オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

藤井寺市にて瓦屋根修理のご依頼 瓦のズレや谷板金の劣化も確認


今回は藤井寺市にて瓦屋根修理のお問合せをいただきました。ご依頼いただきましたきっかけは瓦屋根のズレです。

通常の瓦屋根は雨樋よりも手前に設置されており屋根に降り落ちた雨水が雨樋を通り排水されます。しかしこちらのお宅の瓦屋根は経年劣化によりズレが生じ雨樋より前に出てしまっていました。雨樋よりも前に出るという事は雨水は雨樋を通ることなく垂れ流し状態になってしまいます。

そんな垂れ流し状態の雨水が近隣のお宅に降り注いでしまっていたのをきっかけにご依頼いただきました。また点検の結果谷板金の劣化など様々な劣化が確認されました。

では詳しく見ていきましょう。

瓦屋根修理のご依頼をいただいたお宅

ドローンで上空から撮影した瓦屋根の様子
こちらが今回ご依頼いただきましたお宅です。ドローンで上空から点検します。弊社ではドローンを使用して屋根点検を行っております。直接屋根に登って点検しないで大丈夫なの?とご心配の方もいらっしゃるかと思います。ですが、梯子を使用して直接登るよりも屋根を傷つけるリスクは低く効率的に短時間で屋根全体の状態を把握することが可能です。

瓦屋根修理が必要な劣化症状

カビが生えた瓦屋根
こちらのお写真をご覧ください。瓦屋根の手前側が黒くなっているのがお分かりいただけますでしょうか?
これはカビです。瓦の劣化症状として築年数が経っている場合、瓦表面のコーティングが劣化し、黒ずんだり防水性が劣化しカビや苔が付着することがあります。

漆喰の劣化は雨漏りのリスクを高めます

瓦屋根 漆喰の劣化
赤丸で囲んだ部分は漆喰です。漆喰とは棟の土台を固定するために使われる塗料です。この漆喰は長年の紫外線や雨風によりどうしても劣化は避けられず崩れてしまったりヒビが出来る事があります。こうなると棟の取り直しが必要になってきたり、瓦がズレたり落下したり雨漏りのリスクが高まります。

最近ではシルガードという南蛮漆喰を使用して修理することがあります。シルガードは漆喰に防水性耐久性が高くなるようにシリコンが含まれています。

通常の屋根の様子 雨樋より前に出る事はありません

雨樋より前にでていない正常な瓦
こちらは建物全体でみると左側の瓦の一部です。左側の瓦はズレがなく雨樋より前にでることなく雨水は正しく雨樋に集水しています。

ズレてしまっている瓦の様子 雨樋より前に出てしまっている為修理が必要

瓦屋根が雨といより前に出てしまっている
こちらは建物全体から見て右側部分の瓦屋根です。

先ほどのお写真に比べ瓦が雨樋より前に出てしまっているのがお分かりいただけますか?瓦が下に下にずれてしまっているのです。その為雨樋よりも前にでてしまい、雨水は雨樋を飛び越え落ちてしまいます。実際にお隣のお宅に雨が落ちてしまっていました。雨が直接外壁などに当たると傷みの原因です。

瓦のズレの原因とは?

瓦屋根は他の屋根材に比べて耐久年数は高いです。ですがやはり長年雨風にさらされる事で経年劣化は避けることはできません。経年劣化により瓦を固定する力が落ち瓦ズレが生じる事があります。また台風などの強風や地震などの突発的な出来事でズレる事もあります。

瓦屋根のズレがあるとすぐに雨漏りが起こるというわけではありませんが、瓦屋根の下にはルーフィングシートという防水シートがあります。ズレの隙間から雨水が染みこみ、もしそのルーフィングシートまで雨が染みこんでしまうと雨漏りになります。

瓦のズレは放置せずに一度業者にご相談するようにしましょう。
ではどのようにして瓦ズレ修理をしていくのでしょうか?

瓦ズレ修理の方法とは?

