させて頂いた結果、塗装をすることになりました。しっかり塗装することによって、見た目も良くなりましたよね!

今回のお宅は劣化症状具合により、外壁塗装をさせて頂きました。塗装前・塗装後では外壁の色が変わり、とても明るくなりました。外壁塗装には「断熱効果」「遮熱効果」「防水効果」「耐久効果」「耐震効果」といったことがあります。やはり防水性が優れていると家の傷みを補助することができます。外壁材によって家の寿命も変わりますし、同じ塗料を使ったとしても、見た目の印象も変わってきますので、好みや予算に合わせて選んでくださいね!

外壁塗装をさせて頂いた事例が他にもありますのでご覧ください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

羽曳野市のお客様宅の屋根遮熱塗装とそのに効果ついてご紹介

スレート屋根
屋根塗装完成
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
足場
使用素材
屋根アレスクール2液SI
築年数
18年
建坪
約30坪
保証
屋根5年
工事費用
119万円(外壁と屋根の塗装含む)
施工事例

東大阪市、塩ビシート防水で雨漏りが止まりご満足いただいた事例

東大阪にて雨漏りしているお家
外壁塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
台風
3階建て
使用素材
防水:田島ルーフィング ビュートップ  外壁:関西ペイント アレスダイナミックMUKI 
築年数
30年
建坪
99坪
保証
10年
工事費用
220万
施工事例

平野区にて台風被害 保険で洋瓦からガルバリウム屋根へ葺き替え

屋根工事の施工前
アイジー工業のスーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
外壁塗装
火災保険
台風
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクトフッ素 SFブラウン
築年数
約30年
建坪
45坪
保証
5年間
工事費用
340万円

同じ地域の施工事例

施工事例

羽曳野市にて屋根補修 瓦の葺き直しと漆喰を火災保険で対応

瓦のずれ
ラバー工法
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
火災保険
台風
使用素材
既存の瓦とラバー、漆喰など
築年数
築40年以上
建坪
35坪
保証
1年間
工事費用
15万円
施工事例

羽曳野市にてベランダ屋根のポリカパネル交換工事の事例

2階のベランダのポリカパネル
ベランダ屋根のポリカパネル交換
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネートパネル10枚
築年数
約20年
建坪
30坪
保証
1年間
工事費用
18万円
施工事例

羽曳野市にて台風の強風による被害で瓦屋根補修工事を行いました

台風21号による被害
瓦補修工事の完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦と既存瓦、漆喰
築年数
築40年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

スレート屋根塗装

松原市にて屋根塗装のご依頼を頂いたこちらのお客様の屋根のタイプはコロニアルというスレート屋根です。カラーベストとも言います。カラーベストは他の屋根材よりも安価で、屋根を葺く工事期間も短いので、多くの方に選ばれています。また、とても軽いので建...........

泉佐野屋根壁塗装1

【大阪泉佐野市のY様よりご依頼を受けまして、屋根と外壁の現地調査を実施しました❢❢】こちらが外観になります❢❢(築20年前後)★屋根ストレート屋根(カラーベスト)下屋根あり★壁モルタル壁お客様の方は、屋根も壁も塗装で間に合うのならと言う事な...........

ケレン

今回松原市にてベランダ支柱と手すり・玄関の木部の経年劣化による塗装のご依頼があり、伺ってきました。実際確認させて頂くと、ご依頼いただいた箇所もそうですが、雨除けや日よけに使われる庇にも劣化症状を確認できましたので、塗装工事を行いました。庇と...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913