カビが生えた瓦屋根
瓦屋根は一枚からでも修理をすることが出来るのが特徴の一つです。瓦のズレを元の位置に戻す為、ズレた既存の瓦を一度どかします。その際瓦の下のルーフィングシートの状態もチェックするようにしましょう。

今回のお宅では瓦のズレ以外中の葺き土もルーフィングシートも劣化がなかった為、そのまま使用しシルガードで瓦を固定しビス止めしていきます。

谷板金からの雨漏り被害も多いです 塗装が剥がれています

谷板金の塗装の剥がれ
こちらの赤丸で囲んだ部分は谷板金とよばれる部分です。この谷板金からの雨漏り被害も非常に多いです。谷板金とは屋根と屋根の面が重なり谷状になった箇所で谷樋とも呼ばれます。谷樋と呼ばれる事からわかるように雨水が集まり流れる所です。

こちらの谷板金の塗装がかなり剥がれてしまっていました。塗装は板金の防水性を担っています。つまり塗装の剥がれ=防水性の劣化です。防水性が劣化しているということは雨水の排水が悪く雨漏りのリスクも高まりますので塗装による修理をご提案しました。

谷板金の塗装の剥がれ→サビが発生→穴があいてしまう事も

fe35c7b8b552fe4cc60996293686d1f2-columns1
こちらのお写真をご覧ください。こちらのお宅は今回ご依頼いただいたお宅ではありませんが、谷板金の塗装の剥がれを放置した結果穴があいてしまった事例です。

先程、塗装の剥がれ=防水性の劣化とご説明しました。防水性が劣化するということは水はけが悪くなりサビや苔などが発生してしまいます。サビを放置すると板金は金属です、こちらのお写真のように穴が開いてしまうこともあります。板金に穴があくと建物としては致命的ですよね。

たかが塗装、されど塗装。長い目でみるとしっかりとメンテナンスをした方が安心という事をお分かりいただけたでしょうか。

瓦屋根修理のご依頼 点検やお見積りは無料です

ドローンで上空から撮影した瓦屋根の様子
今回ご依頼いただきましたきっかけは瓦のズレによりお隣様に雨水が降り注いでしまった為です。瓦のズレ以外にも谷板金の劣化なども確認されました。瓦屋根は他の屋根材に比べ耐久性は高いほうですがメンテナンスはもちろん必要になってきます。

街の屋根やさん松原店では事前点検やお見積りを無料でさせていただいております。一度お宅の瓦屋根の状態を点検してみてはいかがでしょうか?豊富な知識を持ったスタッフがおりますのでお気軽にご相談ください♪
お問合せはこちらから。

瓦屋根について他の事例の掲載もございますのでご覧ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

住吉区にて台風の強風で破損したベランダ屋根の波板修理

ベランダ屋根のポリカ波板交換
ベランダ屋根の波板交換
工事内容
屋根補修工事
台風
3階建て
使用素材
ポリカ波板
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
5.5万円
施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

藤井寺市にてガルバリウム鋼板の金属屋根 葺き替えの施工事例

IMG_0115
アイジー工業 スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト Sシェイドブラック
築年数
40年
建坪
30坪
保証
10年間
工事費用
約120万
施工事例

藤井寺市で外壁・屋根の塗装工事を行いました屋根塗装の事例です

屋根塗装前
屋根塗装完了2
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
アレスクール1液SI
築年数
10年前後
建坪
18坪
保証
5年
工事費用
15万円
施工事例

藤井寺市にて漆喰詰め直し工事と外壁塗装の施工事例

屋根漆喰
漆喰詰め直し
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
外壁塗装
使用素材
日本ペイント パーフェクトトップ
築年数
約40年
建坪
15坪
保証
5年間
工事費用
70万円(漆喰と外壁塗装)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天窓

今回こちらのお宅の屋根では雨漏りしているとのご相談を頂き、以前点検に伺っておりました。屋根を確認させて頂くと、こちらのお宅には天窓がついていました。天窓がついていますが、屋根リフォームは可能です!今回屋根リフォーム内容として「カバー工法」を...........

部分足場の組立

藤井寺市にて、瓦屋根の修理をする前に、先日点検に伺ったんですが、軒先部分の瓦屋根が経年劣化によりズレてしまっていて、雨水を排出してくれる雨樋にまでかぶってしまっていました。これでは上手く屋根の雨水を雨樋に流すことができずにそのまま外壁や床に...........

波型スレート屋根からの

波型スレート屋根を使用しているモータープールの持ち主の方からご連絡を頂き、雨漏りがしているとのことでした。こちらの屋根は築年数が経っており劣化具合がひどく、過去にも何度か雨漏りがあり、修理をされているのですが、また別の箇所からの雨漏りが発生...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913